チャーハンをパラパラに仕上げるのって、いつも上手く来ませんよね。

特にIHクッキングヒーターで作ったチャーハンはいつもべちゃべちゃのチャーハンに。

そんなIHクッキングヒーターでもパラパラのチャーハンが美味しく作れる裏技をご紹介!

『塩麹』または『水』さえあればIHでもガスでもパラパラのチャーハンができちゃいます!

Sponsored Link

チャーハンが美味しくならない原因は『水分』

gohan
先ずご家庭で作るチャーハンが『パラパラ』にならない原因を確認する前に。

昔からよく言われている事は、冷ご飯よりも温めたご飯の方がパラパラで美味しいチャーハンになりやすい。

って、言われませんでしたか?

確かに間違ってはいないようですが、正確に言うと、正解ではありません。

むしろ、冷えたご飯や電子レンジで再加熱したご飯は水分が抜けて、チャーハン自体が美味しく出来上がりません。

美味しいチャーハンを作るには『炊きたて』のご飯を使うのがベストなんです。

炊きたてのご飯を使う事によって、ごはんの水分量が失われず、パサパサのチャーハンになる事を防ぎます。

 

チャーハンがパラパラにならない原因は『デンプン質』

chahan
チャーハンを美味しく作るためのご飯の準備はわかったとして、肝心のチャーハンがパラパラにならない原因は?

チャーハンがパラパらにならない原因はご飯から出る『デンプン質』が原因です。

 

炊きたてのご飯や冷えたご飯でも、米粒同士がくっついていませんか?

 

昔の日本家屋では障子張りに『米糊』を使っていたように、お米はデンプン質を多く含んでいます。

熱で溶けだしたデンプン質がお米同士をくっつけてしまいます。

 

この『糊』でくっついたお米同士を離して上げない事には、パラパラのチャーハンは出来上がりません。

では、どいうやってくっついたお米同士を離すのか・・・。

ここで登場するのが『塩麹』なんです。

 

塩麹でお米の糊を剥がす

実は塩麹には『デンプン質』を分解する作用があります。

もしかしたら、他の料理で塩麹を使って失敗した事はありませんか?
  • お好み焼に塩麹を入れてみたら、お好み焼が固まらない!
  • カレーに塩麹を入れたらスープカレーのようになった!
  • ポテトサラダの隠し味で塩麹を入れたら水っぽくなった!
など、塩麹にはデンプンによる凝固を融解する作用が働くのです。

これをチャーハンに応用すれば、お米同士が離れてパラパラのチャーハンになります!

しかも、麹菌がお米のデンプンを甘味、旨味成分に変えてしまうで、より美味しいチャーハンに仕上がります。

 

パラパラのチャーハンでが出来上がって、しかも美味しい。

正に一石二鳥!

塩麹って凄いですね。

 

続いてはレシピで確認です。

shiokoujiハナマルキ 業務用 液体塩こうじ 500ml

塩麹チャーハンのレシピ

材料:ごはん(茶碗2杯分)、塩麹(液体)、たまご、お好みの具材

 

作り方

1.ご飯に塩麹(液体)大さじ1を入れ混ぜる。

黄金チャーハンを作る場合は塩麹の後にたまごを入れて混ぜるのがいい。

2.フライパンに油を回し入れ、具材を先に炒める。

3.  具材を一度上げ、次に塩麹ご飯を炒める。

4.ご飯がパラパラになったら具材を戻し、味付けをして出来上がり。

 

炊きたてのご飯を使う事で、ふっくらとしたチャーハンに仕上がり、米麹の効果でパラパラになります。

味付けは塩麹で塩味がついているので、普段よりも薄めの味付けを心掛けましょう。

また、塩麹でお米が焦げやくすなっているので、火加減には注意です。

Sponsored Link

塩麹が無い時には

そうは言っても、塩麹がいつもご家庭に準備されていることってそんなにない?

ご安心下さい。

塩麹が無くてもIHクッキングヒーターでパラパラのチャーハンは出来ます!

ここで使うパラパラチャーハンの秘密兵器。

それは『水』です。

以前、テレビ番組の『科学的チャーハン』としてもご紹介されていましたね。

 

原理は塩麹チャーハンと同じで、お米のくっつきの原因である『デンプン質』を取り除いてあげればいいだけです。

水を使って『糊』の効果を弱らせるのが狙いです。

ただ、塩麹とは違い、油も使うので少しだけカロリーが気になってしまうかもしれませんね。

 

水かけ科学的チャーハンのレシピ

材料:ごはん(茶碗2杯分)、たまご、お好みの具材

 

作り方

1.炊きたてのご飯に水をかける。

米粒がばらばらになる程度でOK。ごしごしと洗わない。すし飯を作る要領で。

2.ばらばらになったご飯にサラダ油(適量)をまわし入れ混ぜる。

3.フライパンに油を回し入れ、具材を先に炒める。

3.  具材を一度上げ、次にご飯を炒める。

4.ご飯がパラパラになったら具材を戻し、味付けをして出来上がり。

 

水で糊の効果が弱くなったところに油で米粒一つひとつをコーティングする感じです。

塩麹チャーハンに比べると油の量が若干多くなるので、カロリーが気になる方は塩麹の方がおすすめですね。

また、ご飯にかけた水分が多すぎると、炒めているのではなく『雑炊』になってしまう可能性も。

水分の量には注意しましょう。

そして、IHクッキングヒーターは具材を入れるとすぐに熱が下がってしまうので、必ず、具材とご飯の別々に炒め、最後に混ぜ合わせましょう。

 

みんなの感想

ここでは、塩麹チャーハンを作った方の感想などを見てみましょう。




 

皆さん、色々とアレンジを楽しんでいるようでうすね~。

科学的チャーハンはどんな感想なのでしょうか?




どの画像も米粒がはっきりしていますね。

パラパラ感が見た目でわかります。

 

まとめ

ここまで、IHクックングヒーターでパラパラのチャーハンの作り方をまとめて参りました。

もちろん、IHクッキングヒーターではなく、ガスコンロ、ガステーブルでも再現は可能です。

ガスの方は火力が強いので、具材を一緒に炒めての大丈夫です。

意外と家庭で作る機会の多い『チャーハン』

この裏技を使えば、いつも不評のチャーハンが一転、高評価に変わるかもしれません!

一度ならず、何度もお試し頂き、完璧なチャーハンを完成させて下さい!

Sponsored Link