今回は『陸王』のキャストや原作のあらすじ
最終回のネタバレや
ロケ地の情報などをお届けします!

TBS系2017年10月期の新ドラマ
日曜劇場『陸王』が始まります。

まだ夏も始まってないのに、もう秋かい!
とツッコミたくなる気持ちを抑えて、
その『陸王』に注目したいと思います。

この『陸王』、
かのドラマ『半沢直樹』で一躍脚光を浴び、
ドラマ『下町ロケット』もメガヒットの
池井戸潤さんの同名作品が原作とあって、
発表直後から熱視線です。

小説も『下町ロケット』ともまた違った
人間味あふれる展開で大ヒット!
ドラマにも期待が集まります。

Sponsored Link

ドラマ『陸王』

基本情報

2017年10月スタート
TBS系ドラマ毎週日曜

原作:池井戸潤
『陸王』(集英社 刊)

脚本:八津弘幸
(『半沢直樹 』、『ルーズヴェルト・ゲーム 』
『下町ロケット』他多数)

プロデューサー:伊與田英徳
(『半沢直樹 』、『ルーズヴェルト・ゲーム 』、『下町ロケット』他多数)

プロデューサー:飯田和孝
(『半沢直樹』、『小さな巨人 』他)

演出:福澤克雄
(『半沢直樹 』、『ルーズヴェルト・ゲーム 』、『下町ロケット』他多数)

チーム『半沢直樹』の豪華メンバーです。
もう失敗する余地がないですね!!

『陸王』のキャスト

主演は『役所広司』

まずはキャストについてです。

役所広司(役:宮沢紘一)


誰もが知ってる日本を代表する俳優さんですね。

映画ももちろん、
マルちゃん製麺だってダイワハウスだって
あの役所さんのおかげでどれだけ売り上げを
伸ばしたことでしょう?

それだけ影響力のある名俳優です。

ただ、テレビドラマではあまりその姿を
見かけることのない役所さん。

連続ドラマは2002年の
『盤嶽の一生』(時代劇)以来とのこと。

毎週役所さんのお芝居が観れるなんて、
とても貴重で楽しみですね!

その他のキャストは?

その他のキャストについてですが、
残念ながら、まだ、主演の役所広司さんの
お名前しか公開されていません(涙)。

一部では、『半沢直樹』で起用されたあの方や、
前回の『下町ロケット』で好演だった彼が
再度起用されたり!?

なんていう噂がささやかれていますが
どうなりますやら?

Sponsored Link


原作の登場人物をみてみましょう。

今回「陸王」開発の舞台となる「こはぜ屋」

「こはぜ屋」の女性メンバーは最年長”冨久子さん”
班長の”あけみさん”をはじめ、
おばあちゃん・おばちゃんが中心。

ヒロイン的な人物はあまりおらず、
若手で目立つ役としては最年少”美咲ちゃん”
くらいでしょうか?

ベテラン女優の味のある演技に期待を
とどめる感じでしょうか。

逆に男性陣は息子の大地くんや
銀行マンの坂本、茂木・毛塚といった
マラソン部を中心に若手のイケメンたちを多数!

社員の安田さんやフェリックス御園役に
中堅どころのイケメンを!

更に、こはぜやの専務富島や、
シューフィッターの村野、
シルクレイの特許を持つ男飯山、
銀行支店長家永他渋めのベテラン俳優さんを!

個人的に熱望する役が多数あるので、
豪華俳優陣の出演が期待できます!

『陸王』の原作あらすじと最終回は?

原作小説の『陸王』から、
あらすじをと最終回的なネタバレを紹介。

ドラマでは『倍返し』のような
流行語フレーズは登場するのでしょうか?

原作を読んでいると、
半沢直樹の匂いがプンプンします(笑)

では、あらすじをどうぞ!

埼玉県行田市にある老舗の足袋業者であるこはぜ屋の四代目社長宮沢紘一は、経営先細りの中苦しいながらも日々奮闘していたが、時代の流れで主製品の”足袋”自体の需要の減少もあり、資金繰りに悩む月日を過ごしていた。
そんな折、銀行担当者坂本とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始める。投資を最小限に抑え、新規参入に打って出る切り札として宮沢が行き着いた答えはランニングシューズの開発。その名も『陸王』。
ランニングシューズを開発には想像以上の資金や技術が。従業員20名余りの地方零細企業が参入できる余地はほんのわずか。
しかし宮沢はこはぜ屋の現状と重なる天才ランナー茂木に『陸王』を履いて、ライバルに打ち勝ってもらいたい!という夢を持つようになる。
軽量な足袋とランニングシューズとのコラボ、”シルクレイ”という画期的素材と出会い実現可能に。いつしか世界的に有名なスポーツブランド”アトランティス”に対抗できるように。
最終的に茂木は『陸王』を選び、大手企業との競争に勝つことができ、時代遅れの足袋業者と軽んじ、融資の話耳を傾けず都合のいい時だけすり寄る銀行の鼻も明かせるという大ハッピーエンド。

『陸王』の舞台やロケ地は?

ドラマの舞台も原作同様、埼玉県行田市が
市をあげてのバックアップをしています。

埼玉県行田市がロケ地として、
多数使われることは間違いなしです。

Sponsored Link


シルクレイ関連で登場する
榛名山ふもとの田園風景、
実際に映像となると美しいでしょうね。

マラソン風景も多数舞台となり、
今春のニューイヤー駅伝を
最初の撮影としたことでも話題になっていました。


普段、茂木が練習する競技場は
どこになるのでしょうか?

また原作の目玉である
京浜国際マラソンは実在しません。

モデルと噂される、
東京マラソンは2017年度はすでに終了。

この時の撮影の情報は確認できませんでした。

また同じく横浜国際マラソンも10月末の開催。

原作では序盤から関わってくるマラソン。

この辺の展開や実際にマラソンの風景が
ドラマに使われるのかが気になります。

もしかすると、撮影のために、
品川-横浜という箱根駅伝区間を再現した
ランナーたちの夢の舞台が実現するのかも!?
そこもあわせて楽しみですね!

Sponsored Link