暦の上では春を迎えたとはいえ、
部屋の中でもまだまだ寒いですよね~~
育児に奮闘中のパパさんママさん
冬の寒さから赤ちゃんを守れていますか!?

赤ちゃんは体温調整が下手なので、
冬にエアコンを上手に活用して
冬の寒さから赤ちゃんを守り
風邪などひかせないように
しっかりと対策を練りましょう!!

まぁ、とりあえずエアコンで
暖房入れてるし、
大人が快適だから大丈夫よね~~

 

と安心ているそこのママ!!
実は冬のエアコンは、上手に活用しないと
赤ちゃんは快適に過ごせないんですよ。

設定温度や湿度は管理できていますか?

ドキッとしてしまったそこのあなたに、
今回は冬のエアコンの使い方や掃除方法などを
まとめてお伝えしたいと思いますので、
ぜひ参考になさってくださいね。

Sponsored Link

冬のエアコンが意外と便利

赤ちゃんは自律神経の発達が
まだまだ未熟なため、
自分での体温調節が苦手です。

そんな赤ちゃんが快適に過ごせる室温は
20~25度といわれていますが、
エアコンを使えば、
冬の寒さや天気に左右される
室温を一定に保つことが来ます。

でも毎日つけると電気代が・・・
着込めば何とかなるんじゃないの?

なんて思うこともあるかもしれませんが、
洋服での調整はなかなか難しいのが現実。

心配な電気代のことも、きちんと知っていれば
案外冬のエアコン生活
赤ちゃんにとって快適なんですよ。


最適室温は?

冬になると、朝晩と日中の温度差が
10度以上もある日もざら。

特に寒い地域にお住いのご家庭では
日中の室内温度は冷え込んでしまいますよね。

そんな冬には、
暖房をがっつり入れて
炬燵でアイス~~♪

なんて、
大人にとっては贅沢な冬の楽しみですが、
赤ちゃんにとっての快適な室温は20~25度。

さらに、ハイハイや遊びに夢中で
体温が上がることを考えると、
大人の楽しみに
付き合わせることはできません(笑)

赤ちゃんには、快適な設定温度をエアコンで
調整してあげれば、
必要以上に着込ませることもなく、
快適に遊びに夢中になってくれますよ。


最適な湿度を保つ

さて、ここで気を付けて頂きたいのは

湿度。

設定温度は20~25度にしたからOK~
ではないんです!!

赤ちゃんに快適な湿度は40~60%が目安。

赤ちゃんの皮膚は、大人の1/3ほどの薄さで
乾燥に敏感で繊細。

特にエアコンの風などが直接当たって
赤ちゃんの周りだけ乾燥しやすい!!

なんてことにならないように、
気を付けてくださいね。

そこで乾燥しがちな冬にこそ、
ぜひ活用していただきたいのが加湿器

最近ではコンパクトな加湿器や
電源のいらない加湿器、
これって加湿器なの??
と疑ってしまうくらいオシャレな
加湿器もたくさん売られていますよね。

人気の加湿器はこちらからチェック!
お気に入りの加湿器が手に入ったら、
次は快適な湿度を保つ工夫もしたいところ。

湿度計を用意したり、
加湿器を置く場所にも注意が必要です。

まずは赤ちゃんが触らないよう
高めの台の上に置くのがおすすめ。

そして、誤作動防止のため
エアコンの風が直接当たるところ
おすすめできません。

あと注意すべきは、カーテンなどの
布地のもののそばに置かないこと。
カビが発生しやすく衛生面が心配です。

これらに注意して、
上手にエアコンと加湿器を活用すれば
冬でも赤ちゃんが快適に過ごせますよ。


冬のエアコンはつけっぱなしがGOOD

ダイキン工業さんの実験によると、
24時間エアコンをつけっぱなしにした時と、
30分おきにONとOFFを切り替えた時を
比較したところ、

なんと、

つけっぱなしにした時のほうが
電気消費量を低く抑えられたんです!!

つまり、つけっぱなしにしたほうが
電気代が安くなる!!

快適な設定温度が保てて、
なおかつ電気代もお得となれば、
もう迷わずつけっぱなしにしちゃいますよね。

ちなみに、30分程度の外出であれば
こちらもつけっぱなしのほうがお得。

それ以上の外出になる場合は
一度スイッチを消してしまうほうが
お得とのことでした。

ぜひご参考までに。

Sponsored Link

石油ストーブやファンヒーター

これまでエアコンの活用を
お勧めしてきましたが、

要はエアコンの設定温度を
室温計で管理しちゃえば、
石油ストーブやファンヒーターでも
いいんじゃないの!?

と疑問に思いますが、
換気が不十分だと一酸化炭素中毒も心配ですし、
温度管理が思ったよりも難しいのが現実。

一日中室温計と
睨めっこすることはできませんよね。

また、1時間当たりの電気代においては、
・エアコンが2.8円~
なのに比べ
・電気ストーブ(弱)8.91円
・ファンヒーター(弱)13.5円
・オイルヒーター(弱)13.5円

と、ダントツでエアコンがお得な上、
設定温度も管理してくれるとなれば
やはり冬に活躍してくれるのは
エアコンがお得ですね。


エアコンの掃除は冬のうちに

さぁこれで、冬の室内は快適~~

と安心したのもつかの間。

忘れてはいけないのが、エアコンの掃除!!

なんだか大掛かりになるエアコンの掃除は
時間ができたときにでも・・・
なんて悠長にしていると、
室内がばい菌だらけに!!

なんてことにならないよう、
ぜひ冬のうちに
エアコン掃除をしてしまいましょう!!

なぜならエアコンと一緒に使っている加湿器。

なんとこの加湿器でカビが増殖してしまう
こともあるんです。

カビの大好物である湿気

湿気を作り出すのが加湿器。
切っても切れない関係ですね、はい。

なぜ冬の掃除をお勧めするかというと、
夏の時期に冷房を入れると
エアコン内部に水分が発生し、
掃除をしても使うたびに
水分が発生してしまいます。

しかし、冬の暖房使用時には
エアコン内に水分は発生しないんです。

エアコン内が乾燥している冬にこそ、
しっかりと掃除をして
カビ予防をしておきましょう。

とはいえ、
専門知識のない素人の私達が
エアコンの掃除といっても
いまいちピンときませんよね。

表面のフィルターだけならまだしも、
エアコン内部の掃除となるとよくわかりません。

それでも、節約のために!!

なんて、頑張ってみようと思っても
今度は衛生面の心配もあります。

そんな時は、
やっぱり専門の業者にお任せするのが一番!

冬の時期であればすぐに駆け付け、
更に、価格も夏の時期に比べ安く済みます。

いずれは、
やらくてはならないエアコンの掃除。

この機会に検討されてみてはい如何でしょうか?

CMでもおなじみの『お掃除本舗』なら、
業界NO.1の実績とサービス信頼がおけます!

サービス店舗も全国1400箇所と
フットワークにも心配はいりません。

先ずは、
お見積りからご検討をされてみて下さい!




エアコンクリーニングのお見積りはこちら

 


【終わりに】

ということで今回は、
赤ちゃんが快適に過ごせる
冬のエアコンの活用方法と加湿器のススメ。
そしてエアコン掃除の
おすすめ時期をお伝えいたしました!!

ポイントは、エアコンの設定温度と
加湿器を置く場所。
そしてエアコン掃除は
ぜひ冬に行っていただくことです。

エアコンと加湿器を上手に
活用して、快適な室内づくりをしましょう。

最後までお付き合い頂き
ありがとうございました。

Sponsored Link