この時期おすすめのダイエット方法があります!

今が旬の冬野菜を上手に摂って無理なく効果的、健康的にダイエットしてみませんか?

忘年会や新年会などで飲みすぎ食べ過ぎてしまうことが増える年末年始。

さらに、正月休みは家でゴロゴロして運動不足…、毎年、冬太りに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、旬食材を食べて健康的に痩せる!

そんな冬野菜をご紹介します!

Sponsored Link

なぜ冬太りするの?

まず、冬太りのメカニズムからご紹介します。

冬の体内では冷えたカラダを温めようとして他の季節より多くのエネルギーが使われます。

このためカラダはエネルギーを蓄えなければいけないと判断し、ムダなエネルギーは使わない、つまり省エネモードになり、体内に脂肪がつきやすくなります。

動物が冬を越すために脂肪を蓄え冬眠することを考えれば納得できる原理ですよね。

それに加えて忘年会や新年会での飲みすぎや食べ過ぎ、正月は家でゴロゴロして運動不足…と太る要素満載な冬。

でもあきらめるのはまだ早い!!

冬こそダイエットに適した季節なのですから。

tonezone-gym
 

冬の方が痩せやすいって本当?

先ほどお話ししました通り、冬は冷えたカラダを温めるため、体内では他の季節より多くのエネルギーを消費します。

つまり、冬は基礎代謝が上がり普通に生活しているだけでエネルギーを多く消費する季節なのです。

そして、基礎代謝が高いということは体内で脂肪が燃えやすく痩せやすいカラダになっていると言うことです。

question-mark
 

 

冬におすすめのダイエットって?

度重なる宴会で胃腸に負担をかけてしまう年末年始、寝不足も重なり肌の調子も悪い…

そんな人におすすめしたいのが今が旬の冬野菜を取り入れたダイエット。

その名も「冬野菜ダイエット」。

必要な栄養素はしっかり摂り、ダイエットしながら体調を整え、肌も改善できる!!

今回はそんなうれしいダイエット方法をご紹介します。

diet
 

冬野菜ダイエットおすすめ食材その1『大根』

冬野菜の代表『大根』

寒い日におでんの大根を食べるとホッとしますよね。

しかし、今回ダイエットとしておすすめしたいのは【生食】

加熱すると効果が発揮されない成分の中に痩せるために有効な成分が含まれています。

辛み成分『イソチオシアネード』には代謝を上げる働きがあります。

冬に人間本来の性質で上がった代謝をさらに高めてくれることが期待できます。

この成分は生ですりおろした時、つまり大根おろしにすることで効果を発揮します。

また、大根には各種消化酵素が含まれていて、ダメージを受けた胃腸の改善に効果があります。

酵素も加熱すると効果が期待できなくなるので生で食べるようにしましょう。

Sponsored Link

冬野菜ダイエットおすすめ食材その2『ごぼう』

ごぼうには食物繊維が多く含まれているので便秘改善に役立つのは皆さんご存知だと思います。

それ以外にもダイエット効果が期待できる成分が含まれています。

ごぼうに含まれている『サポニン』には腸で吸収されたブドウ糖が脂肪酸と組み合わさることを抑え、余分な脂肪がカラダに溜まるのを防いでくれる働きがあり、脂肪が付きにくくなると言われています。

またごぼうに含まれる各食物繊維には便秘改善の他、ダイエットに効果のある働きを持つものが…。

『イヌリン』は植物含まれる多糖類の一種、食物繊維の一種でもあります。

このイヌリンは糖質ですが、人間の酵素では分解されないため、体内でほとんど吸収させずそのまま体外に排出されます。

また、普通は食べ物を摂取するとインスリンが分泌されます。

インスリンが過剰に分泌されると脂肪の蓄積へとつながるのですが、イヌリンはこのインスリンの大量分泌を抑える働きがあり、このため脂肪がつきにくくなると言われています。

 

『ヘミセルロース』は不溶性食物繊維の一種、脂肪の吸収を抑える働きがあります。

ごぼうにはこれらの他にさらにむくみ解消に効果的な『カリウム』も含まれています。

 

『ごぼう』はダイエット効果だけでなく、食べるだけで健康になる冬野菜なんですね。

gobou
 

冬野菜ダイエットおすすめ食材その3『生姜』

『生姜』は寒い冬にカラダを温めてくれるうれしい食材。

これは、生姜に含まれる『ショウガオール』という成分が体の内部、特に内臓を温めてくれるためです。

そして、血行が良くなることで代謝が上がり脂肪の燃焼を促進します。

 

『ショーガオール』は熱を加えることで生の状態と比べて格段に増加するので温めて食べることが望ましいのです。

加熱しすぎると効果が減ってしまいますので100℃以下の加熱を心掛けてましょう。

手軽な方法としては、まず生姜を使う料理に合わせて『スライス』 『刻む』 『すりおろす』 などしてから水を入れた耐熱容器に入れ、電子レンジでチンする方法だと思います。

使う生姜の量や電子レンジの機種により加熱時間に差がありますのでご自身で調整しながら試してみてください。

また、スライスしたものを天日干しにして、好みの形に切って使うという方法もあるようです。

jinger
 

冬野菜ダイエットおすすめ食材その4『ネギ』

薬味としてよく使われるねぎには何となく脇役的なイメージが…。

でも、『ねぎ』には秘めたパワーが!!

『ねぎ』にはダイエット効果が期待できる成分が含まれています。

『ねぎ』に含まれている『アリイン』には糖質の燃焼を促進し、体力をアップさせてくれる働きがあります。

そしてこのアリインは包丁で細かく切ると『アリシン』という成分になります。

ねぎの辛味や独特な香りはこの『アリシン』ためです。

しかし、『アリシン』にもうれしい効果があります!

それは、ビタミンB1の吸収を助ける働きがあること。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きを持っている栄養素、ビタミンB1が体内に十分にあることで摂取した炭水化物がスムーズにエネルギーとして使われます。

leeks
 

以上、ダイエットにおすすめの冬野菜を紹介させていただきました。

 

まとめ

寒い冬の時期のダイエットのポイントはカラダを温めること。

ダイエット中だからと言ってサラダばかり食べていてはカラダが冷えてしまいます。

カラダを温めて代謝を上げることでさらなるダイエット効果が期待できます。

今回ご紹介した冬野菜を上手に利用し、鍋やスープ、煮物など温かい料理をつくって食べてみてはいかがでしょうか。

冬は暖かいものが食べたくなる季節ですし、これらの料理はヘルシーな上、タンパク質を加えることで栄養をバランス良く摂ることができるおすすめメニューです。

冬だからと言ってダイエットをあきらめないで!!

今年の冬は旬の冬野菜をおいしく食べて無理なく健康的にダイエットしませんか!!

*この記事は管理栄養士監修の下、作成されました。

Sponsored Link