『パクチー』の魅力はその個性的な風味だけではありません。

実は女性にとってうれしい効果がたくさんあります。

デトックスしてくれてアンチエイジングも期待できると言われる『パクチー』

今回は、その驚くべき秘密を今回はご紹介します。

Sponsored Link

パクチーブーム

今年大ブームとなったパクチー。

パクチー料理専門店なるものまで登場し、スーパーやコンビニでは多くのパクチー商品が販売されるようになりました。

女性を中心に大人気のパクチーですが、味にクセがあり好き嫌いが分かれる食材でもありますね。

ベトナム料理のフォーなどで以前からその存在を知っている方は多いと思います。

日本人にとっては馴染みが薄い食材かもしれませんね。

 

パクチーって?

そもそもパクチーってどんな食材なのでしょうか?

パクチーはセリ科の植物でハーブや香辛料として世界各地で栽培されています。

その歴史は古く、古代ギリシャやローマでは薬草として用いられていました。

現在は主に中国や東南アジア、中南米で料理に利用され、特にタイ料理やベトナム料理には欠かせない存在です。

また、ヨーロッパではパクチーの種子をスパイスとして利用したりしているんですね。

いがいにも世界的な食材なんです。

oakuchi
 

国によって呼び方が違う!

パクチーは国や料理ごとに呼び名が異なります。

お馴染みの『パクチー』はタイ語。

英語では「コリアンダー」や「チャイニーズパセリ」。

中国語では「香菜(シャンツァイ)」と言います。

つまり『パクチー』と『コリアンダー』は同じものなのです。

 

パクチーはハーブや香辛料として使うものと思いがちですが、これらの国ではパクチーを日常的に様々な料理に用い、一種の野菜として食べています。

そう、パクチーは野菜!!

そして、このパクチーは非常に栄養価が高く、女性にとってうれしい栄養素をたくさん含んでいます。

特に近年、デトックスやアンチエイジング効果に優れていることが認められ、健康や美容のためにぜひ積極的に食べていただきたい食材と言えるのです!

pakuchi1
 

パクチーのデトックス効果

デットクスとは?

デトックスとはカラダに溜まった老廃物や毒素を排出すること。

つまり「解毒」です。

私たちの周りにはたくさんの有害物質が存在しています。

大気汚染、残留農薬、食品添加物、紫外線…注意をしていても知らないうちにカラダに取り込んでいたりします。

 

これらの有害物質は通常、肝臓や腎臓で処理され体外に排出されますが、処理能力を超えたものはそのまま体内に蓄積されてしまいます。

体内に毒素が溜まると新陳代謝が低下し、健康や美容に悪い影響も・・・。

具体的には『便秘』 『むくみ』 『肌トラブル』 『細胞の老化』の他、脂肪細胞の中に老廃物が蓄積しセルライトになることも…

 

さらに、ホルモン分泌が乱れ生理不順や肩こり、冷え性などを引き起こす原因となります。

そして体内環境の歯車が狂い始めてしまうと、更なるカラダの不調へと繋がってしまうかもしれません。

 

パクチーのキレート作用

これを回避するために実践したいのが『デトックス』

パクチーには『キレート作用』というデトックス作用があります。

キレートの語源はギリシャ語で「カニのはさみ」に由来し、キレート作用とは、カニのはさみのように血液中で有害金属と捕らえて体外に排出すること。

具体的にパクチーのどのような成分がこの働きを持っているのかはまだ解明されていませんが、アメリカ化学会の会議でパクチーには汚染水から鉛など毒性のある重金属を取り除く作用があることが発表されました。

この結果からパクチーには強力なデトックスパワーがあると言われています。

 

またパクチーなど緑の濃い野菜には、緑色の天然色素である葉緑素(クロロフィル)が豊富に含まれています。

クロロフィルには小腸をデトックスする効果があることが解明されています。

小腸は有害物質が非常に溜まりやすい部分で、小腸に有害物質が溜まると栄養素の吸収の妨げになり、カラダに様々な悪い影響を及ぼします。

クロロフィルは食物繊維に比べて分子が小さいため、小腸の細かい部分まで掃除をすることができ、食物繊維が取り切れなかった微細な有害物質までも吸着し体外に排出してくれます。

Sponsored Link

パクチーのアンチエイジング効果

抗酸化力

肌の老化の原因のひとつに活性酸素が挙げられます。

活性酸素は私たちが呼吸をし、酸素を利用して代謝を行う過程で自然に発生します。

本来は体内に侵入した細菌類を取り除くなどの働きがあり、私たちのカラダに必要なもの。

しかし、酸化させるチカラが強いため、増えすぎると体内の細胞を酸化させ、サビやすいカラダへと導き、老化やさまざまな病気を引き起こす原因になると考えられています。

これを防ぐためには抗酸化成分を含む食品を積極的に摂り入れることが有効だと言えます。

そして、パクチーは他の野菜と比べても群を抜くほどの抗酸化力があることが明らかになっています。

 

パクチーに含まれるβカロチンやビタミンC、ビタミンEには強い抗酸化力があると言われています。

また、パクチーに含まれるポリフェノールの一種である「ケルセチン」や「アピゲニン」にも抗酸化力があり、これらの総合的な働きにより抗酸化能調査(日本食品分析センター調べ)で断トツの1位!!

なんと抗酸化力が高いイソフラボンを含有する大豆の約10倍の抗酸化力があるとの分析結果が得られました。

 

パクチーの美容成分

そして、パクチーにはまだまだ美容にうれしい成分が含まれています。

疲労回復や肩こり緩和に効果のある『ビタミンB1』

代謝を助け皮膚や髪の健康を維持する『ビタミンB2』

コラーゲンの生成力を高め肌のハリをサポートする『ナイアシン』

貧血を予防し、血色を良くする葉酸、生理中の過剰な出血を和らげ、赤ら顔や目の下のクマ、くすみの改善に効果を発揮する『ビタミンK』

・イライラやストレスを緩和させる『カルシウム』

新陳代謝を促進し、ホルモンバランスを整える『マグネシウム』

糖質の代謝をサポートする『リン』

貧血を予防し、きれいな爪をつくるために必要な『鉄』

むくみ解消に役に立つ『カリウム』などの『ミネラル』も含んでいます。

beautiful
 

 パクチーのあの香りにも驚くべきパワーが!!

香り成分『ゲラニオール』

パクチーの独特な香りは好き嫌いが分かれるところ。

しかし、あの香りにも美容にうれしい成分が含まれています。

パクチーに含まれる香り成分『ゲラニオール』には女性ホルモン・エストロゲンの働きを高める作用があります。

『ゲラニオール』はホルモンバランスを整え、生理不順や肌荒れを改善する効果が期待できます。

また、『ゲラニオール』と同じく香り成分『リナロール』には腸内環境を整え、胃を丈夫にする働きがあり、続けて摂ることで口臭が抑えられると言われています。

 

このようにパクチーの香り成分は健康や美容をサポートする働きがあり、アロマオイルとしても広く利用されています。

精油として使われるコリアンダー(パクチー)は種子から抽出されたもので、葉の部分とは対照的でクセがなくほんのり甘くスパイシーな香りです。

コリアンダーオイルは胃腸やココロが疲れたときにおすすめの香りだそうですよ。

 

まとめ

パクチーは古代から薬として利用されていたほど健康効果が高いものでしたが、その栄養的価値が改めて見直されたのは世界的に見ても最近のこと。

ですからまだ研究途上にあり、パクチーのどの成分がその健康・美容効果を発揮しているのかなど、まだ不明な点も多いようです。

しかし今後、さらなる研究によりこれらが解明され、より多くの健康・美容効果が発見される可能性をも秘めています。

パクチーが好きな方もそうでない方も、食べなければ損をしますよ!!

ブームのおかげで私たちの身近になったパクチー。

あなたも健康や美容のため積極的に日々の食事に取り入れてみませんか?

Sponsored Link