札幌中心街から離れた西区にある「白い恋人パーク」
あの「白い恋人」の会社である石屋製菓のお菓子のテーマパーク!

家族連れが集まるテーマパークは1人では何だか楽しめない?
なんて思っていては損です!

1人でも遊びに行けちゃうスポット、
”1人で楽しむ白い恋人パーク”と題し、
見学時間の情報と割引やwi-fi設備について確認しておきましょう!

Sponsored Link

白い恋人パーク

アクセス

先ずは白い恋人パークの基本情報を確認しましょう!

白い恋人パークは札幌市にの西側、小樽市よりに位置しています。
ですので、札幌市内からのアクセスにはレンタカー又は
鉄道を利用するのがいいでしょう。

 

レンタカー

レンタカーであればナビに『白い恋人パーク』と入力すればOK!

札幌駅周辺からは車で約25分程で到着です。



 

新千歳空港からは車で約60分となっています。



 

鉄道

鉄道をご利用の場合は、地下鉄東西線『宮の沢駅』下車。
大通り駅からおよそ20分で到着です。

宮の沢駅からは徒歩で約7分で白い恋人パークに到着です。



 

基本情報

住所: 北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36
TEL:011-666-1481
定休日:年中無休

 

白い恋人パーク公式WEBサイト

【公式】白い恋人パーク | お菓子の魅力がいっぱいのテーマパーク
白い恋人パークは、札幌にあるお菓子のテーマパーク!北海道のおみやげの定番「白い恋人」の工場見学、クッキー作り体験が子どもに人気!新施設のガリバータウンや、鉄道...

 

白い恋人パークMAP



 

1人でも楽しめる白い恋人パーク

ローズガーデン

白い恋人パークの見どころは、
見事なローズガーデンではないでしょうか!


著者は主にガーデン中心に回る事が多いのですが、
初夏の頃から花々が咲き、

特にローズガーデンは色々な種類が見られ、
パーク内は緑と花でいっぱいになります。

この中庭は冬になるとライトアップされ、
それにより雪の季節でも楽しめるところがおすすめです。

 

チョコレートラウンジ

合わせて有料にはなりますが、
パーク内建物にある「チョコレートラウンジ」は
オリジナルケーキやチョコレートドリンクが楽しめます。

ガラス窓一面に広がる空間の山々や中庭を楽しむ他に、
定期的に行われる愛らしいからくり人形達によるイベント
「チョコレートカーニバル」も近くで見れるのもポイント!

ゆっくりと誰にも邪魔されずイギリス製の
アンティーク家具に囲まれて風光明媚な場所でいただく
ホットチョコレートは絶品なのです♪

Sponsored Link

一人でも楽しめるまとめ

人が集まる白い恋人パークですが、
案外と1人でも楽しめる所が多く、
中庭を眺めているのもよし!

時間に邪魔されることなく、
自分の好きな様に景色を楽しむもよし!

有料アトラクションでは、
列を連なって出来る「白い恋人」の製造工程をみたり、

以外と1人で手の平サイズの白い恋人をじっくりと作ってみる
なんていう事も楽しめるのではないでしょうか。

自分が思う程1人で出かけても浮く感じもなく、
著者は気分転換やバラの写真を撮りに行ったり、

有料ではなくてもテイクアウトショップもあるので
のんびり気ままに時間を過ごせる公園的な感じも気に入ってます。

 

また、一人で札幌を楽しむのにおすすめなのが、
日本の新三大夜景にも登録された札幌の夜景。

札幌の夜景が見れる穴場スポットは
こちら記事でご紹介しています。

札幌の夜景が見える穴場スポット!藻岩山へのアクセス方法も確認!
藻岩山以外にも札幌市街で夜景を楽しめるスポットがあるのはご存知でしょうか。札幌の中心街の直近も直近で札幌の街を望む事ができるのです。観光の1つに札幌の夜景を楽...

 

小樽の観光なら小樽観光船がベスト!
小樽観光船の詳しい事はこちら記事からどうぞ!

小樽観光なら観光船!割引はあるの?青の洞窟を観に行く場合は?
観光地札幌からも程よく近い観光スポット「小樽」小樽運河や古き時代の建造物や、海鮮丼など楽しむ事が出来る人気観光地ですが、”観光船”に乗って違う景色を楽しみませ...

 

白い恋人パークの見学時間

白い恋人ファクトリーウォーク

白い恋人の製造工程を見て歩く
『ファクトリーウォーク』の受付時間は9時~17時10分。

所要時間は普通に見て歩いても30分もあれば十分に楽しめます。

ファクトリーウォーク受付で『白い恋人』が一つもらえます。

白い恋人の味を噛みしめながら、
白い恋人が出来上がるまでをご堪能下さい!

白い恋人工場見学 | アトラクション | 白い恋人パーク
北海道札幌市にある石屋製菓の白い恋人パークでは、北海道の人気のお菓子「白い恋人」を製造する工場をご見学いただけます。チョコレートの歴史を学びながら白い恋人が...

 

お菓子作り体験

1人でお菓子づくり体験は少しハードルが高いでしょうか(笑)

お菓子づくり体験は事前の予約が必要です。
オリジナルの白い恋人を作ってみたい!

そんなあなたは事前に予約しすとことをおすすめします!

お菓子作り体験の所要時間は体験するコースによって変わります。

詳しくは白い恋人パーク公式WEBサイトでご確認して下さい!

白い恋人公式WEBサイト
お菓子作り体験工房 | アトラクション | 白い恋人パーク
北海道札幌市にある石屋製菓の白い恋人パークでは、有料館内にあるお菓子作り体験工房にて、クッキーなどのお菓子作りを体験できます。親子やカップルに大人気。小さな...

 

白い恋人パーク内ショップ営業時間

<営業時間※年末年始等は営業時間変動あり>
・白い恋人パーク
9:00~18:00
※チケットカウンター営業時間であり、
最終入館受付は17:00です。

・ショップ・ピカデリー
9:00~19:00
・キャンディ・ラボ
9:00~19:00
・レストラン梟巣(おうるず)
10:00~18:00(L.O.17:00)

ファクトリーウォークにおいては、
「9:00~17:10」となっていますが、
不定期に製造ラインの清掃を行ったり停止することもあります。

 

白い恋人パーク入館料

入場は無料

白い恋人パークは基本的に中に入る事は無料となっています。

しかし、前途にも触れていますが、
館内には有料で楽しめるアトラクションや喫茶スペースがあります。

こういったものをご利用する際には
別途、入館料が必要となります。

ファクトリーウォーク料金表(税込)

※印=団体1人分の料金(20名以上から)

高校生以上:600円※ 500円
中学生以上:200円※ 150円
3歳以下:無料

 

割引を利用しよう

比較的割安な入館料ですが、
もう少しお得にしたいなら「割引」や「クーポン」も
チェックしてみてオトクに楽しみませんか?

案外と手軽な方法で割引が受けられるので、
ぜひチェックしてみましょう。

 

コンビニから

コンビニ端末から割引やクーポンがあるのか
かなりチェックしてみましたが、
残念ながら用意がない様です。

しかし、JAFカード会員やJALマイレージカードをお持ちの方は
割引となります。

高校生以上「600円→500円」

中学生以上「200円→150円」

になるので、チケットカウンターで提示しましょう。

 

スマホから(石屋製菓WEB登録)

石屋製菓のコミュニティサイト
「ISHIYA Web cafe」でオンライン特典クーポンがゲットできます。

無料会員登録をすると、
プリントアウト用と携帯用クーポンが表示されます。

プリンターがなくてもスマホでQRコードを読み取り、
クーポンページに進みます。

そこで保存をしておきましょう。

保存して持っておくだけで1枚で5名が何度でも使える
お得なクーポンです。

割引料金は団体割引と同じ料金となります。

ISHIYA web cafe公式WEBサイト

 

白い恋人パークにWi-Fiは?

wi-fi設備なし

旅行中なにかと調べものをしたり、
時間つぶしの為に動画を見たりと、
パケットの消費が激しくなりがち。

できればスマホなどの
パケット通信料を節約したいところ。

そんな時に思うのが、
『白い恋人パークには無料Wi-Fiがあるのか?』
ですよね?

色々調べましたが、残念ながらパーク内には
無料Wi-Fiの用意はありません。

白い恋人パーク内では4G回線の通信となってしまいます。

また、札幌市が運用している無料Wi-Fi
「Sapporo City Wi-Fi」においては
最寄り駅である東西線宮の沢駅には設置されている様です。

 

白い恋人パークおすすめスイーツ

白い恋人パフェ

石屋製菓では白い恋人以外にも多くのお菓子を製造していますが、
「ここではないと食べられない」というスイーツがあります。

例えば有料舘内にある「チョコレートラウンジ」では、
白い恋人と白いバウム、サックサクのパイ「美冬」と
石屋の代表的なお菓子をトッピングした「白い恋人パフェ(750円)」

画像元:https://tabelog.ssl.k-img.com/

誰でも利用が可能なカフェバー「カフェ・アントルポー」では、
温かい白い恋人ブレンドをかけていただくティラミスパフェ
「大人のアフォガードティラミスパフェ(810円)」

テイクアウトコーナーでは、
「イシヤプレミアムアイスクリーム(シングル300円)」
他めずらしい道産米「ゆめぴりか」や、

まるで白い恋人をアイスにした様な
「ホワイトチョコ&ラングドシャ」に注目です!

なお、チョコレートの始まりともされる
「ホットチョコレート」はパーク内の
飲食スポットで楽しむ事ができます。

 

まとめ

案外と地元の場合には気軽に贈答用に買いに行ったり、
ケーキを買いに行ったり気軽に立寄る場所だったりするのですが、
旅行ともなると少し躊躇してしまいがちなのでしょうか。

全く気にせず著者は道民になる以前の
旅行者の頃から出かけていた場所です。

雪の無い温かな季節の花いっぱいのパークもステキですが、
雪の季節のパークも北国ならでわの雪とライトの温かみが
とても雰囲気のよい場所です。

中ではポストカードを買い切手も売っていて、
手紙が書けるスペースもあるので、
一人訪れて筆をしたため贈ってみてはいかがでしょうか。

消印が白い恋人パーク限定なので、
これもまたお土産になっておすすめですよ!
ぜひ、出かけてみてくださいね。

Sponsored Link