究極の沖縄そばがあった!そこはそば屋ではなく美術ギャラリー店。

IMG_4085

西森美術

沖縄の工芸品を展示しているアートギャラリー店。

書画や陶器、漆製品、紅型製品と多種多様に展示販売しているお店。

美術品には詳しくない筆者がご説明しても伝わらないので美術品に関しては西森美術のホームページを見てほしい。

西森美術ホームページ http://www.nisimuibijutu.com/

那覇方面からだと首里城や識名園の脇を通る県道82号線から八重瀬方面に向かう県道507号線を南下。

東風平の交差点を右折した右手

地元の方が生活道路として利用する通りにこの西森美術はありました。



Sponsored Link


そばしかありませんよ。

IMG_4086

早速お店に入りそばを注文です。

店内は真ん中に6人掛けのテーブルと窓越しにカウンター席が5~6席程。

そしてお品書きは2種類

ニシムイそば(中)700円

ニシムイそば(大)800円

おそばにはミニぜんざいとコーヒーが付いてきますよ。

あと単品でぜんざいは注文できたと思います。

 

IMG_4084

 

出てきたおそばがこちら。

主流の鰹出汁ベースではなく鶏ガラと豚骨を使用した白湯スープ系。

沖縄そばというよりはもうラーメンのスープみたいですね。

 

そして付け合わせのお肉。

骨付きのスペアリブでめちゃくちゃ柔らかい!

筆者は間違えて骨まで食べてしまったくらい柔らかいんです。

これ感動しましたよ。

 

それと冬瓜ですね。

煮汁がシミシミになっていて、そしてアツアツ。

かと言って冬瓜そのものは水っぽくなく大根のような歯ごたえがあるんです。

 

ちょっとそば全体のクオリティーが高すぎて驚いちゃいました。

沖縄そばの美術品ですな。西森美術だけに(笑)

DSC_0015

まとめ

度肝を抜かれたニシムイそば。

この「ニシムイ」とは首里城から見て「北」にある「森」という意味らしい。

でも西森美術。まっいいか。

 

こちらの店主は北海道のご出身。

沖縄に来られて30年とか。

ご自身も芸術に造形する傍ら、沖縄県在住の芸術家さんたちの作品をギャラリーに展示、販売しているそうです。

おそばにも何となく北海道のエッセンスが入っているのかな?

そばを作られているのは生粋のうちなんちゅ~の方ですけどね。

 

いかがでしたでしょうか。

沖縄でのおそば選びの参考になさって下さい。

 

また、下のメッセージよりご感想、ご意見をお待ちしております。

 

次回も沖縄の情報をお届けします。

 

「ニシムイ 西森美術」

沖縄県島尻郡八重瀬東風平1013-9

電話:098-987-0915

定休日:毎週火曜日