乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央さん。

4月の緊急入院でガンが顎に転移している事が判明しました。

そんな中で退院を決意して自宅療養へ切り替えた小林麻央さん。
これが、終末医療や緩和ケアではとの憶測も。

公開された画像では黄疸も強く出ており、
肝臓や脳への転移も疑われます。

余命7月説が浮上する小林麻央さんの
最新情報はどうなっているのでしょうか?

Sponsored Link

小林麻央さんの最新情報

退院決意は子供との時間

小林麻央さんが退院を決意したとはいえ、
すぐに病状が進行する訳ではありません。

ですが、確実に病魔は身体を
蝕んでいる事は間違いありません。

当然、小林麻央さんご本人がそれを一番
感じているのではないでしょうか。

小林麻央さんが綴る公式ブログ「KOKORO.」

自宅に戻ったあとに更新される内容は
やっぱり子供達が中心。

小林麻央オフィシャルブログ「KOKORO.」

 

月並みのコメントですが、やっぱり子供たちが
一番の特効薬なのは間違いないですよね。

 

退院決意は終末医療と緩和ケア?

小林麻央さんが入退院が繰りかえされる度に、
噂になるのが『終末医療』と『緩和ケア』の話し。

幾度となくこのキーワードが世間を飛び交いましたが、
今回はかなりその確率が高いのかもしれません。

先ず、4月上旬まで食べる事ができていた固形物が
食べれなくなっていること。

自然界であれば固形物が食べれないイコール
即、『死』につながります。

最先端の医療を受けられる人間であっても
『食べない』『噛まない』は衰弱を進めるほかありません。

Sponsored Link


そして、
4月の入院では治療行為が行われていない事です。

4月の入院では抗生剤の投与はありましたが、
ガンそのもを叩くといった抗がん剤の投与はありませんでした。

そして、顎骨にガン転移が発覚してすぐの退院。

万全を誇った小林麻央さんの医療チームも今回ばかりは
今後が厳しいと判断したのでしょうか。

実際に小林麻央さんのお母様も点滴処置の
練習をしていたとの内容がブログでも紹介されています。

 

小林麻央さんの終末医療と緩和ケアの関連記事はこちら

小林麻央の最新余命が6月に!自宅で終末医療と緩和ケアの意味は?

小林麻央の最新余命が6月に!自宅で終末医療と緩和ケアの意味は?
小林麻央さんの病状が様々なで報じられていますね。乳がん公表当時、医師が示したおおよその余命は昨年の6月。生きようという力が、そして家族の存在が奇跡を後押しし...

 

フェントステープ

フェントステープはガンによる強い痛みを抑える麻薬性鎮痛剤。

中~高度のガン患者に処方される痛み止めらしい。

顎の痛みが発症した後、痛み止めは
このフェントステープに切り替えられました。

その後、退院前の5月23日にはフェントステープを増量。

ここまで来るとフェントステープ無しでは
日常生活を送るのが困難な状況と言えます。

この事から、小林麻央さんの退院決意は終末医療、
緩和ケアを了承した現れではないかとの憶測です。

余命7月説は、なんだか現実味を帯びてきているようで
奇跡の日々も短くなってきているのかもしれません。

 

黄疸が強く出ている?

肝臓転移?

小林麻央さんの4月の入院前と5月の退院後の画像を見比べると
皮膚にやや黄色を帯びた感じが。

乳がんの肝臓転移は『骨』『局所』『肺』転移に次いで
多く、小林麻央さんのような進行性の乳がんでは患者の
3分の2が肝がんを患うそうです。

既に、『骨』と『肺』への転移が認められている
小林麻央さんの身体。

もしかすると、顎の転移の他に
肝臓への転移があるのかもしれません。

 

脳転移の可能性は?

脳への転移はかなりの確率であるようです。

小林麻央さんの場合は既に顎への転移があるので
ほど近い『脳』への転移が気になります。

肺や肝臓への転移が認められれば
脳転移を疑う必要もあります。

ただ、乳がんの脳転移は生命の危険に
すぐに関わる事は少ないとされています。

現在の小林麻央さんの状況は、
先ず痛みのケアが最優先。

自覚症状がなければ、
伏せておくといった感じでしょうか。

 

『小林麻央さん』ガンとの闘病記録

ここでは、小林麻央さんがガンを公表してから
現在までを簡単にまとめてみました。

既に乳がん発症から2年以上経過している小林麻央さん。

今後も奇跡を綴る事が出来る事を願うばかりです。

Sponsored Link

2014年乳がん発覚~

・2014年10月 乳がんが発覚

・2016年6月 夫、市川海老蔵さんが乳がんを公表
⇒かなり深刻であること公言しました。

・2016年不明 小林麻央さん自身がブログで乳がんが
       『ステージ4』であることを公表。

・2016年9月 小林麻央さんオフィシャルブログ
       『KOKORO.』を開設。

・2016年10月 乳がんの一部切除手術を受ける。

・2016年12月 放射線治療が一旦終了

・2017年1月 数年ぶりのテレビ出演

・2017年1月 放射線治療を再開

・2017年1月 退院

・2017年4月 再入院
⇒治療行為は行われず?

・2017年5月 顎骨?に転移が判明
⇒痛み止めだけの対応?

・2017年5月 退院
⇒終末医療、緩和ケアへ移行?

 

まとめ

今回は小林麻央さんの退院決意に至る状況を
現状を踏まえ、掘り下げてまとめてみました。

小林麻央さんの回復を願わない人が
多くいるとは思いませんが、
現実はやっぱり厳しいのかなと。

記憶や肌の感覚が残るうちに
子供達との時間を沢山設けて頂きたい。

そう願うばかりです。

Sponsored Link