ehoumaki
以前までは関西地方だけで食べられていた『恵方巻き』

今では全国区になった行事食の1つですが、
恵方巻きの発祥や由来ってご存知ですか?

また、恵方巻きは食べる際には決まり事があり、
その年の恵方(縁起のよい方角)に向かって
食べるという風習があります。

恵方巻の方角って誰が決めているの?2017年の恵方とは?

今回は恵方巻きの方角についてや、
由来についてをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

恵方巻きの方角、由来とは?

恵方巻きとは既に皆さんご存知の通り、
太巻き寿司をさしています。

今では食べやすい細巻きやショートサイズなど、
用途によっても分けられています。

恵方巻を食べる意味には発祥の地でもある大阪の商人達の『厄落とし』や
『縁起担ぎ』などといった意味が挙げられています。

086426
呼び名も『恵方巻き』以外にも、

・恵方寿司
・丸かぶり寿司
・開運巻き寿司
・招福寿司

などと呼ばれていますが、
すべて恵方巻きと同様の扱いになります。

ここでは統一して恵方巻きと呼びますが、
この由来は諸説あります。

① 大正初期の花街から発祥

大阪の花街にて、節分の時期になると漬け上がる新香を巻いたのり巻を恵方に向かって食べた。

② 大阪鮓商組合後援会から発祥

1940年(昭和15年)大阪鮓商組合後援会にて丸かぶり寿司のチラシを発行して広まった。

この2つが起点となり戦後、
土用の丑の日に鰻を食べる習慣に対し販売促進の1つとして、

1949年(昭和24年)に大阪鮓商組合によって戦前の丸かぶり寿司の習慣を
再復活させたとされています。

では、全国に広まった理由については、
先に大阪と兵庫のファミリーマートがコンビニ販売を展開していたことがきっかけ。

その後、セブンイレブンが販売エリアを拡大した事により、
恵方巻きの認知度が高まったとされています。

なお、今では立春の前日に当たる節分以外にも
夏や秋などにも恵方巻きが出ていて、
『どうして?』と思われる事はありませんか?

これには『節分』の意味を知る事で理解出来ます。

本来節分は『立春・立夏・立秋・立冬』これらの前日を差し、
特に古くの立春は新年であったことから重要視されていました。

近年では春夏秋冬季節の節目に着目しつつ、
季節の変り目を意識させる販売戦略になったことから
四季に恵方巻きが販売される様になった様です。

Sponsored Link

恵方巻きの方角は誰が決める?2017年の恵方は?

『恵方(えほう)』とはどんな意味があるのか?
毎年何となくTVやスーパーなどで
『今年の恵方は◯◯』と方角を知る事になりますよね?

toshitoku 画像元:http://tn.calendar-calendar.com/images/toshitoku.png

この恵方とはその歳の福徳を司る
『歳徳神(ふくとくじん)』がいる方角を差しています。

皆さんもご存じのとおり、毎年この方角は変わるもので、
恵方巻きは神様のいる方向に向かって願い事をしながら
食べるとよいとされています。

他にも初詣などでも恵方の方面の神社に行くなど、
その歳の何か事始めには恵方に向かい行っていたものだそうです。

恵方は誰が決めている訳ではなく、
『干支(かんし、えと)』と『十干(じっかん)』の組み合わせで出来ているんですね。

干支とは十二支と十干を組み合わせたものを指しています。

と言われても?

ですよね。
この方法は旧暦の基礎ともなる中国から伝えられたといいます。

◎十干(じっかん)
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

◎十二支(じゅうにし)

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

これをある法則で並べたものが、六十干支と言われています。

 

と、概要をご説明したところで、なんのことやら・・。

ですので、もっと簡単な恵方の見方。

 

この十干は西暦と関連しています。

正確に言うと西暦の下一桁の数字に関連しています。

先程の十干に数字を足してみます。

◎十干(じっかん)
甲(4)・乙(5)・丙(6)・丁(7)・戊(8)・己(9)・庚(0)・辛(1)・壬(2)・癸(3)

この十干には既に方角が決めれており、
その年の恵方の方角はこの法則さえ知っていれば、
簡単にわかるんです。
  • 甲(きのえ)の年(下1桁が4)=東北東やや東
  • 乙(きのと)の年(下1桁が5)=西南西やや西
  • 丙(ひのえ)の年(下1桁が6)=南南東やや南
  • 丁(ひのと)の年(下1桁が7)=北北西やや北
  • 戊(つちのえ)の年(下1桁が8)=南南東やや南
  • 己(つちのと)の年(下1桁が9)=東北東やや東
  • 庚(かのえ)の年(下1桁が0)=西南西やや西
  • 辛(かのと)の年(下1桁が1)=南南東やや南
  • 壬(みずのえ)の年(下1桁が2)=北北西やや北
  • 癸(みずのと)の年(下1桁が3)=南南東やや南
 

それと、恵方の方向は毎年少しずつ変わるって思ってませんでしたか?
よく見てみると、恵方の方向はたった4方角のみ。

『東北東』
『西南西』
『南南東』
『北北西』

これだけなんですね(笑)

なお、2017年の恵方は『北北西やや北』とされています。

今では方位磁石もスマートフォンアプリなどもあるので、
そうしたもので恵方を調べることが出来ます。

 

恵方巻きの食べ方のマナーとその方法は?

恵方巻きを食べる際の決まり事といえば、
何度も出て来ましたが『恵方を向いて食べる』という事。

1人につき1本の恵方巻きを用意して、
包丁などでは縁や福が切れるとされるので切らずに、
そのままかぶりついていただきます。

setsubun_ehoumaki_boy
食べるときには地域によって違いはある様ですが、

恵方巻を食べる作法としてよく知られているものがこちら。

・食べ終わり迄は一切しゃべってはいけない
・笑いながら食べる
・目は閉じたまま食べる

などといった方法がある様です。

黙々と巻き寿司にかぶりつくというのはなかなか難しいですが、
途中でお茶など飲みながら食べてもよい様なので、
無理せず始めから食べ切れそうなサイズを用意しておく事もお勧めです。

 

まとめ

恵方巻きが主に食べられていたのは大阪や関西周辺!
確かに、まだここまで恵方巻きがメジャーではなかった頃に、
知り合いの大阪出身の方から恵方巻きをいただいた記憶があります。

その後、コンビニなどでもポピュラーになり、
いまでは四季に合わせて恵方巻きの予約や販売がなされる様になりました。

事の始まりはそれほど公式行事の様なものではありませんが、
四季の節目際して心を一新させるといった観点と、

近年欧米のイベントが盛り上がる日本の行事事情の点で、
日本特有の行事として続けておきたい行事の1つであると思います。

想いおもいの恵方巻きを用意して楽しみましょう!

Sponsored Link