ガム出版が倒産って?!

日本からガムが消えてなくなるのか~。

なんて、一瞬でも思った拙者がバカでした(笑)

ガムを販売しているのは、ロッテとかやんもんね~。

んじゃ。ガム出版てなんなん?

気になったので、ちょっと調べてみました。

Sponsored Link

ガム出版て?

『ガム』なんて日本語で言うから、ちとばかり混乱が生じますが、この『ガム出版』は韓流雑誌の老舗という事らしいです。

いわゆる、チャ・グンソクや東方神起から始まった韓流、K-POPブームを日本に伝来させ、根づかせた出版社って事です。

会社の設立は2000年と以外にも韓流ブームが始まる前。

なので、韓流ブームを機に発足した会社ではないって事なのかな?

 

それはまぁいいとして、実はこの『ガム出版』、韓国人俳優やアイドル歌手を取り扱った雑誌『KBOOM』や『FtoF』を発行しているので、てっきり社長が韓国の方だと思っていました・・・。

所が、今回の自己破産騒動で明らかになったのが、社長が日本人だったって事w

K-POPファンであればその辺の事情は当然の事なんでしょうけど、拙者が勝手に韓国の方と決めつけていたので、プチ驚きでした。

 

騒ぎの原因はなんだ?

最近は雑誌離れから、出版社が倒産する事は珍しい話ではないような気もします。

現に、小さな出版社なんてジャンジャン会社を経たんでいるでしょ。

弱小出版社ではないので、それなりにニュースになるのは納得なんだけど・・・。

大きく騒がれている原因がこれ?

Sponsored Link


https://twitter.com/RImama7/status/811059604561891328

 

どうやら、K-POPアイドルの『超新星』の写真集が発売される予定だったよう。

そして、既に予約を受けつけた後だったみたい。

 

つまりは購入予定であった超新星ファンの方は、既に、ガム出版側に代金を入金済みになっているみたいなんです。

前途のガム出版弁護士からのメールには返金に関する事は一切記載されていません。

そして、ファンの皆さんは一様に諦めムード。

 

ちなみに、ガム出版の2016年12月の売り上げが5億7000万円!!

おいおい、返金するお金あるやんか~。

 

韓国の日本離れが原因?

このニュースを聞くと、とうとう韓流ブームも終わりか~。

なんて思ったりもしますが、若い人を中心にK-POPアイドルの人気は衰えていません。

確かに、韓流ドラマは以前ほどの人気はありませんが、前途にもあげた『超新星』や『防弾少年団』などは絶大な支持を集めています。

 

では、なぜガム出版が倒産する事態になってしまったのか?

 

それは、韓国国内からの日本批判が多くあったことに起因しているのかな~と。

これって、かなり政治的な話になるので、ネットで詳細に内容をぶち上げると『炎上』て事になりかねないので、深くは言いません。

でも、ちょいと昔にあった韓国の日本バッシングは見ていていい気分はしませんでしたね~。

 

そんな、某弱無人な韓国カルチャーを見ていると、正直、頑張ている韓国タレントのこと応援したくなくなる・・・。

そういう人もいた事は事実でしょうね。

 

なので、日本の方が韓流ブームから離れたのではなく、韓国がブームを離れさせた。

こういう表現が何となくしっくりくるような気がするけど。

 

あなたはどう思う?

 

twitteの反応は?





そりゃそうだよね~。

商品と引き換えのつもりでお金払ってますもの。

怒りますわ!

 

ファンの間では『超新星』の事務所が今回の代金の肩代わりをするのでは?

との、憶測も流れていますが、本当のところは謎のまま。

 

おそらくは、代理出版できる出版社を探すという作業にこれから着手していくものと思われます。

これは、あくまでも拙者の予測の話で・・・。

 

返金や商品を待つファンの方は、今後来るであろう、弁護士さんからの連絡をお待ちいただく他に策はない!

これが今現在言える事ですね~。