「CKD」慢性腎臓病を皆さんご存知ですか?実は、日本の国民(成人)8人に1人が患っている国民病なんです。

病気は早期発見とその予防が大切。病気に気をつけていれば最悪の事態は免れますしね。

今回は慢性腎臓病の予防に最適なオルニチンの効果と、早期発見のためのポイントをまとめてみました。

Sponsored Link




 

CKD慢性腎臓病

国民病って?

 

日本の国民病と言えば、「ガン」「糖尿病」「花粉症」「生活習慣病」などよく耳にするものが思い浮かびます。

でも、この「慢性腎臓病」いわゆる腎臓疾患も日本の国民病としてとらえられているんです。

腎臓の疾患を抱えている患者さんは日本全国で1300万人以上いるのをご存知でしたか。

もしかしたら、あなたもその予備軍かもしれませよ。

 

腎臓疾患

腎臓の働きは体の「ろ過」機能を担う臓器です。

「ろ過」ですが、皆さんが小学校の頃んに理科の実験などで使いませんでしたか?ろ紙?

ろ紙

普段の生活でろ過する身近なものと言えば、コーヒーやお茶を入れる時に使われる、コーヒーペーパーや茶こしをイメージしていただければOKです。

腎臓は身体(血液)に残った老廃物(身体に必要なくなった塩分など)をろ過してくれてます。

そして、腎臓でろ過した老廃物を排尿というかたちで体の外へ出してくれます。

腎臓機能が落ち、血圧の調整、血液製造ホルモンの調整、ビタミンDの生成などが滞るなどすると腎臓疾患として診断されます。

 

 

腎臓病になると

 

腎臓病になると、身体のろ過機能が著しく低下してしまいます。

ろ過機能が低下すると、私達の身体はどうなるのか?

 

腎臓機能

 

図を見て頂ければわかる通り、腎臓機能が低下すると、排尿機能が低下するために老廃物や体内水分が増加して行きます。

その結果、血圧の上昇を招き、高血圧症を引き起こすといった症状が出てきます。

高血圧になると腎臓が血液を処理する量が増えます。

なので腎臓は更に活動しなくてはなりません。

既に弱っている腎臓を更に働かせる。これが腎臓へのダメージを増幅させる悪循環になって行くのです。

 

 

慢性腎臓病の早期発見法

排尿

 

様々な病気で身体から出る排泄物の変化で症状に気付く事が多くあります。

この腎臓病もその一つ。

尿の色が、赤ワインやコーラのような色をしている場合はすぐに医療機関を受診する事をおすすめします。

また、排尿後にきめ細かく泡立つ、少し甘い匂いがするなども腎臓疾患を疑う症状ですので、この場合も医療機関を受診しましょう。

 

トイレimages

 

 

腰回りの痛み

 

腎臓疾患を患うと、腰回りが重かったり、痛みを発したりします。

時には激痛を伴う痛みを生じる事もあったりするそうです。

少しいつもと様子が違うと感じたら、この場合も医療機関を受診しましょう。

 

back pain

 

 

夜間尿

 

普段、就寝して朝までトイレに行かなかったのに、ここ最近トイレで目を覚ます回数が増えた。

そんな方も要注意です。

腎臓疾患を患うと一時的に尿の量が増えるため、夜間、トイレに行く回数が増えてきます。

最近、トイレの回数は増えたと感じる方は要注意です。

 

Moon_at_night

 

 

むくみ

 

腎臓疾患を患うと体内の水分量が増えるため、全身にむくみの症状が出てきます。

症状が進むと、顔がパンパンに膨れ上がったり、体重が急に3~5kgも増えるなど、明らかに以上と思える症状が出ます。

少しでもおかしいと感じたらすぐに医療機関を受診しましょう。

 

mouse

 

 

その他

 

これは腎臓疾患に限った症状ではありませんが、貧血や、倦怠感、息切れなどの症状も腎臓疾患を疑うべき症状のひとつ。

「いつもより症状がキツイ」「急に症状が現れた」など体調に変化が見えたらなるべく早く医療機関を受診しましょう。

 

 

 

定期健康診断

 

最低でも1年一回は定期健康診断を受診しましょう。

基本的な健康診断の尿検査と血液検査で腎臓の状態が分かります。

健康診断を受診された際は、「尿たんぱく」と「血清クレアチニン値」を注意しましょう。

既に、血清クレアチニン値がわかっている方はこちらの 腎臓の働きを調べる eGFRの測定 をやってみて下さい。

年齢、性別、血清クレアチニン値を入力するだけで、腎臓状態がチェックできますよ。

LinkSite  http://www.kyowa-kirin.co.jp/

 

 

地域別人口透析比率

 

腎臓疾患に関して地域差はどうなのかと思い、情報を集めていたら、こんなものがありました。

これは、人口10万に対する腎臓疾患による人工透析患者数の割合を示したものです。

透析患者数

数値は2010年の物ですが、透析患者数が多い県を見てみると、九州、四国地方が上位を占めています。

はっきりとした因果関係は分かっていませんが、生活習慣や食事に関しての関連があるのでしょうか。

いずれにしても、この地域にお住まいで、生活習慣が少し荒れ気味の方は、腎臓疾患には十分にご注意ください。

 

 

慢性腎臓病の予防には

生活習慣病予防と同じ

 

慢性腎臓病の予防には、生活習慣病を予防するのと同じ事をすれば大丈夫です。

喫煙、過度の飲酒、暴飲暴食、不規則な生活、ストレスを溜めないなど、普段の生活を見直していく事が最も重要です。

 

オルニチン

 

腎臓にいい食品として挙げられるのが、「シジミ」ですね。

二日酔いに効く事はよく知られていますが、実は腎臓にもいいんだそうです。

そのシジミ成分を豊富に含んだサプリメントがこれです。

 

協和発酵バイオ オルニチン 

 

 

ノコギリヤシ

 

ノコギヤシエキスが血清クレアチニン値を抑制してくれて腎臓の機能をサポートしてくれます。

そのノコギリヤシエキスを豊富に含んだサプリメントがこちら。

 

小林製薬のノコギリヤシEX

ノコギリヤシ

 

そして、ノコギリヤシEXより更にノコギリヤシエキス含有量が豊富なのがこちらのサプリメントです。

 

クレアギニンEX / 健幸生活研究社

クレアギニン

 

 

腎臓の数値が気になる方、CKD慢性腎臓病に不安を感じている方はチェックされてみてはいかがでしょうか。

 

手軽で安価なサプリメントを上手に利用して腎臓を常に健康な状態に保つ事。

それが、腎臓病予防の近道かもしれませんね。

 

 

まとめ

 

駆け足で「CKD慢性腎臓病」の早期発見法と予防のポイントを見てまいりました。

先ずは、身体の異変や異常を感じたら我慢や後回しにする事なく、すぐに医療機関を受診する。

そして、日頃の生活習慣を見直して、健康的な生活を送るように心がける事も大切です。

Sponsored Link