ブセナ岬で海の中から本物の魚たちを見てみよう

DSC_0087

【ブセナ岬海中公園】

国道58号線を北上し恩納村を過ぎ、または沖縄自動車道路「許田IC」を恩納村方面へ向かい「喜瀬」の交差点が目印。

ブセナ岬海中公園は県内初の海中公園として本土復帰前に整備され、その後2000年に行われた主要国首脳会議「沖縄サミット」において各国要人の宿泊や万国津梁館での首脳会談を行う重要な拠点としてその役割を果たし、現在は海中展望塔を中心に沖縄の観光地として多くの観光客を楽しませています。

 

東シナ海が一望

DSC_0092

【ブセナビーチ】

駐車場からすぐの所にブセナビーチが広がっています。

宿泊の方はもちろん、ビーチのみのご利用の方も無料で利用できます。マリンアクティビティーもブセナテラスのサービス(有料)から利用できますので水着とタオルだけで十分に楽しめちゃいます。

DSC_0088

【海中展望塔】

駐車場からすぐに海中展望塔やグラスボートのチケット売り場があります。

海中展望塔:大人1030円 中人(高校、大学生)820円 小人(4歳~中学生)520円

グラスボート:大人1540円 中人(高校、大学生)1230円 小人(4歳~中学生)770円

詳しくはhttp://www.busena-marinepark.com/charge.html

園内にはシャトルバスも運行していますので移動はらくらくですよ~。

DSC_0109

 

海中展望塔まで歩いても10分程度ですので、涼しい時は景色を眺めながらゆっくり歩くのもいいのではないでしょうか。

 

DSC_0101

 

こちらが海中展望塔入口。海中展望塔入口でもチケットを購入できますのでご安心下さい。

 

DSC_0103

 

【海中散策】

桟橋から展望塔まではおよそ80メートル。風が強い日などは体を持っていかれる時もあります。小さいお子様をお連れの方は十分に注意してお歩き下さい。また、柵から体を乗り出して海を見るのも危険です。10メートルしたの海に落ちたら大変ですからね~。やめましょう!

展望塔の中ですが、下へ向かうらせん階段はかなり急な勾配です。そして狭い!大人がすれ違うにはちょときついです。

DSC_0104

 

展望フロアーには海の中をのぞける展望窓が至る所にありますので、お子様は下から、大人は上からと位置や角度を変えながら楽しむ事が出来ます。

展望塔の周りには餌をもらえる事を学習しているのかかなりのお魚が回遊しています。

展望フロアーの展望窓横にはお魚の名前が書かれたパネルも設置してありますので魚を確認しながら楽しめますよ。

 

DSC_0107

 

【まとめ】

海が時化ている時は透明度が悪くお魚を見るには適していませんので、当日の風や天候を確認してから観光のプランに入れてみて下さい。展望塔からは名護半島、水納島、残波岬などが一望できます。

ブセナ岬近くには許田の道の駅、お菓子御殿、万座毛など観光に最適な施設や景勝地がありますので合わせてご覧頂くのもいいのではないでしょうか。

 

【ブセナ海中公園】

沖縄県名護市喜瀬1808

【海中展望塔】

沖縄県名護市喜瀬1744-1

http://www.busena-marinepark.com/charge.html

アクセス:自動車で国道58号線のご利用で、那覇空港より約60km、約90分沖縄自動車道のご利用で、那覇I.C~許田I.C約75分



DSC_0093

次回も沖縄の情報をお届けします。

Sponsored Link