夏の高校野球、
2017年の甲子園予選福島大会が遂に開幕!

福島県の高校球児だけじゃなく、
福島県民の熱い夏が到来です!

ここでは、
今年の夏の高校野球福島県大会(甲子園予選)
の優勝校予想と注目選手をチェック!

また、開催日程や試合結果も掲載しています!

Sponsored Link


甲子園に刻まれた球児たちの
汗と涙と激闘の記憶に、今年もその歴史に
新たな記憶が刻まれようとしています。

甲子園大会ではこれまで
東北勢の優勝はありません。

東北を飛び越えて、
北海道は優勝経験がありますね。

果たして今年こそ優勝旗は
白河の関を超えられるか?

ここが最大の見物です。

試合日程と結果

夏の高校野球、福島大会の
日程と結果はこちらから。

Sponsored Link

7月22日 決勝

あづま球場

11:00

終了

優勝:聖光学園
聖光学園 vs いわき光洋
 5 4
Sponsored Link

試合速報はこちらから

福島民報

Sponsored Link

7月21日

あづま球場

10:00
聖光学園 vs 日大東北
 6  2
12:30
いわき光洋 vs 福島商
3 1
 

 

7月19日

あづま球場

10:00
聖光学園 vs 小高産技
 5 0
12:30
学法石川 vs 日大東北
 4 5

白河グリーンスタジアム

10:00
福島商 vs 磐城
 5 3
12:30
いわき光洋 vs 光南
3 0
 

7月17日

あづま球場

10:00
聖光学園 vs 会津
8  0
12:30
郡山 vs 日大東北
 2 12

信夫ヶ丘野球場

10:00
学法石川 vs 白河実業
10  0
12:30
安積 vs 小高産技
2  7

白河グリーンスタジアム

10:00
郡山商 vs 磐城
 4 7
12:30
いわき光洋 vs 福島成蹊
9 2

表郷天狗山球場

10:00
光南 vs 福島東
9  1
12:30
福島商 vs 学法福島
 6  4
 

7月15日 3回戦

あづま球場

9:00
聖光学園 vs 喜多方
 7  0
11:30
須賀川 vs 福島東
 1 2
14:00
福島商 vs 若松商
 9 1

信夫ヶ丘野球場

9:00
湯本 vs 小高産技
 0  3
11:30
学法福島 vs 福島西
 2 0
14:00
福島成蹊 vs 二本松工
5 4

あいず球場

10:00
郡山商 vs 塙工
 6  3
12:30
安積 vs いわき総合
 13 6

いわきグリーンスタジアム

10:00
いわき光洋 vs ザベリオ
 7 4
12:30
帝京安積 vs 白河実
 4  5

ヨーク開成山スタジアム

9:00
修明 vs 日大東北
2 4
11:30
郡山 vs ふたば未来
 9 0
14:00
田村 vs 磐城
 2 4

白河グリーンスタジアム

9:00
学法石川 vs 相馬
 9 0
11:30
光南 vs 磐城農
 9 1
14:00
会津 vs 須賀川桐陽
 6 0
試合速報はこちらから

福島民報

Sponsored Link

7月11日 2回戦

あづま球場

10:00
小野 vs 会津
3  4
12:30
会津西連合 vs 福島成蹊
0 14

あいず球場

10:00
岩瀬農 vs いわき総合
3 4
12:30
学法福島 vs 会津学鳳
 3 1
 

いわきグリーンスタジアム

10:00
福島北 vs ふたば未来
0 3
12:30
磐城農 vs 船引
2 1

ヨーク開成山スタジアム

10:00
原町 vs 福島西
 0 8
12:30
塙工 vs 好間・遠野・四倉
 8  7

白河グリーンスタジアム

10:00
平商 vs 二本松工
3 4
12:30
光南 vs 郡山東
 10  1
 

7月10日 2回戦

あづま球場

9:00
会津工 vs 福島東
 1  5
11:30
福島商 vs 尚志
 4  3
14:00
帝京安積 vs 安達
11  2

あいず球場

10:00
サベリオ vs 田島
 8 2
12:30
桐桜 vs 若松商
 1  4

いわきグリーンスタジアム

10:00
磐城 vs 東日大昌平
 2 0
12:30
勿来工 vs 郡山
 1 8

ヨーク開成山スタジアム

10:00
桜が丘 vs 田村
 2  7
12:30
安積 vs 平工業
 5 2

白河グリーンスタジアム

10:00
須賀川 vs 保原
 8  1
12:30
清陵情報 vs 白河実業
 3  4
 

7月9日 1回戦

あづま球場

9:00
聖光学園 vs 本宮
 13  0
11:30
石川 vs 小高産技
 2  3
14:00
相馬 vs 会津農林
 9  3

あいず球場

10:00
喜多方 vs 安達・小俣
 11 1
12:30
相馬農 vs 修明
 1  35

いわきグリーンスタジアム

10:00
湯本 vs 福島明成
 14 0
12:30
長沼 vs いわき光洋
 1 11

ヨーク開成山スタジアム

10:00
福島 vs 日大東北
 1  3
12:30
郡山商 vs 大沼
 8 0

白河グリーンスタジアム

10:00
須賀川桐陽 vs
 9  2
12:30
学法石川 vs 福島高専
 3  1

7月7日 1回戦

あづま球場

12:00
安達 vs 福島南
9 2

7月8日 1回戦

あづま球場

10:00
会津 vs 福島工
 4 2
12:30
福島成蹊 vs 白河
 7 3

あいず球場

10:00
岩瀬農 vs 梁川
 15  4
12:30
vs 会津学鳳
 1 8

いわきグリーンスタジアム

9:00
いわき海星 vs 勿来工
 0  1
11:30
安積黎明 vs 福島北
0  7
14:00
磐成農 vs 相馬東
 6 2

ヨーク開成山スタジアム

9:00
郡山北工 vs 平工
 3  4
11:30
あさか開成 vs 原町
 1  5
14:00
南会津 vs 塙工
 3 8

白河グリーンスタジアム

9:00
清陵情報 vs 新地
 33 0
11:30
平商 vs 白河旭
 10  0
14:00
郡山東 vs 只見
 3 1

試合日程

7月17日4回戦

7月18日準々決勝

7月21日準決勝

7月22日決勝

組合せ表


 

優勝校予想

これまでの福島県勢の最高記録は
1971年開催の第53回大会、
磐城高校の準優勝が最高です。

スコアは1対0の僅差。

それ以降は、
福島県代表は決勝の舞台に立てていません。

今年こそ優勝旗を勝ち取るために、
福島県で注目すべき4校を紹介していきます。

 本命:◎ 聖光学院

まず一校目は聖光学院。
言わずと知れた全国区の強豪校です。

現在、選手権大会の福島県予選では
前人未到の10連覇中。

昨年の選手権大会では甲子園出場の
連続記録で戦後最長の10年連続を記録し、
福島県内で最も甲子園の優勝に
近い位置にいるのではないでしょうか。

同高出身者でプロ野球選手になったのは、
歳内宏明選手(阪神タイガース)、
園部聡選手(オリックスバファローズ)等、
何れも甲子園で大活躍した選手です。

聖光学院を強豪校に育て挙げた斎藤智也監督に
「ここ数年で一番の破壊力」
と言わしめる攻撃力は、注目です。

なお、
今年の春季大会では福島県の第一代表になるなど、
県内での実力は頭一つ抜け出している印象です。

対抗:〇 東日本国際大学付属昌平高校

母体が東日本国際大学となり、
大学は東北のリーグ戦でも強豪校です。

そんな強豪校の付属校でもある昌平高校の
イメージは「総合力」ではないでしょうか。

共に安定した攻撃力と守備力。

この総合力を武器に、
春季の件大会で福島県の第二代表として
東北大会に進出しています。

昌平高校も十分甲子園を狙える位置にあります。

そして、
甲子園でも勝てる実力はあると思います。

福島県内での実力も聖光学院に
引けを取らない昌平高校の戦いぶりに注目です。

対抗:〇 いわき光洋高校

個人的には最も注目したい、いわき光洋高校。

同校はここ数年の間に着実に、
そして急速に力を付けてきた、新興勢力です。

そして最も勢いがあります。

野球部自体も発足して14、5年程度。

数年前に校舎を新築し、
練習スペースも確保できていましたが、
発足当初は狭いグラウンドで他の部活と
分けあって練習していました。

しかも、当時の野球経験者は片手で数えて
お釣りがもらえる程度のレベルでした。

野球が好きだという思いだけで
地道に練習を重ね、今のいわき光洋があります。

そんな歴史を身近に見てきたからこそ、
応援したくなる存在です。

そんないわき光洋の強さは
「鉄壁の守り」と「一発のある大砲」です。

エースを中心に守って勝つ野球、
これは発足当初から同校が目指してきた
野球でもあります。

今年は鉄壁の守りに加え、
大砲もいますので、一発も期待できます。

春季大会では福島県の第三代表として
東北大会に出場。

さらにはその東北大会では昌平高校と
同県勢として対戦しています。

福島県の代表は昨年まで10年連続で聖光学院。

県立高校が代表になったこと自体が
過去の歴史となっています。

個人的な主観ですが、
福島県の代表校として今一番みたい高校です。

期待:△ 磐城高校

最後は古豪復活なるか「磐城高校」です。

先にも記述していますが、
福島県代表として唯一甲子園の決勝を
戦った高校でもあります。

同校には準優勝の盾も飾ってあります。
栄光の輝きは今も色あせてはいません。

福島県民、特にいわき市民の
「甲子園あるある」の一つと言えば、
「あの時の磐城は強かった」
「小さな巨人、田村はすごかった。」

準優勝したという事実は
いわき市民にとっても誇りであります。

そんな磐城高校も、
甲子園出場は22年前に遡ってしまいます。

県内でも有数の進学校でもありながら
部活にも力を抜かない、
文武両道の精神を体現していた磐城。

甲子園で見せた「コバルトブルー旋風」が
見られるかが注目です。

先の3校に比べ、
実力では水をあけられている状況ですが、
磐城には誇りがある、粘りがある、底力がある。

磐城高校の強さは、気持ちの強さ。

過去の栄光は捨て去り、
もう一度甲子園に立つという強い気持ちが
試合を有利に進めてくれるでしょう。

野球部ではありませんでしたが、
同校OBとして、毎年期待しています

 

 注目選手

聖光学園 瀬川航騎 選手(3年 右/右)

50M走6秒の俊足を生かし、足でかき回す。

また、
広角に打ち分けるバッティングセンスも持つ。

内野・外野問わずこなすことのできる、
聖光学院が誇るユーティリティープレーヤー。

昌平高校 柳葉 潤 選手(3年 左/左)

172cmと小柄ながら、
驚異的なスイングスピードが武器。

本塁打も狙うことが出来る、
昌平高校の攻撃の要の選手です。

左打者での中長距離砲は貴重な存在であり、
他校を脅かす存在です。

多少、個人的な主観が入ってしまったりもしていますが、熱い戦いに期待しています。

聖光学院の11連覇か、昌平高校の逆襲化、いわき光洋の勢いが勝るか、それとも古豪復活なるか磐城、今年の福島県予選はここに注目していきたいと思います。

いわき光洋 園部佳太 選手(3年 右/右)

いわき光洋の誇る右の大砲。

試合の流れを決めることが出来る
一発を持つ長距離砲。

いわき光洋の攻撃の中心選手です。

磐城高校 本田京介 選手(3年 右/右)

強打と俊足を兼ね備えた選手。

打撃と足でかき回せる、磐城の韋駄天。

まとめ

聖光学院の11連覇か、昌平高校の逆襲化、
いわき光洋の勢いが勝るか、
それとも古豪復活なるか磐城。

今年の福島県予選は
ここに注目していきたいと思います。

Sponsored Link