沖縄は那覇市にある観光で誰もが訪れる場所と言えば。

そう国際通りですね。

そんな国際通りの下に川が流れていたって知ってました?

昔の闇市からの名残りを残す噂を検証してみましょう。

 

Sponsoerd Link


国際通りやむつみ橋通りの下は川が流れていますよ

Credit by sozai.aloha-shirt.net
photo36b

【市場本通りから】

沖縄の観光では必ずと言っていいほど観光客の皆さんが訪れる国際通り。

何百ともいわれる商店が並び、沖縄文化、本土文化、多国籍文化と多種多様な形態で私達を楽しませてくれます。

その国際通りの真ん中。

そうスターバックスやドン・キホーテのある交差点をアーケードに向かって歩くと「市場本通り」。

沖縄の台所へつながる道。

ここから大小様々な通りへの第一歩となるわけです。

 

【ガーブ川】

国際通りから市場本通りを進むと最初の大きな十字路、

牧志公設市場がある雑誌などでよく見るあの十字路です。

そこを左に入ると市場本通りと並ぶ賑わいの平和通りとつながります。

 

ご存知だろうか。

 

市場本通りと平和通りの間にもう一本通りがある事を。

 

「むつみ橋商店街」と「ガーブ川中央商店街」

 

非常に細く情緒深い通り。まさにこの下に川が流れているのです。

Credit by sozai-page.com
t04_006
             農連市場を流れるガーブ川

 

 

【最初は闇市から】

国際通りは戦後の混乱期に闇市として誕生したお話は有名。

時を同じくしてガーブ川にも闇市が形成されます。しかも川の畔ではなく川の上。

川をまたぐように水上店舗として多くの小売店が商売を始めたのが事の始まりだそう。

 

その頃は豪雨で川が氾濫すると店舗ごと濁流に流されることもしばしば。

生活排水が流れる川とあり衛生面や環境面、また那覇市の開発事業計画と政治的な背景もあり現在のガーブ川中央商店街とむつみ橋商店街が作られたわけですね。

 

このガーブ川の上流には県民の台所と言われた「農連市場」があったのですが、2015年からの再開発により既に立ち退きが始まっているとか。

 

 

【あるあるはホント】

このガーブ川はアーケード通りを縦断し国際通りをまたぎ最後はゆいレール沿いを流れる久茂地川へ注ぎます。

ですので、国際通りの下に川は流れているは正解なんですね。

 

まさかのまさかでしょっ(笑)お友達に教えてあげて下さいね。

 

 

市場本通りでトイレに行きたくなったら

【トイレは上にあり】

お子様は突然「ママ、おしっこ」なんて事ありますよね。

まだ、市場本通の入口ならドン・キホーテに駆け込むなんて事も出来ますが、通りを歩き進み公設市場付近で言われたら・・・

 

公設市場の2階にもトイレはあるのですが、公設市場内は迷路のよう。

出口を間違えれば子供もろとも迷子状態です。

ですので公設市場へ入るのは待った!

 

そんな時は上を見て下さい。

DSC_0016

 

トイレスポットの案内板があるでしょ。

この案内通りに進むとトイレにたどり着きますよ。

最近はこの「トイレ貸します」の協賛店が増えているようですのでお子様連れの観光客の方には安心してお買い物ができますね。

 

ちょっとした豆知識ですが、知ってるのと知らないのとでは大違い。

参考にされて下さいね。

 

関連記事

人気のおすすめ泡盛を紹介!カロリーや飲み方お土産お取り寄せ情報
人気のおすすめ泡盛をご紹介!沖縄と言えば「オリオンビール」と「泡盛」ですね。沖縄の夜にはなくてはならないこのツートップ。皆さんは泡盛のカロリーや飲み方をご存...


 

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

沖縄あるあるというよりは知恵袋に近い内容でしたが、皆さまのお役に立てればそれでよし!

 

市場内の通りや商店街の位置関係がわかるように牧志公設市場を中心としたGoogle Mapを貼っておきます。

スクロールアップして通り名を確認してみて下さい。

 

歴史を知って通りを歩けば、また違った沖縄の見方ができて来るのではないでしょうか。

 



 

次回も沖縄の情報をお届けします。

Sponsored Link