銀魂の実写映画化が小栗旬主演で決まりました。原作は年内の最終回に向けて書き下ろされているという噂も。

銀魂の実写映画は2018年に公開予定。既にクランクインの向けた動きが加速している。

連載の週刊少年ジャンプからは「デスノート」で実写映画化の大成功を収めており、最近では「るろうに剣心」や「暗殺教室」が上映されている。

とは言え、銀魂ファンからは悲痛とも取れるメッセージが寄せられており、既にTwitterでは大荒れの様相を呈しているようだ。

 

Sponsored Link


銀魂の歴史

2004年から週刊少年ジャンプで連載が始まった「銀魂」

アニメ作家の空知英秋氏が繰り広げるSFX、パロディー要素、強烈な風刺、そして時に魅せるシリアスストリーがファンを引き寄せ続けている。

単行本は既に64巻が発売されており、累計発行部数が5000万部を超える。

これまでに、複数回のアニメ化と2回の劇場版を含めアニメ作品としての動画化はされています。

 

実写版「銀魂」主演は小栗旬

2018年公開の実写版「銀魂」の主演は小栗旬さんに決まりのようです。

小栗さんと言えば、アニメの実写映画ではかなりの実績をお持ちです。

絶対にミスマッチだと前評判が悪かった「ルパン三世」では見事に評判を覆す興行成績を収め、実写映画は小栗旬という絶対的なイメージを定着させてと言ってもいいでしょう。

rupan oguri

ルパン三世の大成功の裏側はその年の正月に上映され大ヒットした『名探偵コナンVSルパン三世 THE MOVIE』が大きかったとも言えます。

この映画のヒットでルパン三世の認知度や興味を低年齢層まで押し下げられましたかね。

 

恐らくですが、主演を務める小栗さんも大まかなストーリー展開は確認済みと考えられます。

そのストーリーが自分にマッチしているかどうかは当然イメージされているはず。

そのイメージをもっての主演了承ですので、残念な展開にはならないのではないでしょうか・・・。

 

小栗さん出演のアニメからの他実写映画こちら。

「岳-ガク-」「宇宙兄弟」「信長協奏曲」など・・。

 

銀魂の実写映画化

銀魂の実写映画化に関しては、ファンからも疑問の声が噴出。

実績十分の小栗旬さんをもってしても、批判的な声が大多数です。

https://twitter.com/yachan_abc_piro/status/742024669704814592



と、かなりの銀魂ファンは実写化へのご納得は頂けていないようです。

そして、一部では実写化反対の反面、キャストに関する興味が既に湧き上がっているようですね。

主役の坂田銀時は大泉洋さんとか、または坂田銀時の声優「杉田智和」さんを推す声など要望は多数。

ファンそれぞれのイメージを具現化する配役であれば容認する意見もあるということですね。

 

Twitterで大荒れの原因は?

銀魂実写化で大荒れのTwitterですが、荒れる原因のもう一つに銀魂最終回があります。

これは実写映画化の発表と同時に出てきた情報でもあるので、銀魂ファンからしてみればいささか納得のいかない所もあったのでしょう。

しかし、コアなファンの間では2016年を持って銀魂が最終章をむかえる事がは織り込み済みのようなのです。

実は2015年12月に行われた「ジャンプフェスタ2016」のトークショーで原作の空知英秋氏よりこんなコメントが。

komento

 

「来年から入る新しい章が銀魂の最終章となります。」

毎年もう終わると噂になる銀魂ですが、今回ばかりは原作者ご本人がおっしゃっておりますので信憑性が高いのではないでしょうか。

そして、今回の実写化に伴う、出版関係者からも『銀魂』は1年以内に最終回を迎える予定で、それに合わせて実写映画化が発表される見込みです」といった声が発せられていた。

そんな事もあり実写化の速報が流れた事で、銀魂ファンから悲しみのツイートが溢れ、Twitterは深夜の大盛り上がりを見せていたようです。

 

まとめ

今回は銀魂実写映画化にかんして綴ってみました。

Twitterでは色々なご意見が寄せられていますが、最近ではアニメからの実写化でもストーリーを組みなおしたオリジナル展開で成功しています。

銀魂はコメディー要素も強い反面、歴史を模写した展開も持ち合わせているので、個人的にはそこそこ面白い仕上がりになるのではないかと推測しています。

もちろん主演の小栗さんはじめ、脇を固めるキャストにもよりますが・・・。

 

週刊少年ジャンプから実写映画になって「こけた」映画は少ないのでここは期待します。

 

予想に反して思いっきりパロディー映画だったら面白いだろうな~。

 

失礼。

Sponsored Link