夏の高校野球、2017年の甲子園予選沖縄大会が遂に開幕!

沖縄県の高校球児だけじゃなく、沖縄県民の熱い夏が到来です!

ここでは、今年の夏の高校野球沖縄県大会(甲子園予選)
の優勝校予想と注目選手をチェック!

また、開催日程や試合結果も掲載しています!

Sponsored Link

試合結果

6月18日

沖縄セルラースタジアム那覇

9:00
那覇商 vs 宮古総合
 7 4
11:30
浦添 vs 宮古工
 2 5
14:00
首里 vs 八商工
1 0

北谷公園野球場

9:00
宮古 vs 那覇国際
 2 0
11:30
南商南農 vs 八重山農
 0 7
14:00
具志川 vs 昭和薬大
13 8

コザしんきんスタジアム

9:00
八重山 vs 沖縄水産
 9 1
11:30
久米島 vs 北中城
 2  5
14:00
与勝 vs 読谷
  0  2
Sponsored Link


試合速報はこちらから

⇒Twitter 沖縄高校野球情報局

 

試合日程

組合せ表



画像をクリックすると拡大します

注目の一戦

今大会の注目は2回戦で対戦が予想される
美里工vs八重山の一戦。

春準優勝の美里工に小柄な選手が多いが、
総合力では県内屈指の八重山にどこまで
肉薄するかに期待を寄せている。

この一戦に勝利した高校が甲子園へ
一歩近づくと言っていい注目の一戦です!

同じ2回戦で対戦が予想される
沖縄尚学vs那覇の一戦にも注目したいですね。

開会式

6月17日(土)9時~
沖縄セルラースタジアム

6月17日の1回戦は雨天の為
6月18日(日)へ順延となりました。

6月23日(金)1回戦

沖縄セルラースタジアム那覇

9:00
開邦 vs 浦添工
11:30
豊見城 vs 那覇西
14:00
宜野湾 vs 那覇

北谷公園野球場

9:00
前原 vs 球陽
11:30
小禄 vs 沖カト
14:00
中部農 vs 真和志

コザしんきんスタジアム

9:00
興南 vs 向陽
11:30
美里工 vs 南部工
14:00
辺土名 vs 沖縄工
 

6月24日(土)1回戦

宜野湾市立野球場

9:00
陽明 vs 具志川商
11:30
豊見城南 vs 美里
14:00
糸満 vs 西原

北谷公園野球場

9:00
浦添商 vs 石川
11:30
未来工科 vs 北谷
14:00
中部商 vs 本部

コザしんきんスタジアム

9:00
北部農 vs 普天間
11:30
知念 vs 未来沖縄
14:00
コザ vs 名護
 

6月25日(月)1回戦

宜野湾市立野球場

9:00
首里東 vs 嘉手納
11:30
宜野座 vs 名護商工

コザしんきんスタジアム

9:00
南風原 vs 沖縄高専
11:30
那覇工 vs 北山
 

決勝戦

7月16日(日)

 

沖縄県春季大会の結果

優勝:沖縄尚学

準優勝:美里工業

3位:興南高校

3位:美来工科高校

くしくも準決勝で公立校同士の対戦となった、美里工vs美来工科

6-5の一点差勝利で美里工が決勝へ進出。

決勝戦は11-2の大差で沖尚の勝利でしたが、
上位4校の差は殆どないと言っていいでしょう!

 

歴代優勝校(過去5年)

平成24年 第94回大会 浦添商業

平成25年 第95回大会 沖縄尚学

平成26年 第96回大会 沖縄尚学

平成27年 第97回大会 興南高校

平成28年 第98回大会 嘉手納高校

 

過去5年は公立校2回私立校3回と県立校の検討が目立つ
沖縄県の高校野球。

94回大会に浦添商を甲子園に導いた名将、神谷嘉宗監督が
春季大会準優勝の美里工の指揮を執ります!

2年連続の公立校の甲子園出場に注目が集まっています!

 

【夏の高校野球】沖縄大会優勝校予想

本命◎:沖縄尚学高校

春季大会の優勝校の総合力は譲れません。

主軸の砂川リチャード選手の豪快な打撃が打線をけん引します。

投手陣は興座巧人選手と河野晢平選手の
2枚看板が絶対的な安定感があります。

春季大会でもそうでしたが、
大会後半は総合力が勝敗を決します。

選手層が厚い沖縄尚学が甲子園へ一歩リードと予想します!

 

対抗〇:美里工業高校

2014年には春の選抜、昨年は沖縄大会を準優勝と
近年、確実に力を伸ばしてる美里工業高校。

5月に行われた熊本・沖縄交流戦では、
秀岳館、東海大星翔、熊本工、早稲田実に
よもやの4連敗を屈しました。

ですが、この経験を糧に沖縄大会では
チームを立て直してくることは確実。

主砲の伊佐 翼選手の豪快な打撃と
エース花城紘人選手、主将で4番の崎濱楓希選手。

主軸の活躍があれば一気に甲子園が見えてきす。

文武両道を掲げる美里工業野球部は
ほぼ全員が何かしらの有資格者という特徴を持っています。

 

注意△:美来工科高校

オーバーハンドからアンダーンハンドへ投球を変えた
エースの比嘉太陽選手と、熊本・沖縄交流では2年生
ながら早実、清宮を抑えた山内 慧選手の2枚看板に注目。

春季大会では美里工業に惜しくも敗れましたが
実力は紙一重といっていいでしょう。

準決勝をものにすれば、勢いそのままに
甲子園初出場の可能性も!

 

穴▲:八重山高校

一昨年の秋季大会の覇者である八重山高校。

この時は惜しくも選抜大会の出場はなりませんでしたが、
今大会美里工に勝利すれば甲子園出場の可能性が!?

プロ注目の選手がいるわけではありませんが、
高校通算本塁打が40本に迫る主砲の川満拓也選手。

他にも伊志嶺瑠希選手や東盛隼己選手など強力な打撃を
武器に甲子園出場を目指します!

 

【夏の高校野球】沖縄大会注目選手

砂川リチャード(沖縄尚学)



出典:Twitter @hryo0909

データ:3年生 身長185cm 体重104㎏

位置:サード、ファースト

1年生からチームの主軸を担う大型スラッガー。
そのパワーはプロも注目する逸材。

今大会で何本のスタンドインが見れるのか?
非常に楽しみな選手です!

 

平良海馬(八重山商工)



出典:Twitter @tairakaima8989

データ:3年生 身長173cm 体重80㎏

位置:ピッチャー、外野手

小柄な体格ながらMAX152キロを計測した剛腕投手。
平均速度も140キロを超えるプロ級の選手。

チームでも4番を務め「離島の二刀流」の呼び声が高い。

 

まとめ

全国の中で一番早く甲子園予選が始まり、
予定通りに日程が進めば2017年の甲子園出場
初名乗りは沖縄県の高校になります!

沖縄尚学、興南高校vs公立高校
の戦いが注目の沖縄大会。

順当か、それとも番狂わせが起きるのか?

うちなんちゅの熱い応援がこだまします!

Sponsored Link