サイン7話のネタバレ、感想・あらすじまとめです。

過去に柚木が関わった不可思議な事件で、トップアーティスト、北見を殺した犯人は楓。

楓の異常な深層心理に闇が深かったのです。

さらに、北見の事務所社長、会田が青酸カリが入った紙コップを宮島に渡して北見を殺そうとしていたこと、さらに、拒否する宮島に、コーヒーに青酸カリを混同させたこと。

すべての真相が垣間見れました!

そして、サイン法医学者柚木貴志の事件の第7話を見逃してしまった、あなたへ、見逃し配信の無料視聴も案内しています。

是非、最後までお付き合いください!

Sponsored Link

サイン~法医学者柚木貴志の事件7話のあらすじ

元同級生が作ったゲーム用シナリオに沿って、女性ターゲットを金槌で襲う非情かつ不気味な連続殺人事件――。

3年前に新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)の妹・優(黒崎レイナ)も襲われた、あの事件のシナリオには続きがあることが判明したのです。

そこには、とある公園で「幸せそうな5組のカップルに復讐せよ」との指令が…! 解剖医・柚木貴志(大森南朋)と景、警視庁捜査一課の刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は、新たな凶悪犯罪を未然に防ごうと、現場へ急行するのですが・・・。

 さらに、柚木が最初に関わった、国民的人気歌手・北見永士(横山涼)を青酸カリで毒殺したと自首し、服役していたスタイリスト・宮島清花(柳美稀)が警視庁捜査一課に電話をかけてきたのです! しかも、清花は管理官・和泉千聖(松雪泰子)に、自分は無実だと主張。

「真実をすべてお話します。会いに来てください」と懇願する宮島。

しかし、上層部からは終わった事件だと一蹴され、千聖は八方塞がりに…。

そんな中、事件直後の解剖で北見は窒息死だと確信していた柚木は、今度こそ真実を明らかにしようと決意。

清花と面会するのですが、なぜか「話すことは何もない」と、追い返されてしまいます。

 電話があってから面会までわずか1日。

その間になぜ清花の言動は180度覆ったのか?訝しがる柚木の脳裏をふと、ある人物の存在がかすめます。

その人物とは面会の直前、刑務所の廊下ですれ違った謎の女・島崎楓(森川葵)。

島崎楓は、島崎という県会議員の愛娘ですが、なぜか、ファーストレディの道へ。

しかし、彼女が清花とどういう関係なのかは不明で…!?

 やがて、さらなる不測の事態が起こってしまうのです。

清花が刑務所のシャワー室で死んでしまったのだ! しかも調べを進めると、北見事件に関する“驚愕の事実”と“さらなる謎”が浮かび上がり…。

優の過去のおぞましい事件の犯人は落合と落合の元仕事先のスタッフでした。

落合は学生時代、進学校で挫折した経験や自分がゲーム会社を解雇された腹いせから自分の思い通りに女性をターゲットにした連続犯罪を犯すように。
さらに落合の共犯は柚木や中園たちの連携により逮捕。

落合の被害者で重篤な優を見舞った景は、優に犯人が逮捕されたことを報告。

すると、優がかすかに頬から涙を流した反応を見て、僅かな希望を抱くのでした。

柚木は伊達に法医学の現場に戻してやるから自分に忖度をしろと強要。

しかし、柚木はそれを断ります。

和泉は北見の事件で逮捕された北見のスタイリスト、宮島から連絡が!

自分は本当は無実・・・犯人は別にいる、すべて話すから会いに来てほしいとのこと。

和泉は夜、酒を飲みながら柚木を呼び出してそのことを話しました。

柚木が宮島に会いに行く前に伊達と佐々岡は、宮島に関して「あの女を消さなきゃスキャンダラスになる」と相談。

そして、柚木と宮島は対面しますが、「記憶違いだった」と言ったり、宮島は何かの存在に怯えているようで話す事を拒否。

柚木たちは明らかに宮島が誰かに脅迫されていることを推測。

佐々岡は宮島の件を知り、「大至急頼みたいことがある」と仲間内で電話。

深夜眠る宮島は恐怖で寝付けず、仲間の受刑者が心配してくれました。

しかし、宮島がいる女子刑務所は不穏で不気味な空気が漂い、他の受刑者たちも美しい宮島の容姿などからどことなく彼女に対して複雑な気持ちを持っているような様子。

高橋が訪ねると、宮島は入浴中に自殺。

柚木や中園達が宮島の解剖をしていくと、宮島の指にやけそのような跡で電流物で感電した可能性が。

入浴場で感電したものを探す和泉と高橋。

入浴室の一つに電球が切れた部屋が!宮島は入浴中に電気の異変に気付いて触って感電し、頭を打ちました。

しかし、柚木や和泉、高橋らは宮島の部屋に何者かがあらかじめ電球に細工した可能性を視野に入れました。

高橋はバスに乗りそうだった亜希を追い、なんとか話を聞きました。

亜希は仮釈放が認められて、自身の立場上、宮島が亡くなって間もなくの状況を知っていながらあえて黙っていました。

さらに、宮島と生前話していた時、故郷の母から父の死を聞かされた宮島。

宮島は青酸カリで宮島を殺すように、北見の事務所の社長、会田に頼まれていました。

しかし、青酸カリの入ったコップを持っていたけれど、出来なかったとのこと。

亜希は宮島が生前、無実を晴らしたいと言っていたのですが、それすらかなわなかったのです。

いっぽうで、島崎と佐々岡が手を組んでいて、伊達も2人から自分達の悪事を口封じする代わりに協力を求めていたのです。

そう、伊達と佐々岡、島崎は癒着があったのです。

中園は柚木からの連絡で島崎の娘、楓について調べました。

なんと、楓は北見の元恋人でした。

さらに、和泉は楓と刑務所で調査中にすれ違ったことを思い出しました。

和泉は高橋とともに、北見が亡くなった直後に、会田にドリンクをこぼされたスタッフがいることが北見が殺された現場の監視カメラで発覚!

和泉らは、着ていたスタッフジャンパーのゆくえを探していました。

しかし、一度は北見の件で使われた衣服などが、会田のスタッフにより燃やされて証拠隠滅。

歯がゆさを感じた2人ですが、ようやく、ジャンパーにかけられたコーヒーに、北見が殺される直前に青酸カリが混入していました。

ようやく、コーヒーをかけられたスタッフから、ジャンパーを預かることができた和泉たち。

楓が解析すると、青酸カリの反応アリ!

柚木は清凛大学に通い、学校ではカリスマ的存在として知られる楓とついに対面。

楓は反社会的な態度があり、清楚な話方とは真逆で、北見の事件について柚木が調べていることを知ると、馬鹿にするような態度。

柚木は楓のあまりにもふざけた態度に複雑な思いを抱きつつも真実を暴こうと決意したのでした。

サイン 法医学者柚木貴志の事件7話 のネタバレ!柚木の最大の敵は楓!がTwitterで話題!感想・あらすじ・考察も!

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

まもなく、捕まった落合の仲間。

殺人ピエロであるとんでもない男が逮捕されてよかったですね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

宮島が可哀想すぎます・・・やはり、佐々岡らが宮島を、北見の件の関係者として消そうとしているのは明らか。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

個性派女優の長井短さんが宮島の受刑者仲間として登場!栗原類さんのようなどこか妖しげでエキセントリックな存在感がドキドキでした。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

長井短さん演じる亜希は善良な人物でよかった。

宮島に関する真実を一番知っていましたね。

宮島に唯一優しい人がいたことが救いです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

黒い・・・黒すぎる・・・伊達は佐々岡らと忖度関係にあったのです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

和泉と高橋が真実に辿り着こうとしますが、会田が権力すぎて逃げようとします。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

楓が元恋人とはいえ、北見のことを利用価値があるかないかで交際していたでは?と思わせたり、政治家の娘として権力を握っているからこそ、北見の事件の主犯でありながら、柚木達が真相に辿り着くのに時間がかかったのですね。
楓、あまりにも人としての心がなさすぎて危ない!柚木、景、負けるな!来週も見逃せません。

サイン 法医学者柚木貴志の事件 8話のネタバレあらすじ

 人気歌手・北見永士(横山涼)を毒殺した罪で服役するも不審死を遂げた宮島清花(柳美稀)、そして実際に永士の飲み物に青酸カリを入れた所属事務所社長・会田幹彦(猪野学)。2人と共謀した主犯は次期総裁候補・島崎藤一郎(小木茂光)の娘・島崎楓(森川葵)であり、彼女こそが北見を窒息死させてとどめを刺したに違いない――。北見の喉から見つかった青い繊維と照らし合わせ、そう確信する「日本法医学研究院」の解剖医・柚木貴志(大森南朋)。だがその矢先、真実の鍵を握る会田が死亡してしまう! しかも、ホテルの部屋から飛び降りたと見られる会田の遺体は、島崎の秘書・佐々岡充(木下ほうか)の要請で、島崎と裏でつながる「日本法医学研究院」の院長・伊達明義(仲村トオル)が解剖することになり…!?

 その頃、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)は会田の死に島崎サイドが関与していることを立証し、追い詰めようと計画。まもなく千聖の部下・高橋紀理人(高杉真宙)が、死亡推定時刻範囲内に会田の宿泊階で、楓らしき女が目撃されていたことを突き止める。だが、翌日に迫った司法解剖で伊達が自殺と判断すれば、捜査の続行は不可能だ…。自らのキャリアをふいにする可能性を視野に入れながらも、真実追求の覚悟を決めた千聖は、島崎の妨害を封じ込める“禁じ手”を実行することに! 一方、柚木はある切り札を盾に、伊達の助手として会田の司法解剖に参加。当然のごとく2人の解剖所見は食い違いを見せるが、その直後に伊達が耳を疑う言葉を発し…!

 そんな中、楓がついに任意聴取に応じる。だが、そこには“思わぬ落とし穴”が待ち受けていた――。

Sponsored Link

サイン-法医学者柚木貴志の事件-7話の見逃し動画はauビデオパスで!

▼サイン 法医学者柚木貴志の事件 第7話の無料視聴をご検討の方はこちら▼

まとめ

北見を殺した首謀者は、楓でしたね!なんと、北見の事務所の社長、会田がコップに入った青酸カリで北見を殺すように宮島に頼んでいたことや、さらに、宮島が拒否すれば、北見の飲むコーヒーに青酸カリを混入させ・・・北見の息の根を止めたのは楓の可能性大!

1話の事件の真相が続々と展開!柚木、頑張れ!来週も見逃せません!

Sponsored Link