maki kurouto

俳優の真木蔵人さんが逮捕されましたね。

今回は交際女性への傷害容疑という事です。

数々の女性との浮名を流し、そのたびに暴行などの噂が絶えない真木蔵人さん。

今回は真木蔵人容疑者の過去をまとめ。

 

Sponsored Link


 交際相手

事件の交際相手は?

今回、逮捕のきっかけとされる事件の暴行相手。

20代前半の女性。どうやら芸能関係の方ではないよう。

女性の詳しい素性はわかっていないので一般人と見ていいでしょう。

 

事件は女性が真木蔵人容疑医の自宅で携帯電話を操作していたところ真木さんに「蹴られた」というもの。

過去、幾多の暴行事件を起こしてきた真木蔵人容疑者。

そんな真木蔵人容疑者からすれば「蹴る」なんてのは暴行に当たらないのでしょうね。

実際、本には容疑を否認しているようです。

 

 

元妻はHARUKO

haruko yamada

真木蔵人の元妻はモデルの山田明子さん。

現在は芸名の「HARUKO」として活躍中。

2003年に真木蔵人容疑者と結婚。

その後、1女を授かるも2012年離婚しています。

 

この時の離婚原因も真木蔵人容疑者の度重なるDVと浮気であったとか。

 

真木容疑者の浮気をうかがわせるTwitteのつぶやきの一文がこちら。
「私が一番嫌いな感情。愛しているひとに裏切られた時。そんなん素敵な言葉じゃだめだ。単に、浮気された時。こんな辛い気持ちはないよね。何回経験しても消えたくなる。消したくなる。そんなことしないけど」(7月1日のHARUKOのTwitterより)
この1か月後に離婚しています。

 

HARUKOオフィシャルブログ「ママは海女(サーファー)」Powered by Ameba
HARUKOさんのブログ「HARUKOオフィシャルブログ「ママは海女(サーファー)」Powered by Ameba」です。最新記事は「1日に何回も着替えちゃうのが好き」です。


 

 

クリスティーナ・アディソン

93年にアメリカ人モデルのクリスティーナ・アディソンさんと婚約を発表。

その後クリスティーナ・アディソンの妊娠が分かると真木容疑者の態度が一変。

度重なるDVに加え、「旅行に行きたい、もっと遊びたい」などと言った自身の都合を並べて堕胎を迫ったのだという。

 

こうした事から、クリスティーナ・アディソンさん真木容疑者との決別を決意しアメリカへ帰ってしまいます。

 

その後に生まれた男の子は現在「NOAH」のお名前で芸能活動中。

 

 

鬼塚ちひろ

こちらは、元妻の山田明子さんとの離婚原因の一つではないかと噂になったお一人。

鬼塚ちひろさん。

真木容疑者が離婚した2012年前ごろから鬼塚さんの奇行ぶりは話題になっていましたね。

和田アキ子さんバッシングであったり、タトゥーを施したとか。

奇行に真木容疑者が関係しているか定かではありませんが、当時、真木容疑者の不倫相手としてかなり有力視されていたのは事実。

chihiro onituka

今はどうなされているのでしょうかね。だいぶ変わってしまって・・・。

詳しくは公式ホームページで。



 

 

宮沢りえ

こちらの事実関係は全く証明されていませんが・・・。

若かりし頃の真木容疑者がドラマで共演した宮沢りえさんとの肉体関係をそこら中に言ってまわっていたいう話。

 

美人好きで性欲も強そうな真木容疑者ですからまんざら嘘でもなさそうですが、こればっかりは噂として捉えるしかありません。

 

共演ドラマ「いつも誰かに恋してるッ」の動画はこちら。



 

 

真木蔵人事件

2003年5月

元妻や交際相手の暴力に関する情報はお伝えして行きましたが、真木容疑者の暴力はなんと一般人にも及びます。

東京都内でお店で知り合った男性2人から頼まれカメラ付き携帯電話での撮影に応を了承。

しかし男性らのしつこい態度に真木がキレ、植え込みに押し倒し暴行したという事件が。

暴行された男性達は警察へ被害届を提出。

真木側も「芸能人だからってふざけるな」と言われ暴行を受け、シャツが破られたとして、こちらも被害届を提出 。

 

 

くすり

過去に薬物での逮捕歴が・・?

と、お思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

暴行や女性関係、そしてご自身の悪態などメディアを騒がせる事に事欠かなった真木容疑者ですが、薬物での逮捕歴はありません。

 

お騒がせ芸能人ですのでレッテルを貼られがちですが、この辺は操を守った感じです。

 

 

まとめ

今回は交際相手への暴行容疑で逮捕された真木蔵人容疑者の過去まとめでした。

天性のキレやすさを持つ真木容疑者。

年を重ねても「天性」と言うのは治らないものなんですね。

過去の経験を振り返れば、暴力になんの得もなく唯々、煩わしい事が起きるという事はご本人も認識はしているはず。

それでも、暴力でしか自己表現が出来ないとなれば、これは「天性」としか言いようがありません。

 

人は持って生まれたものを変える事はできないって事でしょうか。