八丈島近海で群発地震が発生してるようですね。

地震が続発すると気なるのが観光への影響です。

飛行機に離発着をはじめ、ダイビングに釣りなど八丈島を代表する観光産業への打撃も・・。

現在の八丈島近海の地震の様子はどうなっているのでしょうか?

気になる八丈島の地震を調査です。

Sponsored Link

八丈島近海で群発地震

2016年7月11日に八丈島近海で地震が立て続けに発生しているようです。

こちらはTwitterからの情報。


震源はプレート境界部という事。

この日の最大マグニチュードは5.2.

八丈島で計測した震度は1だたそうです。

 

 

西之島との関連は?

八丈島のはるか南に現在も噴火活動を続けている島があるのはご存知ですか?

そうです「西之島」」


日本の領海をグングンと押し広げて国からすると笑いが止まらない自然現象かも?しれません。

とはいっても西之島は人が生活をしていない無人島。

 

八丈島は西之島と同じ『フィリピン海プレート』の上にあり、

その関連性は全くないとは言えず、またプレートが三つ交わる

『トリプルジャンクション』と言われるデンジャラスゾーンにも近い島なんですね。

platejpjjiauauoiauioauiouo
 

 

八丈島大地震の可能性は?

大地震発生の可能性は『ゼロ』ではありません。

まぁ、日本に住んでいる以上は当然の事なのですが。

 

以下はトリプルジャンクションについての専門家のお話し。

トリプルジャンクション周囲では200年間も大きな地震が発生していないのです。その蓄積されたエネルギー量は東日本や南海トラフよりも桁違いに多いと言われ、ここで巨大地震が発生するとマグニチュード9を遥かに超えるような規模になる可能性があります。

日本の歴史上最大の津波は、東日本大震災の2倍に匹敵する約80メートルです。小笠原諸島や伊豆諸島などのエリアでマグニチュード9クラスが発生すれば、そのくらいの規模の津波が発生する可能性も考えられるので、地震の揺れによる被害が殆ど無くても、厳重な注意が必要になります。

 

出典元

西之島噴火は小笠原諸島沖巨大地震の前兆か!?村井名誉教授「東日本大震災前と類似する動きを観測。年末年始に大地震の恐れ」|情報速報ドットコム
「地震前兆」に関するページです。西之島噴火は小笠原諸島沖巨大地震の前兆か!?村井名誉教授「東日本大震災前と類似する動きを観測。年末年始に大地震の恐れ」 のページ

 

そして、過去の八丈島の地震について。

 

1972年(昭和47年)12月4日午後7時16分、八丈島の東北東約110kmの

太平洋を震央とする深さ54km、M 7.2の地震が発生。

この地震により八丈島で最大震度の6、東京で震度4を記録した。

 

出典元



 

 

最近では、一年に一回の頻度で八丈島東方沖を震源とする地震が起きていますが、

災害に匹敵するほどの規模の震度ではないようです。

 

とは言え、西之島での噴火と八丈島近海での群発地震。

少し注意が必要ですね。

 

以下は、史実が残る八丈島で起こった地震と噴火の表

hachijyoujima jishin
 

 

観光への影響は?

空港

明確な基準はないようですが、普通、空港の滑走路は震度5程度の地震が発生すると閉鎖になるようです。

仮に、地震の影響で滑走路に問題がある場合は長期間の閉鎖も考えれます。

 

そして、噴火の場合はもっと深刻。

噴煙の影響で航路に影響がでることは容易に考えられます。

また、八丈空港は活火山クラスCに分類される八丈富士の麓にある為、噴火の可能性がある時点で閉鎖される事が予想されています。

 

空路以外では『船』海路ですね。

噴火の可能性が少ないのであれば、海路は欠航する事なく運行されると思いますが、大地震となた場合は不透明ですね。

 

ダイビングや釣り

大方の想像では、海のレジャーは壊滅です。

過去に三宅島でもありましたが、海底から火山性のガスが噴き出し海の色が変色しました。

噴火の可能性の時点で、こういった危険性を考慮してダイビングや釣りのツアーは中止される公算が高いでしょう。

 

また過去の八丈島東方沖地震では50cmの津波を観測しています。

地震の危険性が高まった時には海のレジャーはもとより、海岸付近へ近づく事も注意が必要ですね。

 

 

八丈島の住民は

実は、筆者には八丈島に暮す親戚と祖父のお墓があるのです。

帰島の都度、親戚に噴火や地震の話を聞くと必ず帰ってくる答えが

『そろそろだろう』

という事。

 

長きに渡り島に暮す島人が、その日がせまり来る事をひしひしと感じているそうだ。

特に『そろそろ』と感じるは八丈富士の噴火だという。

 

一度噴火すると、伊豆大島や三宅島級の大噴火となるのだろうか・・・

伊豆大島や三宅島とは日本海溝で隔たれているとはいえ、同等級の噴火が無いとはいえません。

 

来年は大事な周忌を控えているだけに、出来る事ならば大人しくしていて欲しいものだ。

hachijyoujima
Sponsored Link

まとめ

八丈島近海で続発している群発地震に関連する観光や過去の地震、噴火について少しまとめてみました。

 

賑やかだった観光施設のその殆んどが時代の流れと共に閉鎖され、

今は、静かな島の光景と大自然を堪能できる

『大人の島』

へと変貌を遂げている八丈島。

 

出来うることなら今後、何事もなく島の歴史が過ぎて行けばいいのですが。

 

どうでしょうか、天変地異により八丈島が変わらない事おえお祈るばかりですが、

何かが起きる前に一度、足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link