春遅い札幌、GWなどを利用して旅行へ行こうと
計画されている方も多い5月。

ここは北国、本州とは気温の違いがあり、
さらに旅行中ともあれば必要な持ち物などは
用意したいところだと思います。

そこで、今回は札幌の5月の服装を中心に
気候や天気、持ち物などをご紹介したいと思います!

Sponsored Link

札幌の5月の気候

まだまだ寒い

札幌の5月の気温は本州でいうところの
桜の咲く頃の気温です。

つまり札幌でもようやっと桜の開花宣言が出て、
街が春めき長かった冬の終わりを告げる頃なのです。

札幌の5月の平均気温は12度
最高でも17度と本州に比べればまだ肌寒さを感じる季節。

札幌市民からすればこれまでの気候より
過ごしやすくなりますが、それでも半袖では厳しいです。

日中と夜間との気温差は10℃ほど変わり、
夕方15時頃を迎えるとグンと気温が下がり始めます。

 

雨の日は注意

上旬下旬問わず気温の波が安定せず、
温かい日と寒さを感じる日があり、
特に雨が降る日はとても寒さを感じます。

朝は思わずヒーターを付けてしまう
なんて事も少なくありません。

夏や冬といった気温がはっきりしている季節よりも
5月の札幌は服装に困る事があります。

特に5月下旬にはチューリップや
ライラック(リラの花)が咲く事もあり、
この時期の寒さを「リラ冷え」という言葉で表現しています。

札幌の5月は気温が安定せず、
平均気温を下回るなんてこともザラにあるのです。

 

札幌5月の服装は?

アウターは必須

札幌へ5月に向う場合に必要な持ち物は、
冬ほど厚手の物は必要ありません。

とはいっても肌寒さはあるので、
軽いアウターは1枚必須といってよいでしょう。

厚手ではなくてもいいのでこれでも寒さを感じる場合に、
温度を調整しやすいのが薄手のマフラーなど。

スーツケースにしのばせておけば
万が一があっても対応するので便利です。

 

ヒートテックはNGかも

ヒートテックを下に着こんで薄手のシャツで・・・
なんて考える方もいらっしゃるかもしれません。

日中は温かさを感じる事もあり、
日差しの下ではさすがにヒートテックでは汗ばむことも。

そして地下移動などでもすれば
逆に暑くて脱ぎたくなるといったこともあります。

発汗や温度調整の面から言えば、
女性ならば綿素材のキャミソール、
男性ならば半袖Tシャツを着た上から
何かをレイヤードして着こなすのがいいでしょう。

羽織ものとして日中ならばカーディガンなど
ちょっとした羽織ものは必須な時期であると思います。

また、まだまだ肌寒さを感じる季節ですので、
足元は生足にサンダルでは早過ぎです。

Sponsored Link


特に旅行でお越しの場合にはパンプスなどは避け、
スニーカーなど歩きやすいものをおすすめします。

日頃から暑がりさんな方なら、
半袖Tシャツに長袖シャツといった組み合わせでも
程よく過ごせるのは日中くらい。

流石に夕方からは1枚必要になってくると思いますので、
羽織ものは必ず用意しておくことです。

また、この時期でも北海道の電車内や飲食店の中は温度が高め。
やはり簡単に脱ぎ着が出来ないヒートテックは
あまりおすすめしません。

 

蝦夷梅雨

5月の札幌の日照時間の平均は約198時間。
東京の5月の平均日照時間は220時間なので、
東京と比べても大きく天候を崩すといった事はないようです。

ですが、北海道には梅雨はありませんが、
『蝦夷梅雨』なんて言葉もあるくらい雨の日が続く事も。

流石に雨に濡れては思った以上に寒さを感じるので
折りたたみ傘はもちろん、場合によってはレインコートなどを
準備しておくとよいかもしれません。

赤ちゃんや子どもの服装は?

免疫力が弱い赤ちゃんを連れて5月に札幌、
風邪をひいて思わぬ発熱などとなれば、
旅行どころでは無くなってしまいます。

5月の札幌はいわゆる本州でいうところの
「花冷え」なんて言われる頃の季節と思えば想像しやすかも。

桜が咲く頃に冷え込む事がありますが、
それと同様で日中であってもその日1日冷え込むなんてことも。

赤ちゃんや子ども連れの場合にも
大人と同様であり羽織ものは必要といってよいでしょう。

時には肌寒さというよりも「寒さ」として
感じる事もありますので手袋などの防寒具も
荷物に入れて置くといいですね。

ダウンジャケットまでは必要はありませんが、
やはり薄手の物を重ねて着せて、
暑がれば1枚脱がして調整する事をお勧めします。


 

まとめ

まだ寒さが残る5月の札幌、
なかなかこの時期は春らしさを感じる日もありますが、

夕方や夜間、朝の冷え込みは本州の方からすれば
信じられないほど寒さを感じる季節です。

札幌に住んでいても毎日の服装に悩む5月、
旅行で来る方々からしても困る季節といえます。

暖房を付けてしまうこともしばしばある時期、
冬の防寒ほど必要はないとしても、
羽織ものや重ね着が出来るものは用意することが必要です。

また、逆に薄手のものを重ねて来ておけば、
本州へ戻った時に違和感なく帰れると思います。

寒さで体調を崩しては
せっかくの旅行が台無しになってしまいます。

札幌の5月の服装、参考にされて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Link