下町情緒と「寅さん」で人気の葛飾区柴又、
ここで毎年楽しまれている「葛飾花火大会」をご存知ですか?

日中は帝釈天を楽しみ、
夜は江戸川河川敷で打ち上げられる花火を楽しみ、
まるっと柴又界隈を楽しめるのではないでしょうか。

そんな葛飾花火大会2017のアクセスや、
さらに穴場スポットや駐車場についてご紹介します。

Sponsored Link

葛飾花火大会概要

2017年葛飾花火大会日時

江戸の花火は隅田川花火大会が代表的ですが、
江戸川河川敷であげられる葛飾花火大会も注目すべき
”江戸の夏の風物詩”の1つとされています。


2017年の葛飾花火大会の開催日程は、

平成29年7月25日(火曜日)

午後7時20分から午後8時20分となっています。

 

花火の打ち上げ本数は?

2017年の葛飾花火大会の花火打ち上げ本数は、
『13000発』となっています。

約1時間の間に13000発の花火が上がるのはかなりの大迫力。
大迫力の花火をどこで観るかがポイントです。

 

有料観覧席

葛飾花火大会では有料の観覧席を販売しています。
人数や金額は以下の通りです。

2人席(1マス)
  • 金額 7,000円(1マスで2人まで入場可)
4人席(1マス)
  • 金額 10,000円(1マスで4人まで入場可)
グループ席(1マス)
  • 金額 12,000円(1マスで6人まで入場可)
観覧席は先着順にて販売されています。
有料席での観覧をご希望の方は早めの購入をオススメします。

 

観覧席の販売は『チケットぴあ』http://t.pia.jp/又は、
『セブンイレブン』か『ファミリーマート』の
店内端末で購入が可能です。

Sponsored Link

雨天時は?

開催日当日が悪天候であった場合に翌日に順延します。
仮に翌日も天気が回復しない場合にはやも得ず「中止」となります。

あらかじめご了承下さい。

 

葛飾花火大会の打ち上げ場所は?

葛飾の花火が打ち上げられる場所は、
見晴らしのよい江戸川河川敷。

位置としては「葛飾区柴又河川敷野球場」目印です。

野球場らしい建物が建っている訳ではないので
分りにくいとは思いますが、
打ち上げ場所は矢切の渡しよりもやや上流。

北総線を挟んで第2野球場もあったりして
迷いそうな感じもしますが、
江戸川河川敷は見晴らしがよいのでギリギリの時間ではない限り、
移動して見やすい場所を見つけるのもよさそうです。

 

【打ち上げ場所MAP】



 

葛飾花火大会交通規制

交通規制は花火大会当日「PM5:00~PM22:00」まで
葛飾側のみ行われます。

かなり広範囲に渡って行われ、
通行禁止区域は自転車の乗り入れもNGとなっています。

最も会場に近い江戸川土手通りはもちろん、
金町浄水場を挟む柴又街道など広範囲に渡るので注意しましょう。

交通規制MAPは昨年のものですが、交通規制の範囲は
今年も同じとなります。

参考にされて下さい。


 

穴場駐車場は?

江戸川河川敷にも駐車場広場がありますが、
特別花火専用駐車場として解放しているものではありあません。

また花火大会当日は駐車場とし解放はしていません。

出来れば公共交通機関を使って出かけた方がよいですが、
やも得ず車で向う場合には予め駐車場情報をチェックしましょう。

 

大会会場は「柴又側」と「松戸側(千葉)」となるので、
最も人が集まる金町側は大混雑となる事を想定しましょう。

穴場として注目されるのは最寄りの柴又駅ではなく、
反対側の松戸側・北総線「矢切駅」が穴場とさています。

矢切駅周辺の駐車場をチェックするか、
もしくは少し離れた京成金町駅近くのパーキング。

 

又は、数駅離れた駅周辺に車を止め、電車で金町駅へ。
こんな感じで葛飾花火大会を楽しむがおすすめです。

「車で行けますよ!」という確約をしている訳ではないので、
やはり停められないイライラを募らせるよりは、
電車で向った方が無難といったところでしょうか。

また、皆さんが考える事は同じなので、
会場近くに置こうともなればかなり早い時間ではないと困難。

駐車料金もお高くなりそうです・・・。

 

アクセス方法は?

交通機関での会場までのアクセス方法は
葛飾区側と松戸市側からの2つあります。

会場近くで見る場合

京成金町線「柴又駅」徒歩10分ほど

松戸側で見る場合

北総線「矢切駅」矢切河川敷グランドまで徒歩20分ほど

松戸側から行くのであれば電車よりも
車で出かけた方がよいかもしれませんね。

また、河川敷ということもあって、
見晴らしのよい場所です。

打ち上げ場所近くではなく引きで見るというのであれば、
金町駅から河川敷まで向って見るのもよさそう。

駅から河川敷まではどうしても距離がありますが、
混雑を避けて見たい場合にはちょうどいいかもしれません。

Sponsored Link

まとめ

川幅がそこそこあり見晴らしのよい江戸川河川敷で行われる
葛飾花火大会は打ち上げ高度はそれほど高くないと言われています。

あまり離れ過ぎてしまうと見切れてしまう事もあるあかも。

周囲に高い建物はありませんが、
金町駅から柴又駅の間の河川敷、
もしくは少し距離はありますが松戸側の矢切の渡し付近や、
矢切河川敷グランド辺りがおすすめです。

平日に行われるといってもやはり地元の方々や、
地元周辺の人達が集まるので大変賑やか!

下町の雰囲気と人情や人混みもまた、
花火大会の醍醐味として楽しむのも良さそうです。

Sponsored Link