那覇de居酒屋放浪記 松山を代表する居酒屋「むとう」
腕に自信ありの大将が作る沖縄創作料理は最高です。味自慢のこのお店。
プロ野球春季キャンプでやってくる「あの選手」と「あの選手」が訪れるくらい美味なんだから、もう行くしかないですね。
今回の那覇de居酒屋放浪記は松山の「むとう」です。

IMG_4302

 

沖縄の夜

国際通りでは観光客をターゲットとしたご飯屋さんが軒を連ね、必死に夕食の勧誘なんかしている姿をよく目にしますね。

店内から三線の音色が流れてきたり、沖縄音楽の歌声が流れてくると「ついつい」店内へ入りたくなってしまいます。

もちろん観光ですから、本土ではあまりない「民謡居酒屋」でどっぷりと沖縄の文化に触れて頂くのも旅の醍醐味ってやつですね。

 

沖縄初日は民謡居酒屋で楽しんだ~。

 

2日目の夕食はどうしようかな?

 

なんて考えているならここで決まりです。

今回ご紹介するのは沖縄創作料理を堪能でき、地元の方が通う「むとう」をご紹介します。

 

Sponsored Link



 

「むとう」

国際通りからは少し離れた歓楽街、松山に「むとう」さんはあります。

那覇空港方面から国道58号線 松山交差点を左折します。

左折後、2本目の路地を右折し200m程進むと、右手にお店が見えてきますよ~。

 

地元の方が通う名店。

確実に席をGETするため開店前の17時頃に電話をして予約です。

 

こちらの「むとう」さんに限らす、沖縄で地元の方が通う居酒屋さんは込み合うことが多いので、予約は必須です。

 

して、開店は18時。その時間に合わせてご訪問です。

 
■那覇de居酒屋放浪記他の居酒屋記事
那覇de居酒屋放浪記栄町 「串焼きあだん」

那覇de居酒屋放浪記 「大衆酒場 足立屋」

那覇de居酒屋放浪記  BAR「エロス」

 

IMG_4304

店内に入り、まず目に入るのがこの大黒板!

おすすめのメニューがびっしり書かれていて正直・・・選ぶのに困る・・・固まる・・・。

 

そうだ!?こんな時は左上の法則だ!

てなことで、一番左上に書かれている「海老マヨサラダ」とその2段したの「鶏もも肉一夜干し」をご注文です。

 

店内はカウンター席が4席程とテーブル席4人掛けが3卓。座敷席4人掛けが3卓?だったと記憶しております。

 

筆者が通されたのはテーブル卓ね。

IMG_4307

 

筆者少々図体デカめなので4人卓でちょうどよし。普通の方は十分な広さですのでご安心を。

 

オリオンビールをぐびぐび飲んで、程なくすると注文の品が出てまいりますよ。

 

IMG_4305

こちらが「海老マヨサラダ」(700円)

そうね。シーザーサラダをイメージしていただければOKです。

この「海老マヨサラダ」写真では伝わり難いですが、サラダプレートがでかい!

4人掛けのテーブルの4分の1を使います!もちろんボリュームもそれなり。

覚悟せい!

 

IMG_4308

こちらは「鶏もも肉の一夜干し」(800円)

「むとう」さん。料理を盛る器もおしゃれですね。

だって、フライパンごと出てくるんでっせ。かっこいい。

もちろんお味もGOOD。パリッと、ジュわっと、フワッと。

一夜干しって言うから、もうちょっと固めのお肉が出されるかと思っておりましたが、程よく一夜干しなんでしょうね。

鶏の旨味が凝縮していて味が深いっ!って感じですよ。おすすめです。

 

 

「読○○人軍」のあの人も来るのだ。

店内を眺めるとメニューの他、魚の切り抜きや魚拓などお刺身にも自信があるようです。

と言うより釣りが好き?なんかな。

 

なのでお刺身も追加で注文です。

 

そして、もう一つガツンと目に入ってくるのが、プロ野球のユニホーム。

IMG_4303

 

6番と・・・10番・・ね。

坂本・・・阿部・・ね。 てっ、おいおい。

サイン入りだしっ。

 

早速、店員さんにお伺いしました。

 

あれは~・・・?

 

昨年の春季キャンプ時にお二人でおいでになりましたよ~(笑)ですって。

 

やっぱり顔が割れている大物選手は観光客が多く出入りするお店には行かないのですね。

でもでも、サイン入りユニホームを飾っておいたらミーハーなG党達が来てしまう・・・。

 

お店的にはOKなんでしょうけど。

 

今年もキャンプの時期ですな。今年は来るのかな?

次回行ったときに聞いてみる事にしよう。

 

そんなやり取りをしているとお刺身(たしか1000円くらい)がきました~。

IMG_4306

 

高級魚ブダイにピントを合わせて撮ってしまったのでご説明します。

手前から「ブダイ」「島だこ」「イカ」「マグロ」「とろサバ」です。

やっぱり器がしゃれおつです。長~~いの。なのでこんなショットになりましたとさ。

 

もちろん全てのお刺身が地元沖縄産です。

ちなみに沖縄県はマグロ水揚げ全国第3位なんすよ。ご存知でした?

 
■那覇でお刺身が食べれる居酒屋記事
那覇de居酒屋放浪記 「Sakanaya いゆじ」

 

最後の〆は

お店はご夫妻と(たぶんですが)ホールアルバイト、厨房のアシスタントの4人で回しいましたよ。

ご主人は寡黙な方のようでひたすら調理です。

味と腕にこだわりを持った職人さんってかんじですね。

ホールは奥様が切り盛り。抜群のコミュニケーションでお客を楽しませてくれますよ。

 

お世辞とはわかっていましたが、筆者にも「ライターさんですか?」ですって。うれしいね~(涙)

ただのブロガーですがね(笑)

 

そんなこんなでお会計。

お会計をお願いすると最後のサービスがきますよ~。

 

これ沖縄そばのスープっす。

IMG_4309

 

その場で飲んでもよし、蓋を閉めて持ち帰っても良しですよ。

 

この日は沖縄に雪が降った記念すべき日の前日。

雪は降らなくてもちょ~寒い日でした。

そんな事もあり筆者は寒~い外を歩きながらホットドリンク代わりに頂きましたよ。

 

会計は男二人で合計6000円程。

もちろんビールの他、泡盛も頂きましたのでコスパ的にもGOODですね。

 

「むとう」さん  ごちそうさまでした!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。那覇は松山にある「むとう」さんをご紹介しました。

記事へのご意見、ご感想、また筆者へのメッセージ等ございましたら、下のメッセージ欄よりお寄せ下さいますようお願いいたします。

 

地元の方が行く居酒屋さんです。お客さんと本当のうちな~タイムが味わえると思いますよ。

では、今回の那覇de居酒屋放浪記はここまで。

てっ、事で まとめです。

 

■ 国際通りにはない地元の雰囲気が味わえる店「むとう」

■ 確かな腕から繰り出される沖縄創作料理が味わえる店「むとう」

■ プロ野球の大物選手も訪れる店「むとう」

■ お店の心遣いがとてもうれしい店「むとう」

 

沖縄観光プランの一つに組み込んでみてはいかがでしょうか。

お友達にご紹介してもいいかもです。

 

次回も那覇de居酒屋放浪記をお届けします。

 

「むとう」

沖縄県那覇市松山2-6-1

電話:098-863-4808

営業時間:18:00~

定休日:毎週日曜日