海外からGOOGLEで検索される「OKINAWA」はやっぱり日本人とは違う!海外の方が見る沖縄はどんな物に興味があって、どんな事に関心があるのか!?ちょっと面白い記事があったのでご紹介。沖縄での関心事は「リゾート」よりもやっぱり「カルチャー」なんですね。

 

ダウンロード

 

【OKINAWA 海外検索】

日本以外の国から「OKINAWA」に関する検索件数は2013年に比べておよそ1.5倍増えているのだそう。

日本への旅行ブームを加味すると今後も日本の他地域はもちろん、「OKINAWA」も海外からの関心は増えていくことは間違ない。

その沖縄関連で検索されている内容が興味深かったので今回はその事について少し触れてみたい。

 

Sponsored Link



 

【地域による関心の違い】

さあ、外国の方たちは沖縄をどのように見ているのでしょうか。

日本人の沖縄に関する検索キーワードの上位は、観光系では古宇利島やホテル関連、話題系では沖縄ユニバーサルスタジオやイオンライカムと言った事が上位に検索れていましたね。(いずれも2014年Google調べ)

沖縄の文化というよりは、物質的欲求でしょうか。

 

さて、気なる外国の方の検索結果ですが、地域によって沖縄の関心事が違うようなんです。

 

アジアからの検索キーワード➡「ショッピング」

こちらは「わかるよ!」って方がほとんどかな。そう。爆買いですね。恐らくですが中国の方達がこのキーワードで沖縄を検索されるんでしょうね。

実際に国際通り周辺には爆買い客をターゲットにドラッグストアーが新規オープンしまくってますからね。

 

「もうちょっと静かに買い物をして頂けるといいのになぁ~」と思うのは私だけではないはずよ~。

 

ヨーロッパからの検索キーワード➡「食事」

これはなんでなんすかね?宮廷料理に興味があるのか、はたまた純粋に沖縄料理なのかキーワードがでか過ぎて??です。

日本人みたいに「居酒屋さんでご飯を楽しむみたいな、そういった意味合いで検索されてるんでしょうか?

Japaneese Bar=居酒屋ですから、それでもいいんですけど(笑)

 

北米からの検索キーワード➡「歴史」

正直、北米(アメリカ?たぶん)が食事でヨーロッパが「歴史」だと思っておりました。

意外です。

アメリカの方沖縄のヒストリーに興味があるんですね。あっ、書いてて思い出した。

そうか、戦争系か。なるほど納得。日本で唯一地上戦が繰り広げられた所ですからね。

アメリカ側の見方だけではなく、日本、沖縄から見た戦争に興味はあるんですね。きっと。

 


 

南米からの検索キーワード➡「空手、ダイエット」

媒体情報だと欧米のキーワードになていましたが、ヨーロッパも北米も出ているので、それらを合わせた欧米って?

なんか変?ですよね。なのでこれは「南米」の事ではないかと推測します。

その推測理由は、そのまんま検索キーワードです。「空手」「ダイエット」

沖縄から開拓民として移住された2世、3世が多い事、ブラジリアン柔術などの格闘技が盛んな所。そう、「ブラジル」からの検索Wordが「空手」なんではないかな?もちろん「ブラジル」だけではないでしょうけど。

ダイエットは日本食文化を捉えたキーワードで特段「OKINAWA」にはめ込まなくても・・・。

Googleの部長さんは「沖縄県が長寿県としての海外からの評価が高いことえを示す」と言っていますが、日本食全体を見ていいんでしょうかね。

まっ、推測の域は出ませんが・・・。

 

琉球空手動画貼っておきま~す。型の演舞ですが、琉球空手の長老の方が披露してます。



 

【雑感】

国や地域によってこうも沖縄に対するイメージが違うのかと改めて感じさせられた記事だったんで、ちょっと面白いな~なんて思った次第です。

 

沖縄に限らす、日本全体が観光立国として歩みを始めたばかり。

鎖国主義の日本は外国人の方々から観れば、不便な事が多くありますよね。

案内板や標識、親切に英語で書いてあっても「NIHON-BASHI」みたいな(笑)

「Bridge」にしてあげなさい・・・。みたいな。

 

各いうこのブログも、できれば外国人の方達にもご覧頂けたらなんて思ってはいる。

まぁ~しかし、残念ながら英語スキルがない筆者。

宝くじでも当てて翻訳依頼できるようになったら考えましょう。

 

でも、いつかはやりたい。

 

まじめな話で、外国の方向けに日本の情報発信ができればかなりの需要が見込まれますよ。

日本語の検索人口はざっと8000万人。英語の検索人口は数億人ですからね。

ミニマムの人数が桁違いですよ。

 

その広告収入を考えたら・・・・。気絶です。

 

芸は身を助けますよ。きっと。