「ハケン占い師アタル」3話では、何を言っても、意欲のなさや反抗的な態度が窺える、シンシアイベンツの製作Dチームの一人、品川一真にスポットを当て、パワハラと愛のムチとの違いはなにか問いかけていましたね。

そこで、本日は、3話の感想とあらすじ・ツイッターの反応、そして、4話のネタバレも紹介していきます。

また、第3話無料見逃し配信案内をお伝えします。

Sponsored Link

 

ハケン占い師アタル3話ネタバレあらすじ

アタルが勤務しているイベント会社「シンシアイベンツ」で働く一人、入社1年目の品川一真(志尊淳)は、声優の夢に向かって突き進んでいる恋人や、学生時代の演劇サークルで一緒だった友人達が充実した毎日を送っているのを知り、どこかで自分もこうなるはずだったと劣等感を抱いていました。

勤務先でも、直属の上司・上野誠治(小澤征悦)からパワハラやモラハラを感じさせる叱責を日常的に受けており、心のブレーキが限界に近づいていました。
 ある日、「シンシアイベンツ」に大手化粧品会社が主催するなかなかない仕事が舞い込んできました。

アタルや品川が所属する制作Dチームのメンバー達は、大仕事にやる気満々ですが、いつも製作Dチームに小言や皮肉を言うことで知られている、部長・代々木匠(及川光博)から「Dチームの担当は商品のサンプリング」と悲しい現実を突き付けられてしまいます。

それでも、アタルを含めた他のメンバーは、商品のサンプリングの仕事に励みますが、急速にやる気を失った最年長の”モラハラ上司”上野が「絶対やらない」と放棄したうえに、品川に実施内容提案書の作成を押し付けてしまいます。

突然の無理難題に、不満を抱えながらも、しぶしぶ提案書作りに取り掛かろうとする品川。

そんな彼の姿を目の当たりにした派遣社員の的場中”通称、アタル”は、品川の周囲への態度や仕事ぶりを見て彼を助けようとします。

だが、提案書の内容はおろか、品川の人格や仕事ぶりについても上野は悉く、いつも以上にいびり、堪忍袋の緒が切れていた品川はついに退職すると啖呵を切ってしまうのです。

にこにこと笑みをたたえ、”仕事が出来る”アタルは、品川と上野の関係性や、品川の改善点を見抜き、再び、アタル流の「愛のムチ」ともいえる分析が始まりますよ。

毒舌かつ、ズバッと品川に本来必要なことを指摘するアタルのお説教が3話で品川を大きく変えていきます。

いつものことながら、アタルの母、キズナ(若村麻由美)の洗脳を感じさせるようなカウンセリングからスタートしました。

今回は恋人と同棲している、品川(志尊淳)回ですね!

品川に、何年後にはどういう自分になりたいかというキャリアアンケートに答えるように求める大崎(板谷由夏)。

シンシアイベンツ、会社創立50周年イベントの大きな企画が!新商品のサンプリングになりました。

新しい仕事に不満のないアタルや目黒以外は、全員ブーイングな「シンシアイベンツ」製作Dチーム達でしたが、渋々、サンプリングに取り組みます。

目黒は会社の若手メンバーのなかでも神田や目黒といった若手と交わらず、馴染む気もありません。

上野の居酒屋での飲み会にアタルと共に付き合わされます。

後日、品川は上野にパワハラを受けていることを題材にした企画書を匠部長(及川光博)と大崎に見せます。

上野の自分への暴言に耐えきれないと相談しますが、大崎は予想外の企画書にたじたじ・・・。

大崎は上野に優しくいつものことながら周りの顔色を窺う神田のように、上野をなだめ、今の若者には自分達が経験してきたような「厳しく鍛える」といった態度は通用しないとなだめます。

ついに、上野は品川が携帯をふと仕事中に見ていて、周りが品川の仕事のフォローをしている最中という事もあって激怒。

暴言に次ぐ暴言・・・周りは凍り付き、品川は会社を退社して間もなく、会社のパソコンアドレス宛に「一身上の都合で辞める」とのメッセージを残してしまうのでした。

大崎はその日の夜、品川の家を訪問しますが、その訪問前に、品川は同棲していた恋人が、声優になる夢を追いかけるべく出て行くとのこと。

和実と目黒は品川のフォローにかって出ますが、彼は退職届を持って会社に来ました。

アタルに懇願する2人ですが、頑なに拒み続けます。

しかし、目黒が珍しく品川に「本当にこのままでいいのか?」と説得し、品川はアタルに占ってほしいと頼みました。

アタル品川の3つの相談である、何もやりたいことが見つからないこと、演劇っぽい事だ思う今のイベント会社に入社したこと、上司(上野)のパワハラなどを聞き、品川の過去の背景を探りました。

学生時代の演劇サークルでも、品川の周りと意見が違うだけで、自分の思い通りに事が動かないだけで拗ねて仲間割れしていたことがわかりました。

アタルは品川に対して、愛のムチを振るいます!正社員でない自分よりも恵まれた環境にいる品川に、甘えるな!と一喝!仕事に正解なんかなくてそれでもやっていけないから仕事をしていること、いつか報われることを信じて社会の厳しさと闘っていると更に説教。

品川は一旦家に帰宅し、女装してからサンプリングの仕事に励みます。

昔、品川を馬鹿にしていた同級生から冷やかされるものの、品川は「これが自分の仕事」と冷静になって取り組みます。

仕事終了後、品川は仕事に誇りを持って取り組む事、真剣に今取り組んでいる仕事や環境に真摯に向き合うことを学んだのでした。

品川に暴言を吐いていた上野もちょっと言葉がやわらかくなったり(笑)。

そして、極めつけは、アタルの生い立ちが垣間見れそうな、このドラマのナレーションをしている、キズナ(若村麻由美)のシーンが!彼女は、アタルに特殊能力があると分かった時点で、彼女を占いの金儲けに利用していたのです。

アタルの行方を探しているキズナ・・・その名前とは程遠い、毒親を感じさせるキズナの本性も!

次回は、パワハラ上司の上野が、アタルに叱られます。

Sponsored Link
「ハケン占い師アタル」これまでのあらすじと感想はこちら

ハケン占い師アタル第3話の感想とツイッターの反応

https://platform.twitter.com/widgets.js

ハケン占い師アタル、本日は「品川回」ですね!志尊淳さんの謎の女装姿の真相にも迫りますよ!

志尊くんの回

品川は転職を考えていて、リア充生活をしている同級生達と自分の置かれた「シンシアイベンツ」での立場の現実を痛感!

新商品のサンプリングに、シンシアイベンツのメンバーは、アタルと目黒以外は不満たらたら・・・(笑)

目黒くんが元気そうでよかった!

ですよね!目黒くんの良いところって意欲ですよね。

仕事オフでもパワハラまじきついわー

凄い、この部署誰一人として良い人材が居ない

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

こんな上司無理

確かに・・・こんな上野ってパワハラすぎますよねいちいち発言が。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

たしかに、企画書を作る意欲を、仕事としての熱意に向ければいいって思いますね・・・品川くん。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

確かに、上野の堅物な昭和気質な様子は、品川とのトラブルを大きくしそうですね。

でも、上野ってパワハラで高圧的な態度が目立ちますが、内面はメンバーの本質を見抜いています。

品川が同僚なら関わりたくないな

神田と目黒は本当に優しいですよね・・・アタルに救われてから顔がいきいきしてますよね。

占いを全面拒否するアタルも、根っこは良い子なのか、とうとう品川に頼まれて了承しました(笑)。

https://platform.twitter.com/widgets.js

品の成長とアタルの愛ある説教は多くの視聴者に響きました!

https://platform.twitter.com/widgets.js

そして、敢えて女装をしてサンプリングの仕事に精を出すようになりました。

どっから仕入れてきたの?女装グッズ

最後に、仕事は無事成功!上野が品川に対してちょっと不器用な優しさのある一面が見れたのはホッとしますよね。

終盤にて、アタルに一緒に写真を撮ろうと誘った和実と目黒。

しかし、アタルは若者が好む写真を撮ってインスタグラムのようなSNSにアップロードされたり、写真を普通に撮られることを嫌います。

アタルちゃんはお母さんから逃げてるんだね
散々小さい頃からテレビとかで金儲けに使われてきたんだろうなぁ
可哀想

それはなんと、アタルの母、キズナ(若村麻由美)が、特殊能力のあるアタルの普通になりたかった気持ちを抑圧し、コントロールしていたのです!次回は上野に焦点を当てますが、キズナがアタルを探し出しているからこそ、アタルはプライベートに触れられたくないのが分かりました。

「上野回」だけでなく、アタルの謎めいた行動も出てきそうです。

Sponsored Link

ハケン占い師アタル第4話あらすじネタバレ

イベント会社「シンシアイベンツ」の制作Dチーム主査・上野誠治(小澤征悦)は、10年前に“伝説のイベント”を手がけて才能が認められ、一気に管理職に上り詰めるも、俺様的性格のせいであっという間に降格。40代半ばになった今、出世の見込みはほとんどない。どうにもうまく行かないのはプライベートも同様だ。妻とは5年前に離婚。一緒に暮らしている中学生の娘とも、うまくコミュニケーションが取れない日々が続いている。
 そんなとき、上野を指名した仕事がDチームに舞い込む。依頼主は上野と一緒にあの“伝説のイベント”を手がけた人物。新しい携帯サービス会社を立ち上げるにあたり、お披露目イベントの演出を上野に任せたいというのだ。気合が入った自信家の上野は、10年前と同じスタッフを招集し、満足してもらえる企画を提案すると宣言。張り切るあまりに周りが見えなくなり、派遣社員の的場中=アタル(杉咲花)らDチームのメンバーをこき使ったり、悪態をついたり…と、傍若無人ぶりを加速させる。
 やがて、Dチームでは上野に対する不満が蓄積。さらに、自らの鼻をへし折られるような事態に直面した上野は、“絶対に言ってはいけないこと”を口にしてしまい…!?

引用→https://www.tv-asahi.co.jp/ataru/story/0004/

ハケン占い師アタル3話見逃し配信はauビデオパス!

▼ハケン占い師アタルの3話の無料視聴をご検討の方はこちら▼

▼無料視聴の詳しいご案内はこちらの記事からどうぞ▼

・ハケン占い師アタル3話見逃し配信動画視聴方法

まとめ

愛のムチゆえの叱責なのか、はたまた、上野(小澤征税)の人格を傷つけるような身勝手な暴言なのか・・・前回の円(間祥太朗)のように、現代社会に問いかける考えさせられるエピソードでしたね。

さらに、第1話からずっと、作品のナレーションをしている占い師の女性が、アタルの母=キズナ(若村麻由美)だと3話で判明し、アタルとキズナの間にあった複雑な親子関係や、業務中にも関わらず、仕事をしている様子を自撮りしたり、仕事先でトラブルが起きても「初めての経験」だから嬉しいとちょっとKYな”フシギちゃん”な一面の原因がチラッと解明されました!アタルの能力を金儲けに利用してアタルの事を精神的に支配していそうな節が!

次回は視聴者がムカムカっときたけど、憎めない上司、上野にスポットを当てていきます!お楽しみに!

Sponsored Link