夏の高校野球、
2018年の甲子園予選西東京大会が遂に開幕!

東京都の高校球児だけじゃなく、
東京都民の熱い夏が到来です!

ここでは、
今年の夏の高校野球西東京大会(甲子園予選)
の優勝校予想と注目選手をチェック!

また、開催日程や試合結果も掲載しています!

Sponsored Link

試合結果

試合速報はこちらから

バーチャル高校野球

Sponsored Link

7月30日(月)決勝

神宮球場

日大三vs日大鶴ケ丘

123456789R
日大鶴
0
2
0
0
0
0
1
0
0
3
日大三
2
0
0
0
1
0
0
0
2x
5


Sponsored Link

7月26日(木)準決勝

神宮球場

日大三vs東海大菅生

123456789R
東海菅生
3
1
1
0
1
0
0
0
0
6
日大三
6
0
0
3
0
0
0
0
x
9

日大鶴ケ丘vs国士館

123456789R
国士館
1
0
0
0
4
0
0
0
0
5
日大鶴ケ丘
2
1
0
1
0
2
0
1
x
7


Sponsored Link

7月22日(日)準々決勝

神宮球場

創価vs日大鶴ケ丘

123456789R
創価
2
0
0
0
0
0
0
0
0
2
日大鶴ケ丘
0
0
0
1
0
0
1
1
x
3

東海大菅生vs八王子

123456789R
東海菅生
0
1
1
0
2
0
0
1
0
5
八王子
1
0
0
0
0
1
1
0
0
3

7月22日(日)準々決勝

神宮球場

日大三vs片倉

123456789R
片倉
0
0
0
0
5
1
0
0
0
6
日大三
1
0
0
0
2
0
4
1
x
8

国分寺vs国士館

123456789R
国士舘
1
1
0
0
0
1
0
0
1
4
国分寺
0
0
0
1
0
1
0
0
0
2

7月20日(金)ベスト16

ダイワハウススタジアム八王子

専大付vs八王子

123456789R
専大付
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
八王子
3
0
0
0
0
0
0
0
x
3

日大鶴ケ丘vs明大中野八王子

123456789R
日大鶴
7
0
5
0
0
0
0
3
4
19
明中八
6
0
0
4
5
0
0
0
0
15

府中市民球場

創価vs昭和

123456789R
創価
0
0
0
0
3
1
1
0
0
5
昭和
0
0
1
0
1
0
0
0
0
2

東海大菅生vs八王子北

123456789R
八王子北
0
1
0
0
0
0
2
0
0
3
東海菅生
0
0
0
0
0
2
1
3
x
6

7月19日(木)ベスト16

ダイワハウススタジアム八王子

日大三vs駒大高

123456789R
日大三
2
1
3
3
0
4
-
-
-
13
駒大高
2
0
0
0
0
0
-
-
-
2

調布南vs国士館

123456789R
調布南
0
0
0
1
0
0
-
-
-
1
国士館
6
2
0
1
1
1x
-
-
-
11

府中市民球場

日野vs片倉

123456789R
片倉
3
0
0
0
2
0
0
0
0
5
日野
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1

拓大一vs国分寺

123456789R
国分寺
1
0
2
0
0
3
0
0
0
6
拓大一
2
0
1
0
0
0
0
0
1
4

試合日程

7月26日(木)準決勝

神宮球場

日大三vs未定
開始予定時刻 10:00

123456789R
日大三
-
-
-
-
-
-
-
-
-
0
未定
-
-
-
-
-
-
-
-
-
0

未定vs国士館
開始予定時刻 12:30

123456789R
未定
-
-
-
-
-
-
-
-
-
0
国士館
-
-
-
-
-
-
-
-
-
0

7月28日(土)決勝

神宮球場

未定vs未定
開始予定時刻 10:00

123456789R
未定
-
-
-
-
-
-
-
-
-
0
未定
-
-
-
-
-
-
-
-
-
0


Sponsored Link

トーナメント表

東京春季大会の結果

春季東京大会結果

優勝:日大三高(西東京)

準優勝:国士舘(西東京)

ベスト4:早稲田実業(西東京)

ベスト4:創価(西東京)


国士舘を相手に6対0という完封勝利で
日大三高が優勝しました。

両校とも守備がしっかりしており
引き締まった好ゲームになりました。

ベスト4の早稲田実業はプロ注目の捕手、
野村大樹選手が高校通算57号の
ホームランを放つも日大三高に7対5で惜敗。

同じくベスト4の創価は国士舘相手に
4対0の完封負けでした。

ここまで読んでいただいた方は
お分かりだと思いますが
ベスト4まで残った4校は
全て西東京地区の高校になっています。

これを見ただけでも今年の西東京地区は
大激戦区になることは言うまでもないですね。

歴代優勝校(過去5年)

平成25年第95回大会
・日大三高

平成26年第96回大会
・日大鶴ヶ丘

平成27年第97回大会
・早稲田実業

平成28年第98回大会
・八王子

平成29年第99大会
・東海大菅生

以上のように過去5大会で
2回以上優勝したチームはありません。

それだけ実力が拮抗しているということです。

上にあげた高校以外にも
強豪校は多く記念大会で大阪や神奈川から
2校出場することを考えると
全国で最激戦区と言えるかもしれません。

【夏の高校野球】西東京大会優勝校予想

本命:日大三高

過去多くのプロ野球選手を輩出した超名門校。

近年では坂倉将吾選手(広島)、
櫻井周斗選手(横浜)を輩出しました。

春20回、夏16回、甲子園に出場しています。

去年秋の新チーム結成当時は
正直、神奈川の東海大相模や
大阪の大阪桐蔭、埼玉の花咲徳栄など
他県の強豪に比べると完成度は
かなり低かったと思います。

選手個々のポテンシャルは高いですが
チームとして機能していない感じでした。

しかし春季大会では、
相手を最小失点に抑える守備のまとまりが
出てきました。

得点能力は非常に高いだけに
相手が焦りミスが増える傾向にもあります。

こうした戦いが出来れば
激戦区西東京地区で一歩抜き出た
チームと言えるかもしれません。

間違いなく優勝候補筆頭だと思われます。

対抗:早稲田実業

過去に清宮幸太郎、斎藤佑樹
(共に日本ハム)を輩出。

少し古い話ですが元祖高校野球アイドル、
荒木大輔(現、日本ハム2軍監督)も出身。

春21回、夏29回、甲子園出場の強豪校。

2017年夏は清宮幸太郎を擁し
優勝候補に挙げられましたが
惜しくも準優勝に終わりました。

今年は去年の悔しさを経験した
野村大樹選手がキャプテン。

プロ注目の池田徹選手もおり
投打のバランスは良いです。

春大会でもしっかりベスト4に進出。
十分優勝の可能性はあります。

穴:国士舘

ここ最近は
甲子園から遠ざかっていますが過去、
春8回、夏1回、甲子園に出場している古豪です。

春季大会で準優勝に輝き
今夏も優勝候補の1校です。

ピッチャーが良く、
石井峻太投手、草薙柊太投手の
二枚看板です。

特に草薙投手は
最速147キロのストレートにスライダー、
カーブ、チェンジアップを織り交ぜた
投球に注目です。

一時は怪我のため
ピッチャーを出来ない時期も
あったようですが見事に復活。

ちなみに中学時代、
全国軟式大会の準優勝ピッチャーでもあります。

穴:創価

近年多くのプロ野球選手を輩出している名門。

春3回、夏5回、甲子園に出場しています。

今春も東京大会ベスト4と安定した戦績。

注目は浪川広之選手の長打力。
攻守がうまく噛み合えば
十分甲子園出場の可能性はあります。

穴:東海大菅生

過去、楽天、南要輔選手を輩出。

春3回、夏3回、甲子園に出場しています。

新チーム結成後の秋季大会では
二松学舎に12対5で大敗。
不安な船出でした。

しかし、
冬のトレーニングでチームの結束力、
個々の力がUP。

エース戸田選手、
スラッガー片山選手を中心に
春はベスト8に食い込みました。

去年、清宮選手率いる
早稲田実業に勝利し甲子園に出場したことは
記憶に新しいはずです。

【夏の高校野球】西東京大会注目選手

野村大樹選手(早稲田実業)

高校通算50本を超える本塁打を
積み重ねている強打の捕手。

1年生から試合に出ており経験値も豊富。

チャンスに強いバッティングが魅力で
攻守の要。

2年生まではサードが本職で
プロのスカウトの間では
サードとしての適正に太鼓判を押すチームも。

しかし個人的には
去年の広陵高校中村奨成選手(現、広島)のように
打てる捕手としてプロで活躍して欲しい選手です。

まとめ

最近の成績を見るように
多くの強豪校が集まっている激戦区西東京。

ここで挙げた高校以外にも
日大鶴ヶ丘や桜美林などの古豪や
一昨年初出場した八王子など
勝ち上がる可能性のある高校は沢山あります。

日大三高や早稲田実業が絶対なはずもありません。

全国屈指の激戦区の戦いがもうすぐ始まります。

Sponsored Link