nihonnTV

今日、日本テレビ朝の情報番組「スッキリ!!」に出演したタレントのはなわさんが前田さんの不整脈について語りました。

何とも衝撃なお話しです。

昨日4月26日に虚血性心不全でこの世を去った前田健さん。

その内容はとは。

 

Sponsored Link

 

来月手術の予定

はなわのお話し

 

今日「スッキリ!!」出演したはなわは前田健さんについてこんな事を語った。
「マエケンさんは不整脈を持っていて、激しく動くと症状が出てしまうので、話をしたり、休憩を入れながら、気を付けてはいました。不整脈の手術は来月あたりにする予定だったんです。しようと思っていると聞いていたので、絶対にした方がいいと伝えていました。もうちょっと早ければなと思いました」
これを聴くと前田健さんご本人も不整脈の持病についてはかなり深刻だと捉えていたよう。

 

参考LINK



 

ロンドンハーツの収録

ここまで自覚していながら、なぜ、ロンドンハーツの運動系のオファーを受けてしまったのかが不思議でならないが、芸能界で生き抜くためには命を賭しても仕事をこなさなければならないのか。

と素人ながらに思ってしまった。

自分から言わなければわからない事なのかもしれないが、撮影中に体調を崩し医務室へ行ったのならば制作サイドが出演を止めるべきであったと思うほうが一般的な考え方ではないかな。

 

おそらくは、このロンハーの芸能人スポーツテストはお蔵入りになる公算がたかいのかな?

前田健さんの出演部分をカットして放送できたら大した度胸だと思うけど。

 

 

 

はなわと前田健

芸人の道をともに歩む

 

2人の出会いは20年以上も前の事だそうだ。

当時、はなわが18歳、前田健が23歳。

佐賀県から状況したばかりのはなわを兄弟のようにかわいがり「悩み」「喜び」「夢」を共有する家族みたいな存在であったそう。

つい一週間前も単独ライブ開催について朝まで語り合ったというエピソードを語っている。

 

以下、はなわオフィシャルブログから抜粋

当時を振り返ると、お互い貧乏で、いつもファミレスでコーヒー一杯だけ注文し、朝までネタ作りをしました。

素晴らしい本や映画や舞台など、無知な僕にたくさんの名作と知恵を教えてくれました。

だから、僕の「佐賀県」の歌のヒットを一番喜んでくれたのがまえけんさんでした。

僕の嫁ともすごく仲良くしてくれて、僕が家に帰れないほど忙しくなった時、いつも家に来てくれて僕の代わりに子守りや買い物を手伝ってくれました。

相談もたくさんしました。

嫁とケンカした時、仲裁してくれた事もありました。

風男塾の振り付けをして欲しいとお願いした時も、あややのモノマネとまえけんトランスで大ブレイクし、かなり忙しかったにも関わらず「もちろんいいよー!」と二つ返事で答えてくれました。

ブログの内容を見てもはなわ自身も憔悴している感じが読み取れます。

参考LINK

はなわオフィシャルブログ「HANAWA LIFE」Powered by Ameba
はなわさんのブログ「はなわオフィシャルブログ「HANAWA LIFE」Powered by Ameba」です。最新記事は「まえけんさん。」です。


 

 

芸能界から

 

芸能界からは色々な方からお悔やみのメッセージが寄せられています。

松浦あやさんもブレイクの後押しをしてくれた前田健さんへのメッセ―ジを発表しています。

また、直前の収録番組「ロンドンハーツ」のMC田村淳さんのコメントは発表。

田村さんご本人が悪い訳ではありませんが、勇気のあるコメント発表だと思います。
「亡くなる前にロンドンハーツの収録で一緒でした…楽しそうで、元気そうに見えたのですが…この日もマエケンさんは、すごく面白かったです。お腹を抱えて笑わされました」「その芸人の姿がもう見れないなんて、残念すぎます…」と悲痛な心境をつぶや、「マエケンさん 今まで沢山の笑いをありがとう」
と結んでいます。

参考LINK

ロンブー淳、前田健さん追悼
 タレントの前田健さん(享年44)の突然の訃報をうけ、倒れた当日の収録番組で共演していたロンドンブーツ1号2号の田村淳が26日、自身のツイッターで追悼の意を伝えた...


 

唯々、不整脈の手術をもう少し早く受けていていたら・・・

 

前田健さんのお悔みを申し上げます。

Sponsored Link