安心してください!沖縄にもキャバクラはありますよ。

今回の主役は夜の街。沖縄は那覇市にある「松山」。

沖縄県のリトル歌舞伎町とも称されるこの街での夜遊びを伝授致しますよ。

安全安心、そして安く遊ぶ秘訣はこれだ!沖縄の夜を楽しもう。今回は男の欲望編だ!!

Sponsored Link



 

【心得①】

キャッチを避けるべからず

キャッチとは別にボールを「キャッチ」ってなことではありません。

いわゆる、客引きのいお兄さん達の事です。はい。

沖縄でも客引き行為に関する取締はもちろんあるのですが、何故かいます(笑)

数年前に比べるとその数こそ減ったものの、今でも元気に働いていますよ。

ヤローだけで松山の街を闊歩していれば喜んで声を掛けて来てくれますので、仲良く会話してみましょう!

どうしてキャッチを避けないかと言うと、こやつらはそれなりの値引き幅をお店から持たされているんですね~。

 

交渉の基本は、時間>嬢の人数>料金で交渉ですよ。

 

なので、値段交渉するにはキャッチ君が一番なんです。

そして何故か沖縄のキャッチ君は良い奴が多い!

 

ぼったくりのお話しをされているネット住民の方がたまにいますが、松山でのぼったくはありません。ご安心を。

 

無料案内所でお店の予約をするとまさに「定価」で入店となってしましますので、安く遊ぶにはやっぱり「キャッチとの会話」が重要かな。


 

【心得②】

店舗の情報は無料案内所で仕入れるべし

いくらキャッチ君と仲良くと言っても、肝心なお店の情報が分からなければ仲良くしようもないですね。

 

ここは無料案内所を利用しましょう。

 

店内でおすすめお店や気になるお店の情報を店員さんから聞き出しましょう。

 

案内所で聞いておくといい情報まとめ

■ そのお店の嬢の年齢層

■ 店の雰囲気(元気系、しっとり系とか)

■ 松山界隈で人気店であるか否か

■ 松山トップ5に入る人気嬢がいる店かどうか(無料案内所の店員の趣味にもよるけどね)

 

これに合致するお店が見つかったら、外に出てそのお店のキャッチ君を呼んでもらいましょう!

その辺にいるキャッチ君を捕まえて、◌◌◌店のキャッチの方呼んでくれますか~。

って、お願いすると電話を掛けて呼んでくれます。本当です。

 

担当のキャッチ君が来たら交渉をスタートさせましょう!


 

【心得③】

嬢にドリンクをあたえるべからず

最近の松山のお嬢たちは内地のお嬢に感化されたのか、ドリンクをおねだりしてきます。

内地のキャバクラじゃあたりまえの光景ですが、松山のキャバクラではホント最近やりだした感じです。

 

というのも、松山のキャバではお嬢も一緒にお客さんのボトルを飲んでいい事になっているんす。

泡盛「残波ホワイト」ですけどね。

 

なので、こちらがお金を払わなくとも、お嬢たちは「喉を潤す」ことも、「楽しくお酒に酔う」こともできてしまうのです。

お金の節約したいと思っている男子にとって、なんてありがたいシステムなんでしょう♥

 

よっぽどお気に入りの子がいて、どうしても・・リゾラバを手に入れたい方は・・

お好きにどうぞ。

Sponsored Link

【まとめ】

以上、沖縄は松山の夜を楽しむ3つの心得でした。

ちなみにこれ以上の深~いお遊びをしたい方は、そっち系のキャッチ君を探してもらって下さい。

飛んで来るはずです!(笑)

松山からタクシーで「辻」という所まで連れて行ってくれます。

真栄原や吉原の「ちょんの間」崩壊によって良質なお嬢が増えたと言っていましたが、真相は筆者もわかりません。

実践あるのみです!
「ちょんの間」がわからない方はこちら→ ウィキペディアで調べる

 

キャバの相場ですが、多くのお店で1時間4000円程度が基本となっています。

ただ、お一人で行くとなると料金は2人分覚悟です。

沖キャバのシステム上、金額は2人以上で入店の場合と決められています。

なので一人でも二人分の料金がかかってしまうのんす(涙)

注意してね。

 

では最後に。一言。

 

沖縄に舞い降りた同志たちよ!ここ松山で欲望のレベルゲージをMAXにして、次なるステップへ進むがいい!

 

もやもやする~。

 

次回も沖縄の情報をお届けします。