浜比嘉島で天然の塩づくりを体験

IMG_4024

浜比嘉島 高江洲製塩所

沖縄での漆喰シーサーづくりや琉球ガラス細工の体験はもうされましたか?

シーサーも琉球ガラスも作り手によってそれぞれ風合いが違って味わいのある作品になりますね。

そこにもう一つ新しい体験を加えてみてはいかがでしょうか。

浜比嘉島での塩づくり。思い出にのこること間違いありませんよ!

海中道路を渡る

海中道路渡り浜比嘉島へ 目指すは「高江洲製塩所」

島に入ると製塩所への道案内の看板があります。

それに従い右左。

少し怪しい道のりとなりますが間違いなく製塩所にたどり着きます。

製塩所入口の看板がこちら。

IMG_4030

塩はどうやってできる?

製塩所に着くとさっそく塩つくり施設の説明をしていただけました。

昔ながらの伝統的な塩づくりのやり方だそうで、いっぱいぶら下がった竹枝に海水を流し徐々に水分を飛ばしていくんだそう。

IMG_4020

これを何回も繰り返して塩分濃度の高い海水を作ります。

その海水をこちらの機械で煮沸。

IMG_4023

そうするとミネラル豊富な天然塩が完成するんですね。

だいたい海水から塩が完成するまでに2週間程かかるそうです。

大変なんですね。

天然塩をつくってみましょう

IMG_4019

完成までは約30分

塩づくりには土鍋とガスコンロ!とても近代的!

通常より27倍濃い海水を土鍋に注ぎ中火でぐつぐつと煮立たせて行きます。

こんな感じ

IMG_4025

火加減やかき混ぜるスピードの丁寧差で塩の味が変わってくるそう。

せっかちにかき混ぜる人の塩は辛く、

優しく丁寧にかき混ぜる人の塩はどこか甘い感じがするんですって。

どんな仕上がりになるのでしょうか。

 

IMG_4026

出来上がると約50gの塩が取れます。

 

高江洲製塩所 (1)

これを高江洲製塩所さんオリジナルの陶器に詰めます!

そして紅型の可愛らしい布で蓋をして完成!

なかなか楽しく、そして勉強になった塩づくり体験でした。

IMG_4029

【まとめ】

こちらの高江洲製塩所さんは「めちゃイケ」の取材なども受けておりメディア露出済みではありますが、鼻に掛けることもなく非常に丁寧かつフレンドリーに体験とお話しをさせていただけました。

作った塩も自宅で使っていますがやっぱりどことなく美味しい気がします。

個人的にはこちらで販売している「塩黒糖」が美味しくて。

また買いに伺おうかと・・・。

塩づくり体験は大人1200円 高校生まで1000円ととてもリーズナブル。

気軽に体験できますね。

高江洲ご夫妻ありがとうございました!

航空券+宿泊 自由自在の組み立て旅行 ANA楽パック

 

【高江洲製塩所】http://hamahigasalt.com/

沖縄県うるま市勝連比嘉1597

電話:098-977-8667



製塩所の先にはこんなプライベートビーチがありますよ~

IMG_4021

次回も沖縄の観光情報をお届けします。

Sponsored Link