夏の高校野球、
2018年の甲子園予選鹿児島大会が遂に開幕!

鹿児島県の高校球児だけじゃなく、
鹿児島民の熱い夏が到来です!

ここでは、
今年の夏の高校野球鹿児島県大会(甲子園予選)
の優勝校予想と注目選手をチェック!

また、開催日程や試合結果も掲載しています!

Sponsored Link

試合日程

トーナメント表

後日掲致します。

Sponsored Link

注目の一戦

後日掲載致します。

開会式

【日程】
7月7日(土)

【場所】
県立鴨池球場

1回戦

後日記載致します。

2回戦

後日記載致します。

3回戦

後日記載致します。

4回戦

後日記載致します。

準々決勝

後日記載致します。

準決勝

後日記載致します。

決勝戦

7月22日(日)県立鴨池球場

試合結果

後日記載致します。

試合速報はこちらから

Twitter

高校野球ステーション

鹿児島県春季大会の結果

鹿児島春季大会結果

優勝 れいめい

準優勝 樟南

3位 神村学園

3位 国分中央


れいめい松江投手、樟南松本投手、
好左腕同士の投げ合いとなった決勝戦
6対2で逃げ切った、れいめいが
3季ぶりの優勝。

バッテリーを中心に
粘り強い野球のれいめいに対して、
今大会注目のナンバー1左腕を
中心とした優勝候補樟南。

下馬評では樟南有利の声もありましたが
エース松江が打たせて取る粘りのピッチングで
樟南打線を封じると、
打線もつないだチャンスを確実にものにして
効果的に得点をあげて見事勝利しました。

優勝候補筆頭にあげられていた神村学園は
準決勝不戦敗、鹿児島実業は
樟南にコールド負けと波乱含みの
春季大会となりました。

歴代優勝校(過去5年)

平成25年度 第95回大会 樟南

平成26年度 第96回大会 鹿屋中央

平成27年度 第97回大会 鹿実

平成28年度 第98回大会 樟南

平成29年度 第99回大会 神村学園

ここ5年間で樟南が2度、
鹿児島実業、神村学園がそれぞれ1度、
甲子園の切符を手にしている。

過去10年を振り返っても
樟南、鹿児島実業、神村学園が
それぞれ3回づつ甲子園出場を果たしており、
他校が割って入るスキがないというのが現状。

ただここ3年は鹿児島城西、鹿児島が
決勝にコマを進めており、
3強対3強の構図は
崩れつつあるのではと感じさせます。

今年は、この3強のうち、
前年度甲子園出場の神村学園と
春季大会準優勝校の樟南が有力です。

どちらも絶対的なエースと
走攻守にバランスの取れた打線を擁しており、
チームの総合力で頭一つ出ている印象です。

しかし、上記の通り戦力が拮抗しつつある
近年を振り返ると平成26年度の
鹿屋中央のように下馬評を覆すチームが
出てもおかしくはありません。

そんな期待をさせる次点優勝候補、
春季優勝校のれいめい、
同ベスト4国分中央、
同ベスト8鹿屋中央。

この3校が夏の予選を
盛り上げてくれることに期待したいです。

【夏の高校野球】鹿児島県大会優勝校予想

本命◎ 樟南

チームの命運は「エース松本」
県内ナンバー1左腕を中心に繋ぎの打線、
守り勝つ野球が売りの今年の樟南。

ずば抜けたタレントこそいないが、
打線は安定しており、
不安材料は春季大会で露呈した
エース松本の不調のみ。

逆に松本が本調子を取り戻せれば
他のチームにとって脅威となると思います。

打線は、宮下、石澤、川崎と
昨夏からレギュラーとして活躍。

経験値という点では昨年王者神村学園に
引けを取らないと思います。

注目は二年生時から四番を務める宮下です。

今春九州大会延岡戦で
豪快な3点本塁打を放つなど
パンチ力のある打撃で打線を牽引します。

エースと四番チームの柱は揃ってます。
調子さえ上がってくれば
順当に勝ち上がってくると思います。

対抗〇 神村学園

春季大会は、まさかの不戦敗で幕を閉じた
昨夏の鹿児島県王者。

甲子園経験者が8人残り、
盤石の中で「まさか」の青天の霹靂。

そういった点も考慮して
夏季はチーム状態がどうなるか心配です。

昨年の夏季予選、秋季大会、
今年の春季大会の不戦敗まで
県内無敗と他を寄せ付けない強さです。

春季大会は主軸がポツポツと
試合に出始めたところで去ったので
あまり参考にはなりませんが、
対外試合3ヶ月禁止で
7月まで試合をすることができません。

これがどの程度マイナスに働くのか
気になるところです。

投手陣はエース中里が春季大会直前で負傷。

代わりに金城、枕崎、上野を
調子によって使い分け春季大会を
無難に勝ち上がりました。

中里が復帰すれば、
経験を踏ませた三投手と合わせて
投手層はさらに厚みが増すと思います。

打線は主将で要の羽月を中心に
どこからでも長打を打てる強力打線です。

今春の逆境をバネに
どんな野球をみせてくれるのか楽しみです。

注意△ れいめい

1981年(当時川内実業)以来
二度目の甲子園出場を目指す春季大会王者。

上位常連の一角ではあるが、
神村学園、樟南、鹿実の県内三強の壁が
常に立ちはだかっています。

昨年は鹿児島が、
3年前は鹿児島城西が挑戦しましたが、
一歩及びませんでした。

今年のれいめいには
この均衡を崩す可能性が十分あるといえます。

投手陣は、
真っ直ぐとチェンジアップの緩急を武器に、
得点圏にランナーを背負っても、
丁寧に、丁寧に、粘り強く投げるエース松江。

失点しても大きく崩れない、
気持ちの強い選手という印象を受けます。

特に春季大会決勝樟南戦は毎回出塁を許し、
再三得点圏にランナーを背負うという
苦しい展開でしたが、要所をきっちりと抑え
9回完投勝ち越しを許しませんでした。

打線は好機をきっちりものにす
る勝負強さが売りです。
そんな中でも勝負強さが光る三番川口に注目。

穴▲ 鹿屋中央

第96回大会で初の甲子園出場を決め、
その後も上位常連校となっている強豪です。

春季大会は優勝したれいめいに破れ
ベスト8でしたが、その後の練習試合で
甲子園常連校の作新学院に引き分けるなど、
地力は間違いなくあると思います。

注目は主に一、三番を打つ
俊足、強打の篠田大成。

春季大会は特に好調で
三試合連続本塁打(二試合連続先頭打者本塁打)
を放つなど打席に立てば何かやってくれる。
そういう雰囲気を持つスラッガーです。

投手陣はエース向井から
中俣に繋ぐというのが必勝パターンです。

投手陣が粘り強く投げて、
チームカラーである強打が猛威をふるえば
台風の目になること間違いなし。

【夏の高校野球】鹿児島県大会注目選手

松本晴 (樟南)

【データ】
・180cm・76kg・ 左投左打・3年

2年夏から樟南のエース。

しなる腕の振りから繰り出す140km/h超の
キレのある真っ直ぐと打者の手元で鋭く切れる
スライダーを武器に三振を量産する本格派左腕。

ボールの出所が見づらく、
コーナーを投げ分ける制球力も
平均以上でまとまっています。

特に打者の膝元へのスライダーは精度抜群です。

昨夏の鹿児島大会準々決勝の大島戦では
9回二死までノーヒットの好投も
あと一歩で全国の切符を逃しました。

今年こそは甲子園出場という想いは強いはず。

夏は更なる進化で樟南を甲子園に導いて欲しい。


羽月隆太郎 (神村学園)

【データ】
・175cm・70kg・ 右投左打・3年

今年の鹿児島県を代表する
走攻守揃った遊撃手。

打撃センス抜群で長打も多い、
神村学園の主将であり、打線の要です。

昨夏の甲子園大会三回戦明豊戦では
延長戦サヨナラ打で破れはしたものの
自身は6打数3安打、打率.500、
二本の三塁打を放つなど、
大舞台で高いパフォーマンスを披露しました。

身体能力の高さを活かした、
スピード感溢れるプレーに注目です。

まとめ

今年もやはり樟南、
神村学園、鹿児島実業の三強が有力候補です。

ただ、鹿児島県全体の野球レベルは
確実に上がっています。

鹿児島県の三強以外の勢力図は
毎年のように変動します。

春季大会からひも解くと、れいめい、
鹿屋中央、国分中央や鹿屋といった
自信を深めたチームが三強を倒して
勝ち上がっていく。
そういうことも容易に想像できます。

高校野球は「一つのミスが流れを変える」
その流れが勝敗を分けるという側面が多かれ、
少なかれあります。
これが醍醐味であり、怖いところでもあります。

今年の鹿児島を制するのはどこか?

いざ熱戦を期待したいと思います。

Sponsored Link
Sponsored Link