東南アジアのバングラディシュで邦人を含む人質立てこもり事件が起きたという報道がかけめっぐている。

バングラディッシュで起きている現場カフェはどこか?バングラディシュの治安はどうなのか?

宗教は関係してるのか?など事件に関係するバングラディシュの背景を調査してみる。

 

Sponsored Link

 

バングラディシュ人質立てこもり現場は?

立てこもりが起きている現場はバングラディシュの首都『ダッカ』にあるカフェベーカリー。

このカフェは外国人や各国外交官などに人気がある『ホーリー・アルティザン・ベーカリー』というカフェ。



 

バングラディシュで本格的なパンが美味しくいただけるけるという事で連日大盛況であったという情報もちらほらと聞こえてきます。

人質立てこもり事件が起きたのは1日金曜日の午後9時頃。

報道の通り数多くの外国人が人質や負傷していると推測される。

 

 

カフェのオーナー

当初の報道では、日本人は人質に含まれていないような話でしたが、一転、邦人が事件に巻き込まれている事が分かった。

人質事件の起きた『ホーリー・アルティザン・ベーカリー』のオーナーが日本人であるとの噂が流れたからだ。

 

その噂の根源はバングラディシュで日本食を食べるならここ!と言われるくらいの人気和食店「IZUMI」という店がある。

このIZUMIはかなりスタイリッシュ且つ繊細で『バングラデシュでこんな和食が食べられるのか』と食通も舌を巻く程の美味しさとか。

そのIZUMIは日本人シェフを複数人揃え正に本物を提供している。

だからからこそ、各国の旅行者や外交官もバングラデシュの物価からは想像も出来ない料金を払ってまで食べたいと思わせる程の和食だそうだ。

 

事件が起きた『ホーリー・アルティザン・ベーカリー』も旅行外国人客に人気のカフェ。

バングラディシュらしからぬ洗練された料理やブレッドきめ細かさから、カフェのオーナーがIZUMIの関係者ではないかとの噂もたったほど。

 

そんな事もあり、事件直後は『ホーリー・アルティザン・ベーカリー』=『IZUMI』と間違った噂が廻ったが、情報を確認したところ『ホーリー・アルティザン・ベーカリー』のオーナーはバングラディシュの方だと分かった。

 

事件は最悪に事態へ進んでいるが、今後も同様の事件が続く可能性が十分に考えられる。

外国人が集まるいわゆる『しゃれたお店』などは十分な注意が必要で。

仮に利用する側であればで店舗前にセキュリティーポリスの常駐などが望ましいと感じてしまう。

 

 

 

バングラディシュの治安

東南アジアの中でも貧困国に値するバングラディシュ。

近年は外資の流入により経済は上向きつつあるものの、給与所得やインフラ整備などを見ても振興国への仲間入りに程遠い印象。

そして、「貧困国=治安が悪い」となる訳だが、察しのとおり、バングラディシュの治安もお世辞にもいいとは言いがたい。

最も多い犯罪は『窃盗』

これは日常茶飯事、観光客のみならず、現地の方も頭を抱える悩みのようだ。

 

しかしながら近年では殺人事件も増加傾向。

2015年には日本人の星邦夫さん(66)が何者かに銃撃され命を落としている他、その数日前にもイタリア人男性も同様に命を落とすなど、現地人、外国人関係なくその標的となっている。

 

そして、最も重大なのは破壊活動の脅威。

バングラディシュ政府はバングラディシュ国内にISISは存在しないとの声明をだしているが、国民の9割がイスラム教徒。

どこか信憑性に欠ける感じがしなくもない。

以前からもイスラム原理主義派による破壊活動が続発しており、その脅威から逃れるばかりか、一層、脅威が強まる様相だ。

 

 

バングラディッシュの宗教

前途にも触れていますが、バングラディシュ国民の9割がイスラム教徒。

イスラム教徒が多い背景は、元々は東パキスタンとして存在していたバングラディシュ。

1971年に第三次印パ戦争でインド側の勝利によりバングラディシュとして独立宣言をする。

近年では、宗教の自由を容認するハナシ政権下での世俗主義に反発し、パキスタン寄りに傾く抵抗勢力や別宗教家を標的とした暴力行為が多発している。

先の星邦夫さんもその標的とされたとの見方が出ている。

 

 

まとめ

バングラディシュの人質立てこもりに関する情報を少し寄せ集めてみた感じですが、事件現場のカフェ経営者が日本人であったというのは驚きです。

まだまだ、日系の企業はバングラディシュへの出店計画はないようですが、近年の情勢を考えると今後も少し難しいのではないでしょうか。

チャイナリスク回避に向けた東南アジアへのリスク分散は当面カンボジアやベトナムといった国になりそうです。

 

そして無差別な破壊活動阻止へ国際的な連携を高め、撲滅に追い込む事が出来たら安心して世界を旅する事が出来るのですが。

その為には神様を一人にする必要があるのかな?

Sponsored Link