那覇de居酒屋放浪記 那覇で地元の人が行く!ディープな居酒屋に行ってみよう!国際通りから少し離れた栄町市場。沖縄を代表するディープなスポット。その栄町市場から少し離れた所に串焼きの名店があると聞きつましたよ。今回の那覇de酒屋放浪記は「串焼き あだん」です。

IMG_3993


沖縄での夕食

一人で行くには観光客で賑わいを見せるお店にはちょっと入りにくかったり

かといって地元民が集う居酒屋に入るのもためらってしまう。

そんな経験ございませんか。

大丈夫です!

沖縄の居酒屋さんはみんなフレンドリ―です。

そんな一人呑み二人呑みに持って来いの居酒屋さんをご紹介します。

Sponsored Link


【串焼き あだん】

美味しい居酒屋さんはここ

こちらはゆいレールは安里駅近く栄町市場からは少し外れた通りにある

串焼きの専門店。

「串焼きじゃ沖縄らしさがないじゃない」なんて思わないでくださいね。

オリオンビールはもちろん泡盛も数十種類あります。

串焼きにも沖縄の地元食材がふんだんに使われていますのでご安心ください。

「串焼き」なんて聞くと肉々しく感じますがこちらの「あだん」は違います。

串焼きの多くはお野菜。

野菜にベーコンや豚バラスライスを巻き、串に刺してあるスタイル。

なのでとってもヘルシーなんです。

 

IMG_3994
注文の仕方は自分が食べたい串物を自らがお皿に取り焼き場の大将へ渡します。

なんかおもしろ~いシステムでしょ。

ちょっとしたアトラクション気分を味わえますよ。

私のおすすめ串はミョウガ巻き。

ミョウガにチーズを添え豚バラスライスで巻いてある一品。

来店の度にこればっかり食べてます。

 
■沖縄居酒屋放浪記 関連記事
那覇de居酒屋放浪記 「三輪」

那覇de居酒屋放浪記 「Sakanaya いゆじ」

 

IMG_3996

【オーナーは】

うちなんちゅ~??

こちらのオーナー。てっきり生粋の沖縄人かと思っていましたが

なっなっなんと道産子。

そう、はるばる北海道から沖縄の地に移り住んでこちらの

「あだん」をオープンしたんだと。

なんで沖縄だったの?なんて聞いたらちょっと照れくさそうに

「当時の彼女を追っかけてきたら沖縄でしたぁ~」

なかなかの純情ぶりです。素敵。

男の私が言うのもなんですが、こちらのオーナーの笑顔がとても愛らしい。

言葉じりも穏やかで優しさが全面に出ている感じです。

そんな愛らしい大将と話しながらだと泡盛を口に運ぶ回数も増えて

ついつい飲みすぎてしまうかも?

 

 

【プライス】

串焼きのお値段

肝心の料金ですが、正直、串焼き1本1本のお値段を尋ねた事はないので

どれがいくらなのかお値段がわかりません。

飲み屋情報なのに申訳ございません。

ざっくりになりますがオリオンビール2杯、泡盛1合(カリー春雨古酒)

串焼き10~15本で4~5000円程であったと記憶しています。

ドリンクのお値段はこちらに。

IMG_3995

 

【まとめ】

地元の方々に愛される栄町の名店中の名店です。

隣り合う常連さんも気さくに話し掛けてくれますので

初めてのお店でもアッという間に溶け込めてしまいますよ。

是非、暖簾をくぐってみて下さい。

店内はカウンター10席程と囲みテーブルが1卓しかないので

早めの来店をおすすめします。

営業は18時30から。

週末は開店早々から満席になりますのでご注意を。

運悪く満席の場合は栄町市場内に「あだん2号店」がございますので

そちらにいかれてみてはいかがでしょうか?

どちらの店舗も日曜日はお休みとなっております。

 

ここらで那覇de居酒屋放浪記はお開きです。

 

「串焼き あだん」

那覇市安里388-135

電話:098-885-6578

営業時間:18時30分~



 

IMG_3997
次回の那覇de居酒屋放浪記もお楽しみに。