監察医の朝顔の1話が7月8日月曜日に放送されました。

上野樹里さんの演技がTwitterで話題でしたね!「のだめカンタービレ」以来のドラマ主演に、視聴者さんたちは盛り上がっていました。

東日本大震災を作品の中に取り入れ、命の大切さや、今、命があることの有難み、被災を経験した人達が朝顔や朝顔の父、平のように、遺体が見つかっていないからこそ、被災して行方不明の家族の無事を何年経っても祈る強い気持ちが伝わりましたね。

そこで、本日は、監察医朝顔の1話ネタバレ、感想、あらすじ。

そして、監察医朝顔1話を見逃してしまったあなたへ、見逃し配信の無料視聴も案内しています。

是非、最後までお付き合いください!

Sponsored Link

 

監察医朝顔1話のあらすじ

万木朝顔(上野樹里)は、神奈川県にある興雲大学の法医学教室に勤める新米法医学者で、その技量の高さや人の気持ちに寄り添う人柄が、周囲から一目置かれるほどです。

捜査畑ひと筋の刑事でもある父・ 平(時任三郎)と2人暮らしをしています。

2011年3月11日から変わらない娘と父の日常。

しかし、朝顔の家にはいるはずの母、 里子(石田ひかり)の姿はありません。

実際に起きた、3.11のあの日・・・。

里子は、父親の 嶋田浩之(柄本明)に会うために、東北にある故郷の海沿いの町に帰省していた際、震災に巻き込まれてしまったのです。

朝顔が興雲大学の法医学教室に出勤すると、検査技師の 高橋涼介(中尾明慶)、法歯学者の 藤堂絵美(平岩紙)、絵美の夫でベテラン法医学者の 藤堂雅史(板尾創路)ら朝顔にとって、頼りになるメンバーが集結。

野毛山署の強行犯係に異動してくる刑事がハリウッド・スターに似ているらしい、と噂話で盛り上がる高橋と絵美。絵美は、朝顔の恋人で、野毛山署強行犯係の新米刑事・桑原真也(風間俊介)に確かめてほしいと頼み込んできます。

その頃、野毛山署強行犯係でも、係長の 山倉伸彦(戸次重幸)、刑事の 森本琢磨(森本慎太郎)、新米刑事の 愛川江梨花(坂ノ上茜)らがどんな刑事が来るのか興味津々で待機中。

すると、そこにやってきたのは平でした。

そんな折、野毛山署管内の倉庫で女性が死んでいるとの無線で連絡が入ります。

すぐに現場へ向かう平。

山倉は、桑原にも同行を求めます。

検視官の 伊東純(三宅弘城)は、到着した平たちに、頭部に外傷があるものの詳しいことは解剖をしてみないとわからないと伝え、興雲大学の法医学教室に連絡が入りました。

連絡を受けた朝顔と絵美は、藤堂が別の解剖に入ったこともあって一度は断ろうとするのですが、そこに、ちょうど旅行から戻ってきた主任教授の夏目茶子(山口智子)は、朝顔に解剖をしたほうがいいと提案。

ほどなく、平と桑原が、遺体とともに法医学教室へ到着。

そこで初めて、平が野毛山署に異動したことを知って驚く朝顔。

そしてそれ以上に驚いた平が恋人の父親だと知った桑原でした。

朝顔は、遺体の胸に手を当てて、「教えてください、お願いします!」と語り掛けます。

茶子の指導の下、遺体の解剖を行った。そこで分かったのは、女性が溺死した可能性があるとの見解。

倉庫で溺死という不可解な話に困惑する一同。

平は、桑原とともに現場に戻り、周囲の捜査を進めていき、女性の身に起きた事実に辿り着きました。

朝顔は父、平と温和な親子関係を感じさせる朝食風景。

ジョージクルーニー似の刑事が来ると、朝顔の勤務先では盛り上がっていましたが、実際は、朝顔の父、平でした。

藤堂は”ジョージじゃない”とがっかりします。

そんなどこかゆるくて和む空気のなか、今回の被害者女性の遺体が到着。

慎重に調べていくと、痣など細かな部分を負傷している被害者。

溺死していて、擦過傷が見られる被害者。

他の所轄がやりにくいと自宅で零す、平。

穏やかな夕ご飯光景の朝顔と平。

ふと、朝顔は母について零します。

実家へ帰省した際に、3月11日に起きた、東日本大震災に巻き込まれてしまい、生死すら不明なのです。

翌日・・・仕事に戻る朝顔。
遺体となった被害者は、身元がまだ不明なものの、海水を飲んでしまった可能性があるとのこと。
水質検査に出向き、その後、遺体の身元が判明。

早紀という名の10歳の女の子と夫がいる女性、恵子と判明。

早紀はショックの大きさに、母の遺体を見たくないと涙をこぼします。

恵子の夫は、娘の痛みに寄り添えていない自分の不甲斐なさを感じていました。

イベントに早紀と出かけた帰りにこのような事態になったそうです。

恵子には生前、心筋梗塞で倒れたことがあり、通院歴が。

帰宅後、震災のニュースが流れ、娘につらい思いをさせまいと、テレビを消します。

桑原刑事のことを平に聞く朝顔。

それに対し、極めて普通だと答える平。

LINEのような通信アプリで、そのことを桑原に伝えた朝顔。

桑原は、「普通?普通ってなに?気になって寝られない」と朝顔に変身するのでした。

朝顔は出勤途中に、駆け寄ってきた早紀と出会います。

仕事場で、早紀にりんごを振舞った朝顔。

母親を急に亡くした影響で、心を閉ざす早紀。

しかし・・・「わたし、お母さんにひどいこと言った」と悲しく呟く。

早紀は小学生女子向けのファッションイベントに行く時、「一人で行く・・・」と自立心から反発。

さらに、恵子が一生懸命、作ったお弁当について、周りの同級生にからかわれたことから、反抗心で、拒否してしまったのでした。

そこで散らばるお弁当を拾う恵子・・・。

その後、恵子を喪ってしまった早紀。

自分の反抗期ゆえの行動が母を傷つけてしまったと悲しんでいるのでした。

手の平に合成樹脂の傷があることがわかった恵子。

さらに、桑原と平は、恵子が落下した川に、富士百貨店の紙袋が浮いていることに気付きました。

恵子は先と別れたあと、富士子百貨店で、新しい弁当箱を買い、人気のない道でひったくりに襲われ、突き飛ばされ・・・、後に、恵子は遅発性溺水を発症。

朦朧とした状況で、帰ろうとしたのです。

そして、夫が働く工場に似た別の場で倒れてしまったのです。

家に似ていた内装から、恵子は自宅と間違えていたのでした。

飲み込んだ水が遅れて、肺に入り、水を飲んだ後、呼吸困難が起こる病気です。

事実が分かり、早紀と早紀の父に、事実を話し、早紀恵子がひったくりに遭ってから、必死に守った真新しい弁当箱を渡す朝顔。

早紀は母に謝り、泣きながら自らの行動を悔いました。

早紀の悲しいケースがひと段落し・・・、朝顔と平は生死すら不明で、遺体が見つかってない母、里子を喪った場所へ。

そこには、朝顔の祖父で、里子の父が暮らしています。

朝顔は、里子が亡くなる直前まで一緒にいたのです。

その矢先に・・・そう、朝顔が今回、向き合っていたケースは、朝顔のトラウマであり、法医学に携わりながら、遺体の声を聞こうと思った経緯を思い起こさせるものでした。

朝顔の母、里子は朝顔と一緒に里子の実家に来ていたのです。

その時・・・、地鳴りがして、里子は、知り合いの瑞枝のことを気にかけて一人で行ってしまったのです。

朝顔は、里子を一人で行かせてしまったことを後悔していたのでした。

朝顔はこの時知り合った法医学者が、茶子だったのです。

母と震災で別れた経験から、遺族の心を大切にしながら、遺体の声を逃さない朝顔と、妻の行方を未だに探求して、生きていることを願う平。

そして、それに協力する朝顔の祖父で里子の父、嶋田。

初回放送で、朝顔が何故、あんなにも遺体の声を熱心に聞こうとしていたのかが解明されましたね。

次回も、朝顔と平が、亡くなった人の真意、そして届かなかったメッセージに向き合う真摯で懸命な姿に注目です。

監察医朝顔1話上野樹里の演技が安定すぎると話題!をTwitterでチェック!

https://platform.twitter.com/widgets.js
始まりました。
平凡な朝顔と父、平のどこにでもある朝の風景。
ほのぼのしていて、癒されますね。

上野樹里ちゃん久しぶり\(^^)/楽しみ

上野さん、「のだめカンタービレ」以来の出演。
のだめの時のちょっと「おバカ」だけど音楽的才能を持つ主人公とは真逆の知的で実力の高さが有名な朝顔の活躍ぶりもワクワクしてきました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

朝顔役の上野樹里さんだけでなく、風間さんや、平岩さんなど個性派俳優が勢ぞろい!
朝顔を支える最高の法医学チームの頼もしさに期待しちゃいますね。

https://platform.twitter.com/widgets.js
カホコのパパだね!
新しい刑事は、家庭でも愛情深い、朝顔パパ。
朝顔パパは、「過保護のカホコ」のパパを演じていた俳優ですね。

上野樹里大好き!声落ち着く

上野樹里好きだから本当楽しみにしてた!!

上野樹里可愛いなー
結婚してから雰囲気優しくなったよね
すごく好き

上野さんの新役に期待する声、続出でした。

朝顔の感性の豊かさや洞察力はゾクゾク惹きつけさせられました。

https://platform.twitter.com/widgets.js
森本慎太郎さんがこのドラマでは、「イケメン」として注目されていました。
彼の朝顔への関わり方にも注目したいです。

https://platform.twitter.com/widgets.js
アンナチュラルに似通ったところはありますが、テンポ良く進んでいる感じが良いですね。

https://platform.twitter.com/widgets.js
ご遺体の身元と原因となぜ、こんなことになってしまったか気になります。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

平と朝顔の微笑ましいやりとりは癒されます。

https://platform.twitter.com/widgets.js
まだ小学生でお母さん亡くしてかわいそうに。

早紀の年齢を考えると、いたたまれないです。
まだお母さんと一緒に過ごしたり、甘えたい年齢なのになぁ。

上野樹里は数年前に医者役を演じた「アリスの棘」も良かったよ。父親を死に追いやった人達に復讐していく話。最終回では鳥肌が立った。本当に上手い役者だと思う。

上野樹里さんの演技力の高さに注目の声が。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

朝顔にLINEで、自分についての印象を伝えられて、普通ってなに?と聞く桑原は微笑ましかったです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

百貨店で娘の弁当箱買ったのかな?

早紀は反抗期で、母に当たってしまったことをとても後悔していて、しかもお母さんにもう「ごめんなさい」が言えない状況。
これは胸が詰まりました。

解剖医ドラマあるある。
ご遺体に、教えてとか聞かせてと、語りかける。

亡くなった人が本当に伝えたかった真相を探るため、「何度もごめんなさい」と静かに語り掛けるところは、確かに解剖医ドラマにありがちですが、朝顔が誠心誠意をもって、命と向き合おうとしている姿勢が伝わりました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

早紀が思春期で、他の子ども達から自分が持たせたお弁当箱のせいで、からかわれていることを知った恵子の優しさは、早紀の反抗を理解したうえで、新しい女の子らしい弁当箱を買って5時に早紀をイベント会場へ迎えに行こうとしていた矢先に・・・ううっ・・・!悲しすぎます。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

ひったくり犯の身勝手な行動が、娘のために真新しいお弁当箱を買いに走った、恵子の行動の必死さが痛いほど伝わりました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

この物語の設定が、実在に日本で起きた東日本大震災。
3月11日のあの日に、被災を経験した人達のことを思うと、朝顔が経験した警報の音など震災当時を思い出すシーンはなんともいえない複雑な気持ちになりました。
実際に、東日本大震災を経験した視聴者からも、当時を思い出してしまって辛いとの意見も。

https://platform.twitter.com/widgets.js

そうですね・・・恵子と早紀のケースを思うと、そう思わずにはいられない1話。
また、朝顔が母を亡くした経緯が、実際に起きた大震災。
これはテーマが奥深いと同時に人の命の大切さ、尊さを訴えている初回でしたね。

 

 

監察医朝顔2話あらすじネタバレ

朝顔(上野樹里)が法医学者として働く興雲大学の法医学教室に、アルバイト希望の医学部生・安岡光子(志田未来)がやってくる。時給目当てで応募しただけで法医学には何の興味もなく、周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする光子に、呆気にとられる高橋(中尾明慶)や絵美(平岩紙)、藤堂(板尾創路)たち。主任教授の茶子(山口智子)は、そんな光子を気に入り、採用を即決する同じころ、野毛山署強行犯係の平(時任三郎)と桑原(風間俊介)は、繁華街の路地裏でスーツ姿の男性の死体が発見されたという知らせを受け、現場に急行する。男は、財布やスマートフォンなど、身元の手掛かりになるものは何も所持していなかった。検視官の伊東(三宅弘城)は、熱中症による急性心不全の可能性に言及しながらも、司法解剖をしてもらった方が良いと告げる。平は、遺体と一緒に興雲大学の法医学教室へと向かうよう桑原に指示すると、現場周辺の捜査を始める。

連絡を受けた茶子は、藤堂に解剖の執刀を頼み、朝顔にもサポートをするよう指示する。ほどなく、遺体が運びこまれた。丁寧に調べていく藤堂と朝顔。ところがその最中、記録用に写真を撮っていた光子は、あまりの光景にショックを受け、意識を失って倒れてしまう。そんな光子を室外に出し、解剖を続けた朝顔たちは、この男性が30℃以上もあった暑さの中で何故か凍死していたことを知るが……。

Sponsored Link

監察医朝顔1話の見逃し配信はFODで

監察医朝顔1話を無料かつ安全に楽しむのなら、FOD(フジテレビオンデマンド)で楽しみましょう!

▼▼「監察医 朝顔」最新話の無料視聴は以下のVODサービスで視聴できます▼▼

監察医 朝顔 の原作

ドラマ「監察医 朝顔」の原作コミックも
電子書籍で読むことができます。

原作コミックは
FODのポイントを利用して
読むことが可能です。

合わせてご利用されてください。

▼監察医 朝顔の原作コミックはこちら▼

まとめ

監察医朝顔は、上野樹里さんの演技に関して多くの反響がTwitterに寄せられました。

朝顔は父、時任三郎と共に、実在に起きた3月11日の大震災で生死すら分からない、母、里子のゆくえを追いながらも、亡くなった人が伝えたかったメッセージはなにかを求めていきますね!石原さとみさんのドラマ、「アンナチュラル」を彷彿させる心にグッとくる内容でしたね!次回も見逃せません!

Sponsored Link