夏ともなれば日本各地で花火大会が開催されますが、
高尾山で有名な八王子の花火大会!

八王子祭りの一環でありながら、
お祭りの始まりとして盛り上がるイベントですが、
どれくらい花火があがるのか気になりませんか?

また、混雑を出来るだけ避けてみる事が出来る
穴場スポット情報を集めてみました!

Sponsored Link

八王子花火大会の概要

2017年の日程や時間は?

八王子花火大会は八王子祭りのメインイベントで、
お祭りらしさをより盛り上げます。


2017年の八王子花火大会の開催日時は、

2017年7月22日(土)
午後19時~午後20時30分(予定)

となっています。

毎年、八王子花火大会の会場となっている
富士森公園が100周年記念イベント【全国都市緑化八王子フェア】
の会場となっています。

このため、毎年八王子祭りの2週間前に行われいた
八王子花火大会は2017年度に限り、八王子祭りの
一週間前に行われるので注意しましょう。

 

アクセス方法や駐車場の情報は?

八王子花火大会の開催場所は、
富士森公園野球場(ダイワハウススタジアム八王子)です。

最寄り駅は2駅!
・JR「八王子駅」南口
・京王高尾線「山田駅」

いずれも会場までは徒歩15分程度というので
およそ1km程度といったところでしょうか。

また、駐車場がないのでいずれにせよ
公共交通機関で行く事になりますが、

最寄り駅からはそれぞれ会場行きのバスもあるので、
歩きが厳しい場合にはバスで向いましょう。

 

◎ JR「八王子駅(南口)」からバス

・富士森公園経由「法政大学行き」乗車、「野球場前」で下車
・山田駅経由「東京家政学院行き」乗車、「富士森公園」下車

 

◎ JR「西八王子駅」からバス

・富士森公園経由「八王子駅南口行き」乗車、「野球場前」で下車

 

【八王子花火大会会場】



 

八王子の花火は何発あがる?

八王子花火大会2017年では、
一体何発あがるのでしょうか?

現在ではまだ未定ではありますが、
前年2016年はおよそ3.500発あがった様です。

数はそれほどではないものの、
人気のスターマインや仕掛け花火が目玉であり、
目の前で見れるので迫力が違います。

1時間半の間に繰り広げられる花火は屋外球場の
場内で行われ観客席で座ってみられるのも魅力です。

なお、有料席はないので、
席に座って見たい場合は場所取りが必要になります。

Sponsored Link

混雑状況と交通規制

 混雑状況は?

球場の開門が「14時」と花火大会の開催時間よりも
大分早く解放されます。

ギリギリの時間ともなると
かなり混雑することから入場規制の可能性が。

花火大会までかなりの時間があるので
席を確保したら外へ出ようとするのはNG!

途中退場は出来ないので、
入場前に準備は整えておく事がポイント!

なお、屋台なども出ていないので飲物などの確保、
真夏なので熱中症対策も十分行いましょう。

身動きが取れない状況となるのが嫌だな
と思われる場合には球場に入らず、
外から穴場スポットで見る方がよさそうです。

 

交通規制は?

当日花火大会が始まる1時間前である
18:00~21:30の間、
会場周辺の道路では交通規制の実施が予定されています。

会場近くのパーキングに車を停めたといった場合には
帰りがスムーズにならない可能性があるので、
車は駅周辺をチェックして徒歩やバス利用が良さそうです。

Sponsored Link

八王子花火大会の穴場スポットは?

球場で花火を見れば迫力が違うと言われていますが、
花火を見るという目的であれば、
穴場スポットで見るのもおすすめです。


 

地元の方々が教えてくれた穴場スポットとして、

・東京環状線「浅川橋」付近
・ユニクロ八王子台店駐車場
・万葉公園(京王高尾線めじろ台駅)
・富士森公園陸上競技場
・浅間神社

といったところがあがります。

陸上競技場は隣接しており、
浅間神社も公園内なのでかなり近く、
中に入りたかったけど少しでも近くで見たい場合に
おすすめのスポットですがかなり混み合います。

それ以外のスポットの方が会場からやや離れており、
混雑を多少抑えてみれる場所であると考えられます。

中でも「万葉公園」は会場から
およそ2kmも離れた場所。

公園内に小高い丘になっている場所があり、
さらに展望も開けているので花火の上がる姿を楽しむには
最もよい穴場スポットなのではと思います。

花火の楽しみ方は人それぞれ、
好みのスポットで花火大会を楽しみましょう。

 

まとめ

2017年の八王子花火大会は通年とは違い、
1週早い開催なので日程に注意しましょう。

また、会場はかなり混雑しますが、
それもまた夏のイベントの醍醐味でもあります。

少し離れた場所は比較的高い建物が少なく、
花火が打ち上がる「南西」を意識して
場所を選ぶと花火が見やすく混雑を避ける事が出来るといいます。

穴場はまだまだありそうですが、
方角を意識して混雑を避けるなら離れた場所でも
十分楽しめるのでチェックしてみてください。

Sponsored Link