jimmy2

 

ジミー大西さんは、現在画家として活動をしている元お笑い芸人さん。

画家に転身したジミー大西さんの絵画の値段や嫁の存在が少し気になりますね。

そしてジミー大西さん自体がどういう方だったのか、その過去も気になります。

今回はジミー大西さんついて少し調査してみました。

 

Sponsored Link


 ジミー大西

ジミー大西って?

明石家さんまとジミー大西による掛け合い【ジミーちゃん、やってる~】【やってる、やってる】がお茶の間にウケてブレイク。

笑っていいともに単独出演を果たすほどの人気ぶりを見せていました。

その後は、自身が描く絵画が巨匠「岡本太郎」に認めれ画家へ転身。

そんなジミー大西さんも現在52歳に。

 



 

明石家さんま

ジミー大西さんが売れるきっかけとなったのが明石家さんまさんの存在。

ジミー大西さんに取っては切っても切れない存在のはず。

吉本興業でさんまの付き人をしていたジミー大西を、ただ面白いという理由でテレビに担ぎ上げたのが、明石家さんまさん。

「絶対に売れない」と吉本興業からも捨て印を押されていたジミー大西を表舞台に引き上げた明石家さんまの実力はやっぱり凄い!

 

画家として

現在は画家として活動をしているジミー大西さん。

ではジミー大西さんが描く絵画はどのような作品なのかが気になります。

jimmy

出典:http://laughy.jp/

色彩豊かな絵を描くのが特徴的。

そのお値段は100万円~200万円とも言われています。

2005年には初物ワインとして有名な「ボジョレーヌーボ」のラベルデザインも手掛けているんですね~。

凄い!

jimmy wine


逸話

嗅覚が凄い

警察犬に勝るとも劣らずの凄い嗅覚をお持ちのジミー大西さん。

テレビ番組では、複数の女性が体に当てたハンカチをジミー大西さんの前に並べ、そのハンカチの匀を嗅いで女性を特定するという企画。

この企画でジミー大西さんは一つも間違えることなく、ハンカチと女性を当ててしまうミラクル。

 

その後も、警察犬と嗅覚勝負をして勝利しまうなど、人間とは思えない嗅覚を披露。

警察サイドから放送を自粛してくれるよう要請があった事を明石家さんまさんが後談で語っています。

 

サヴァン症候群

数々の逸話を持っているジミー大西さんですが、実は障害が原因ではないかと噂されています。

「サヴァン症候群」

一見すると発達障害のように見えるこの症状ですが、ある特定の分野に関しては驚異的な能力を発揮される事で知られているそうです。

例えば、計算は出来ないけど、何年も先の日付を指定するとピタリと第何週の何曜日と答えられたり、上手におしゃべりっが出来なけど辞書を丸暗記しているなど。

einstein

特定はされていませんが、サヴァン症候群ではなかったのでは?と言われているのが、切り絵画家の「山下清さん」や物理学者の「アインシュタイン」など昔、特定の分野で異様な能力を発揮されている方は実は・・・。と言われています。

 

ジミー大西さんのそうなのでしょうか?

 

天然ボケ

今ではよく使われている「天然ボケ」というフレーズ。

実は言葉の発祥のきっかけがジミー大西さんだったって知ってました?

 

あまりにも噛み合わなトークに「萩本欽一」さんが、これが意図的なボケだったら天才的だ。と発言。

しかし、後日にジミー大西と話しをした欽ちゃんは「天然だったね・・」と言ったことから「天然ボケ」というフレーズが産れたとか。

 

 

奥様は?

元マネージャー

こんなジミー大西さんですが、しっかりとご結婚をされています。

芸人から画家へ転身した1997年10月にジミー大西さんのマネージャーであった「椎本真由美さん」とご結婚されています。

jimmy shiimoto

おそらくこの画像は結婚当時に近いものかと思われますが、奥様お綺麗!

ジミー大西さんのどこに引かれて結婚を決意されたのかが知りたいと思い、色々と探しましたが奥様のコメントはありませんでした。

 

ジミー大西さんが描かれた絵画の題名は奥様が決めているとの情報もありますので、少し飛び抜けているジミーさんを上手にサポートされている感じでしょうか。

お子さんに関する情報は残念ながら掴むことが出来ませんでした。

また、離婚に関する情報も今のところありませんね。

 

 

現在は

年末特番

現在は年末特番の「絶対に笑ってはいけないシリーズ」に定期出演をされています。

ここでも異彩を放ちお茶の間の話題を振りまく事も。

 

過去培ってきた天然ぶりは健在です。

 

今年の笑ってはいけないシリーズ出演も確定でしょうか。

 

 

画家では

スペインやブラジルなど世界25か国で活動をしてきたジミー大西さん。

現在は日本のどこかの山奥でひっそりと画家としての活動を行っているとか。

ジミー大西さんの画家としての年収も調査してみましたが、一枚の絵の価格はあれど、ジミーさんご本人の年収までは辿り着きませんした。

 

 

まとめ

今回はジミー大西が少し気になったので調査してみました。

何やら明石家さんまさんの企画でジミー大西さん題材のドラマが制作予定だとか。

ジミー大西さんの過去を頭に入れてドラマを見れば一層ドラマを楽しめそうですね。

 

キャストの発表などがあればまた記述したいとおもいます。

 

さて、各分野において色々な意味で天才的な印象を残しているジミー大西さん。

今後も強烈な印象を残す作品を期待したいですね。