日本には桜の名所が各地に点在していますが、
2017年の桜の見頃も気になるところ。

そのお花見の名称でもある、
大阪造幣局はご存知ですか?

通称「桜の通り抜け」といい、
地元の方々はもちろん観光客にも人気のスポットです。

そんな大阪造幣局の「桜の通り抜け」における
見頃の時期や解放時間、アクセス方法のほか、
屋台情報などもご紹介したいと思います。

Sponsored Link

造幣局の桜の通り抜け

開催時期は?

大阪造幣局の桜の通り抜けの開催は例年通りあれば、
4月の上旬に開催されます。

2016年の桜の通り抜けは4月8日~14日の日程で開催されました。

毎年、桜の開花を予測して、3月の中旬に造幣局の
ホームページで発表されます。

桜の開花のはその年の冬や春先の気温によってかわります。

ですので、開催時期はその年、その年で変化します。

それでは、過去の開催期間を見てみましょう。


桜の通り抜け過去の開催期間

【平成24年】4月17日(火曜日)~4月23日(木曜日)

【平成25年】4月16日(火曜日)~4月22日(月曜日)

【平成26年】4月11日(金曜日)~4月17日(木曜日)

【平成27年】4月9日(木曜日)~4月15日(水曜日)

【平成28年】4月8日(金曜日)~4月14日(木曜日)

こうやって見ると、何だか大阪造幣局の
桜の開花の時期が少し遅いような気がしませんか?

そうなんです。
大阪造幣局の桜は『八重桜』がメイン。

私達がよく知る『ソメイヨシノ』よりも開花の時期がやや遅く、
見頃の時期は4月になってから。

もちろん『八重桜』の他にもおよそ130種の桜が植樹されていますので、
色々な桜を楽しむ事ができます。

 

桜の通り抜け解放時間は?

大阪造幣局桜の通り抜けの解放時間は以下の通りです。

平日は午前中10:00~午後21:00まで、
土日は午前9:00~午後21:00まで。

日没ともなるとぼんぼりに灯りが付き、
桜がライトアップされます。

ですので、夜桜も楽しむ事ができ、お仕事帰りに寄る事もできますね。

開催期間に週末が1回のみという事もあり、
開催期間中の土日は昼夜問わず、かなりの混雑ぶり。

可能であれば平日のお花見をおすすめします。

Sponsored Link

特別観覧席

出来るだけ混雑を避けたいお年寄りや
身体の不自由な方には「特別観桜会」という催しを
行っています。

この情報も造幣局にて行われているものですが、
3月10日前後より発表しているもので、

ゆっくりと桜を満喫していただくという事を趣旨に、
昨年では桜の通り抜けの初日の午前中に行われている様です。

申込においては往復はがきでのみの受付で、
年齢65歳以上の方と身体の不自由な方のみ。

ご本人と介添人(必要最小限のみ)、
施設での申込の場合には介添人を含めておよそ20人程度まで。

原則としては大阪府在住の方を対象とし、
申込が多い場合には抽選になる様です。

 

屋台(夜店)が人気

大川沿いにずらり!

大阪造幣局の桜の通り抜けの名物となっているのが、
『屋台(夜店)』です。

大阪造幣局内は飲食厳禁なので、もちろん屋台はありません。
ひと通り桜を鑑賞したら、大川沿いに足を運びましょう!

イメージ画像
 
店舗数も多くて桜を見に来たはずが、
屋台巡りになってしまった!という声もあがるほどです。

期間限定ということもあり混雑の状況もかなり凄い!!

やはり金曜日の夜や土日は混み合いますので、
平日の日中などの方が比較的ゆっくり楽しめるかもしれません。

 

トイレは?

桜の通り抜けへでかけてみたけれど、
困るのは「トイレ」ではないでしょうか。

桜の通り抜けの距離はおよそ560mと
それほど長い距離ではないものの、
お子さんなどはいつトイレに行きたがるかわかりません。

桜を見る前に様子を見て、
入口でトイレに行っておくと後はゆっくり見る事が出来、
安心できるのではとも思います。

もちろんトイレは設置されており、
通り抜けの入口と出口の2箇所に設置してあります。

屋台会場にも仮設のトイレが数ヶ所設置されていますが、
衛生状態は決していいと言えるものではありせん。

可能であれば、トイレは事前に済ませ、
屋台ではお酒やなどを飲み過ぎないようにするといいですね。

 

アクセス方法

造幣局は旧淀川沿いに位置し、
「桜宮橋」「川崎橋」「天満橋」といった橋で往復や、
3つの沿線の駅よりアクセスすることが出来ます。
 

電車で行く場合

1⃣ 地下鉄谷町線・京阪本線「天満駅」→京阪東口「2号出口」より徒歩約15分

2⃣ JR東西線「大阪天満宮駅」→「2号出口」より徒歩約15分

3⃣JR東西線「大阪城北詰駅」→「3号出口」より徒歩約15分

どの駅を利用しても徒歩の所要時間は大きくかわりません。

ですが、南門から造幣局に入ることを考えると、
1⃣の『天満駅』か3⃣の『大阪城北詰駅』】がいいでしょう。

 
アクセスマップ




駐車場はある?

では、車の場合はどうしたらよいのでしょうか?

造幣局には残念ながら駐車場がありません。

その為、造幣局では混雑を防ぐなどといった観点から、
公共交通機関の利用を推奨しています。

期間中には周辺の交通規制も行われ、
昨年平成28年度においても造幣局の西門側、
天満橋付近において通行禁止が行われていました。

車以外にも歩行者も造幣局南門(天満橋方面)から
北門(桜宮橋方面)へと一方通行となります。

詳しい交通規制においては造幣局公式ホームページに
アップされるのでチェックしておくことをお勧めします。



 

造幣局の桜の通り抜け、期間外は?

造幣局というと桜の通り抜け期間ではないと思われがちですが、
「造幣博物館」という施設があり、
見学することが出来るのはご存知でしょうか。

特に予約は不要であり、
平日は正門詰所、土日祝は北門詰所にて見学手続きを行い、
入館料も無料で見学することが出来ます。

造幣局の歴史や貨幣や勲章などの製造技術、
ほか様々な体験をすることが出来ます。

金塊や銀塊の実物を見る事ができたり、
もちろん貨幣の歴史を学ぶ事が出来るスポットです。

残念ながら桜の通り抜けの道においては、
期間外は解放されていないので、
貴重なスポットであると思います。

期間限定の造幣局の桜の通り抜け、
桜の時期以外にも楽しめるので、
ぜひチェックしてみてください。

 

まとめ

毎年の詳しい情報においては、
造幣局ホームページにて紹介されるものですが、
期間においてはほぼ一定を保って開催されている様です。

距離も短くさらに混雑を考え、
なかなかゆっくり見る事が出来ない方々については、
優先されている日があるので、
そうした日をうまく利用するのもよい方法であると思います。

桜以外にも春の花々も咲き目に楽しい
「造幣局の桜の通り抜け」ぜひお出かけしてみてください!

Sponsored Link