画像元:http://www.jet.ne.jp/

今回は、一目千本桜の見どころや駐車場とアクセス方法など
ご紹介したいと思います。

春といえば桜の開花、日本には多くの桜の名所があります。
今回ご紹介するのは宮城県にある『白石川堤一目千本桜』

蔵王連峰と白石川という背景に開催される、
『おおがわら桜まつり』と『しばた桜まつり』。

そんな桜と雪のコントラストが美しいお祭りに、
今年はちょっと遠出して桜の名所に訪れてみませんか?

Sponsored Link

白石川堤一目千本桜

一目千本桜の見どころは?

読み方は?

『一目千本桜』とはどんな桜なのか?
これは桜の品種や種類などではなく、

宮城県大川原町から柴田町までの全長8kmを、
白石川に沿って先並ぶ桜並木を差して言われる名所です。


その桜の数はおよそ1200本。
ほとんどの桜が樹齢80年を超えており、
種類もソメイヨシノ以外にシロヤマザクラや八重桜、
センダイヨシノといったいくつかの種類が咲き誇ります。

日本の『さくらの名所100選』にも選ばれている『白石川堤一目千本桜』

最大の見どころはと言えば、やっぱり『桜』です。

JR東北本線『船岡駅』からほど近い『さくら歩道橋』から見る景色は絶景の一言。
一目千本を体現できる一番のビュースポットです。


 
また、歴史を感じなら一目千本桜を眺めて見るのもいいかもしれません。
同じくJR東北本線『船岡駅』からは少し離れた高台にそびえる『船岡城』

船岡城址公園内にも桜が沢山咲き誇ります。
桜トンネルをくぐり抜けて走る『スロープカー』


船岡城址公園山頂から見る白石川堤の桜は絶景です。
『おおかわら桜まつり』と同じくして『船岡城址公園桜まつり』
も開催され白石川周辺は桜一色となります。




 
しばたの桜 | 柴田町観光物産協会
日本さくら名所百選の地である柴田町。 船岡城址や白石川堤をはじめ、街や里山など、至る所に桜が見られます。 “桜

 

一目千本桜由来

その由来は大正時代、
地元の実業家であり名旅館の子息であった
高山開治郎氏が事業の功績が認められた後、
故郷の白石川堤に桜の植樹を行った事から始まったとされています。

その名旅館は高山開治郎氏の父の他界と同時に廃業。
高山開治郎は15歳の若さで上京します。

粉骨のごとく働いた開治郎は「東京商機新聞」「東京美術館」「日本林業」
といった会社を次々に設立し実業家として大成功を収めます。

そんな折、白石川の改修工事が終わるのを伝え聴いた開治郎。
自分の故郷に『心に残るものを残したい』
そんな思いで700本の桜の苗木を植樹したそうです。

更に、昭和2年には500本の桜を追加植樹し、
現在の一目千本桜に。

最初の桜の植樹が行われたのが大正12年のこと。

ソメイヨシノの寿命が60年~70年という事を考えると、
植樹から90年以上も経っているいも関わらず、
今も尚、満開の花を咲かせるのは何だか不思議な気もしますね。

 

毎年の桜の開花予想は?

桜前線の北上はその年の冬の気温によって変化します。
ですので、桜の開花については年ごとに違いがあります。

この辺の事はどなたでもご存じですね。

毎年一目千本桜の開花と合わせて
『おおかわら桜まつり』が行われているのが
「4月中旬~下旬」といったところです。

しかし、近年の桜の開花は4月の上旬と早めの開花。
もしかすると平年よりも1週間程度早く開花するかもしれませんね。

『おおがわら桜まつり』は約2週間の開催期間を設けています。
桜の開花前後から満開時期を過ぎるくらいまで楽しめるお祭りです。

Sponsored Link


一目千本桜のアクセスと駐車場

一目千本桜を観に行こう!と漠然としておりますが、
具体的なアクセス方法が解らなければ、
出掛ける事を躊躇してしまうところだと思います。

一目千本桜の場所やアクセス方法においては、
以下にまとめてみました。

 

◎ 一目千本桜 場所

『おおがわ桜まつり』
・宮城県柴田郡大河原町



『しばた桜まつり』
・宮城県柴田郡柴田町



 

◎ アクセス方法

電車:JR東北本線『大河原駅』又は『船岡駅』
車:東北自動車道「白石IC 約15分」「村田IC 約20分」

 

◎ 駐車場

河川敷駐車場:約150台 料金無料
河川敷臨時駐車場:約500台 料金500円※普通車のみ

駐車場の詳細はガイドマップでご確認下さい。

河川敷駐車場の他、民間駐車場もございます。
混雑時には河川敷周辺の駐車場のご利用をお願いします。

 

大河原町マップ

 

柴田町マップ


 
毎年4月上旬~下旬まで白石川右岸河川敷公園各会場では、
「おおがわら桜まつり」「しばた桜まつり」を開催しており、
この期間は特に地元の方から遠くからの環境客が集まり、
とても賑やかになります。

お祭り期間中は千本桜がライトアップされ、
夜桜の美しさも楽しめます。
ライトアップの時間は18:00~21:00まで。

お酒類の販売や売店もあり、
公衆トイレの設置もあるので安心して楽しむ事ができます。

トイレの場所は上記のマップでご確認下さい。

 

一目千本桜の撮影ポイントは?

一目千本桜の美しさをぜひカメラで抑えておきたい!
カメラが趣味である方ならば尚更だと思います。

歩いている間にも自分の「あ、ここだ!」と思うところを
抑えてゆくのもよいと思いますが、

行き慣れている方々からの情報もポイントに抑えておくと
より美しい情景を抑える事が出来ると思います。

ほどよい大河原駅~船岡駅の間のおよそ3.6kmのコースを
ピンポイントに素敵な撮影ポイントをチェックしてみました。

どちらの駅からスタートしても辿り着ける場所なので、
チェックしてみてください。

画像元:http://kura1.photozou

 

◎ さくら歩道橋

こちらは最初にご紹介した船岡駅からすぐの白石川に掛かる歩道橋。
この歩道橋から白石川上流に向けての長めは、
桜並木が遠く延々と続いている事がわかる撮影ポイントです。

 

◎ 川端取水場周辺

大木の桜が魅力的なスポットであり、
雰囲気や面持ちのある桜が並ぶとされています。

 

◎ 韮神堰

遠くを望む蔵王連山と桜並木と白石川のコントラストが素晴らしい場所で、
写真愛好家さんたちも一目置くスポットです。

天気が悪いと雲で蔵王連山が隠れてしまいますが、
天気に恵まれればその眺望は素晴らしい絶景スポットです。

 

◎ しばた千桜橋

白石川堤と船岡城址公園を結ぶ橋で、
いずれも観光スポットである場所でありながら、
それまでは行き来に不便であった場所に橋が出来、
両側から咲く桜も必見であるという近年の絶景ポイントとされています。

あくまでも個人的視点です(汗)

自分のお気に入りスポットを見つけながら
桜並木をお散歩するのもまた毎年の楽しみに
繋げる事が出来るのではないでしょうか。

 

まとめ

一目千本桜は数種類の桜が並ぶ宮城のお花見スポットであり、
「日本さくら名所100選」に選定されています。

一目千本桜とセットで人気のある船岡城址公園もまた
桜の名所でありアクセスがしやすくなった点でもより訪れる方が増え、
桜を堪能出来る場所となっている様です。

千本余りのたくさんの桜達を愛でてみませんか?
春の観光スポットにぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link