2017年も広島カープの優勝がの濃厚?

2017年のセリーグ順位予想と各チームの注目選手をご紹介します!

2016年は、広島が圧倒的な強さで優勝し、長年BクラスだったDeNAもクライマックスに初めて出場するなど、セリーグの歴史が大きく変わり始めた1年でしたね。

そして、2017年に向けて、どの球団も動き出しているみたいです!

今回は、2017年のセリーグの順位を予想してみました。

Sponsored Link

2017年セ・リーグ順位予想

優勝carp広島東洋カープ
2位denaDeNA横浜ベイスターズ
3位giants読売ジャイアンツ
4位swllows東京ヤクルトスワローズ
5位ttigers阪神タイガース
6位dragons中日ドラゴンズ


勝手ながら、2017年のペナントを制するのは『広島東洋カープ』と予想しました!

2016年シーズンと大きく順位は変わらないと予想しています!

来年、再来年くらいまでは広島カープの時代が続くのかな~。

各チームの順位予想の理由はこの後に書いてあります。

あなたの予想はいかがでしょうか?

 

優勝 広島東洋カープ

野手

2016年の原動力、田中・菊池・丸は20代後半に差し掛かっていますが、いまだに健在!

松山が4番、鈴木誠也が5番に定着できれば、軸は強固なものになります。

若手では、西川・野間・下水流の覚醒で層が厚くなると期待しています。

唯一の懸念材料は、新井が40代に突入し、衰えが目立つ頃でしょうか・・・。

何とか、層の厚さでカバーして欲しいと思います。

 

若手の台頭もあり、主力が怪我してもそんなに戦力は落ちないと予想しています!

 

投手

若手投手のお手本となった大黒柱・黒田が引退し、少し残念な思いもあります・・・。

しかし、野村・ジョンソン・福井に加え、岡田・薮田・戸田が成長。

先発の枠をめぐって、高レベルな競争も激しさを増します。

中継ぎでは、今村・ジャクソン・中崎の勝ちパターンに加え、ヘーゲンズ・一岡も勝ちパターンに匹敵するくらいの成績を残せるでしょう。

2016年ほどの独走ではないものの、2017年も広島カープの優勝を予想します!

Sponsored Link

2位 DeNA横浜ベイスターズ

野手

野手では、絶対的な4番・筒香の存在感が大きくなります。

2016年には、自身初の40本塁打を放ち、2017年は多少落ちるものの、35本以上は確実ではないでしょうか。

その脇を、梶谷・ロペス・宮崎で上手く固めることが出来れば、マークが分散し、2016年以上の成績を残せるかもしれません。

また、1番に固定できた桑原が、出塁に磨きをかけ、ヤクルトから移籍した田中浩康が2番に入れば、桑原を得点圏に送れる機会が増えるでしょう。

梶谷・筒香・宮崎でクリーンナップを組むことができれば、主砲のロペスを6番に置くことができ、打線に厚みが増します。

捕手は、2年目の戸柱がさらに成長すると読んでいます。

 

投手

10勝を挙げた山口が抜けるのは痛いですが、今永・井納・石田の3本柱は強力です。

残りを久保・三嶋・新外国人のウィーランド・熊原などで競争していけば、先発投手は問題ありません。

リリーフは、田中健・三上・須田・山崎康が軸となるのは変わりません。

ただ、山崎の不調が気になるりますが、新外国人のパットンが活躍すれば層が厚くなるのではないでしょうか。

DeNAは、若手主体のため、2016年より飛躍しAクラスは確実な戦力。

ですが、広島との差は埋まり切らないので、2位が妥当ではないかと予想します。

 

3位 読売ジャイアンツ

野手

首位打者を獲得した坂本を軸に、マギー・陽岱鋼を補強しました。

坂本はまだ20代なので、まだまだ力は発揮できます。

センターは橋本・立岡が中心でしたたが、立岡は故障、橋本も打率.235、出塁率も3割に満たないなど、上位打線としての機能を果たせませんでした。

そこに、実績十分の陽岱鋼が加われば、理にかなった補強になります。

2016年の巨人は、1・2番の出塁率が悪いために、坂本の打点が増えませんでした。

陽で出塁率を上げれば、坂本の打点も自ずと増えます。

2016年は、坂本が出塁して、阿部・村田で還すパターンが多かったため、陽が加わる事で理想の打線になるでしょう。

 

常に優勝候補筆頭と言われますが、主力が高齢なため力が落ちます。

阿部38歳、村田37歳、ギャレット36歳、マギーは35歳と、全盛期よりも成績を残せるとは考えづらいです。

特に、阿部・村田は、2016年に打率3割を残したものの、2017年は前年程の成績を残すのは難しそう。

村田、阿部に代わって期待したいのが、3年目の岡本です。

岡本が覚醒すれば、優勝も不可能ではありません。

 

また反面、大補強のせいで、チームがバラバラになってしまうのが心配。

もしそうなればBクラスや最下位もありえるのではないかと危惧しています。

 

また、代走の切り札・鈴木が抜けたのは、終盤の試合運びで大きな痛手となります。

 

投手

菅野・田口・マイコラスの3本柱は盤石で、残りを、内海・大竹・高木・山口俊・吉川光で争う形になります。

ただ、山口俊は、活躍した年の翌年は成績が落ちるというジンクスがあります。

仮にそのジンクスが発揮されると、十分な成績を残せない可能性が・・・。

リリーフは、マシソンのみ安定しており、守護神の澤村、長年活躍した山口鉄は年間を通して安定しませんでした。

特に、澤村は、夏場以降は大乱調。

FAで森福を獲得し、リリーフに厚みを持たせました。

後は、田原・戸根が出てくる事を祈るだけですね。

広島との17.5ゲーム差を埋めるために補強をしていますが、補強組と高齢化した主力組だけでは優勝は難しいため、そこは、若手の活躍が欠かせません。

 

4位 東京ヤクルトスワローズ

野手

野手では、2年連続でトリプルスリーを獲得した山田哲人が、2017年も大暴れと予想します。

4番には、一発が魅力のバレンティンが入り、山田との勝負が避けにくくなるため、山田との勝負が増えます。

なので、2016年以上の成績を残せるでしょう。

反面、2016年以下というのも十分にかんがえられますが・・。

畠山は2016年シーズン、殆ど試合に出られなかっただけでなく、2017年に35歳を迎えるため衰えが出始めています。

そこを新外国人で穴埋めして行きたい所。

捕手は、打てる西田で一本化し、得点力も向上できそうです。

 

投手

2016年に連覇を逃した原因は、やはり投手陣の不調です。

エース小川も10勝に届かず、投手には辛い1年でした。

ベテラン石川は37歳・館山も36歳となり、投手は高齢化が避けられません。

原・杉浦・デイビーズらの先発投手が、どれだけ活躍できるかがポイントとなります。

リリーフも、秋吉・ルーキーと、勝ちパターンの層が薄いのも懸念材料です。

 

5位 阪神タイガーズ

野手

チーム打点王・ホームラン王のゴメスが抜けるのはかなりの痛手。

打線を底上げしない限り、貧打がますます加速しそうです。

金本監督の方針により、ベテラン頼みだった打線を、生え抜きの若手に切り換えていますが、上位争いに組み込めるにはまだまだ時間がかかりそうです。

ここは、高山・北条・原口など、若手のホープを辛抱強く使ってほしいですね。

 

投手

2016年は、藤浪が10勝できず、投手の軸がいないことで不安定でした。

岩貞が安定した成績を残し、エース候補に名乗りをあげているのが期待材料。

メッセンジャー・岩貞・藤浪を軸に、青柳・岩田・秋山などの先発候補で争うでしょう。

ただ、能見が高齢なので、若手が出てほしい所です。

 

リリーフは、マテオ・松田を軸に、リリーフに転向した岩崎がどれだけ活躍できるかにかかります。

いかんせんリリーフの層が薄いのが懸念材料。

往年のウイリアムズ・藤川・久保田に近い、強力なリリーフ陣を作れるかがポイントです。

 

最下位 中日ドラゴンズ

野手

平田・大島が残留したことにより、大きな戦力ダウンは免れました。

福田・高橋など、将来主軸を担える若手がいるが、上位争いはまだまだ先になりそうです。

外国人のビシエドがどれだけ活躍できるかが鍵となりそうです。

捕手は桂・杉山の争いになりますが、固定できれば良いところです。

 

投手

ナゴヤドームは広いため、投手有利な球場なのに、2016年はそれを生かせませんでした。

先発は、小笠原・大野・八木・若松・小熊を軸にしたい所。

リリーフは、一時期は田島が圧倒的な安定感を見せましたが、疲労が溜まったのか、シーズン終盤に打たれるケースが多くなりました。

田島の代わりのリリーフがいないのが現状です。

投打ともに層が薄いため、当面は下位に留まりそうです。

 

森新監督の手腕が期待される一年になりそうですね。

 

まとめ

ここまで、現状の戦力と補強を踏まえて、2017年のセリーグ順位を予想しました。

広島が抜き出ている感じですが、このままではセリーグがつまらなくなってしまう?

なので、広島以外の他5球団の健闘を祈ります!

やはり、大補強のジャイアンツが波に乗ると・・・ですかね~。

Sponsored Link