Sponsored Link

仮面ライダービルド第41
ベストマッチの真実
見逃してしまった・・・。

録画をミスってしまい、
見る事が出来ない・・・・。

そんなお悩みの方に、
仮面ライダービルドの第41話の
見逃し配信動画を無料で視聴する方法を紹介!

また、次週放送の第42話のあらすじと
予告動画もチェックです!

41話のあらすじと感想を含め、
第40話も確認です!

Sponsored Link

41話の見逃し配信の無料視聴

1話だけも見逃すと、
話しの展開がわからなくなる
仮面ライダービルド。

これが正直、悩みの種でもあります(笑)

41話の無料動画視聴なら、
「auビデオパス」でみれちゃいます!

>動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題
登録後、30日以内に解約すれば、
利用料金は掛かりませんし、
仮に継続したとしても、
月額利用料はたったの526円。

いつでもどこでも、
仮面ライダービルドを楽しめれば
高くはないですね。

さらに、
仮面ライダービルドだけじゃなく、
過去のスーパー戦隊や仮面ライダーを
全て視聴する事が可能!!

これで、月額利用料526円は安い!

>>1ヶ月間無料で仮面ライダービルドを楽しむ
 


 

auビデオパスを一ヶ月間おためし無料視聴してみる

42話あらすじ&予告

エボルトがロストボトルを集めている
ということは、戦兎の父・葛城忍が
エボルトと行動を共にしている可能性がある。
一海は、忍を“黒幕”と疑い戦兎と対立する。

疑惑を晴らすためにも早く父と再会したい。
感情的になる戦兎をあざ笑うかのように、
エボルブラックホールはブラックホールを使い
東都政府官邸を吸収。
さらに御堂に擬態し、
三都の統一を宣言し民衆を喜ばせる。

勢いづいたエボルトは
仮面ライダーを民衆の敵に仕立て上げ、
戦兎らを誘い出す。
建物を破壊するマッドローグらを前に
戦兎と幻徳はビルド、ローグに変身。
ともに父親の想いを胸に戦い、
マッドローグの変身を解除させる。
が、そこへビルドラビットタンクが現れた!
「ビルドがもう一人…」

その正体は!?
【テレビ朝日】http://www.tv-asahi.co.jp/build/next/

映画に似てる内容なのでしょうか?
ビルドが民衆の敵になる??

と思ってたら、
東映ページにこんなことが・・・

次回の第42話の放送で
エボルトがとる日本統一への動きと、
映画での三都知事との関係は
無関係ではありません。
【東映】https://www.toei.co.jp/tv/build/story/1212965_2766.html

やっぱりか!!
42話は大事だぞ!!

41話「ベストマッチの真実」感想

多治見首相を元に戻したビルド。
そこへエボルトがやってきた。

黒いボトルをどうするつもりか聞く戦兎に、
新世界を作るというエボルト。

それはさせないと、
ジーニアスに変身し、
エボルに立ち向かう。

エボル対ジーニアス。
スピードがすごいので、
描き方がドラゴンボールですww



ゴクウが戦ってるみたい。

ブラックホールフォームに変身しようとする
エボルトの手を掴んでそれを阻み、
完全体になる前に倒そうとするビルド。


ジーニアスのオールサイド攻撃を受け、



何らかの影響を受けたエボルト。


変身を解除されるが、様子がおかしい。


どうやら感情が生まれたらしい。


それに喜び、ボトルを奪わず消える。

そこへ、港へ礼香に会いに行っていた
龍我から電話が・・・


nascitaに戻った戦兎は、
葛城忍が生きていたことに対して、
なぜ、隠していたのかを考える。

そう。
幻徳が言う通り、
最前線でパンドラボックスの光を浴びた
葛城忍が、自殺するワケないんですよ!

そして紗羽から、
礼香が葛城忍から預かっていた
USBを受け取る。


そのUSBには、
葛城忍の研究データが入っていた。


ロストボトルを集めると、
人事を越えたすごいことが起こるらしい。


ロストボトルは10本。
バット・コブラ・キャッスル・クワガタ・
オウル・シザーズ・ハンマー・ゼブラ・
スパナ・CD
やっぱり最後はCDでしたね。

エボルトがなぜ、10年経った今でも、
地球を滅ぼしていないのか・・・

その謎を探るために
エボルトの行動を振り返ってみる・・・


結果的には、エボルトの策略に
まんまと乗せられていたことに。

落ち込む戦兎に、全員が一斉に慰める。


これが、ビルドチームの強さですね!

そこで分かったのは、
戦兎と龍我が出会ってから、
登場したスマッシュは、
全て2人に関係のある人
だったということ。


一番最初の人は紗羽を襲ったヤツじゃん!
って思ってたら、「2人が出会ってから」
という大切な枠組がありました~(^^)

それなら、龍我の横で実験されていた、
ピアス男(志水)だぁね。



そこで、紗羽が、
そのピアス男のことについて
調べにいく。

そして、もう1つの疑問が、
石動に憑依したエボルトが、
病院で目が覚めてから
ファウストのアジトに現れるまでの
約5年間、どこで何をしていたのか、
ということ。

おぉ~!
この話にも触れてくるのか~~!!
楽しみ~~~!!

石動の元へ看病へ行く、
美空と戦兎。

そこで、ベストマッチについて
戦兎が美空に話す。

ベストマッチについては、
石動に憑依したエボルトが、
地球のエレメントを集めるに当たって、
石動の記憶に直接問いかけ、
石動の好きなものを30挙げるよう言うと、
石動は美空の好きなものを
挙げてきた。


さらにエボルトは、
それを壊すものを聞くと、
石動は、最初は正直に
エボルトに答えていたが、
途中から、
消しゴムとか漫画などといった、
はぐらかした答えしか
返さなかったらしい。

結局、ベストマッチとは、
石動の、娘との思い出である、
「美空の好きなものと、それを壊すもの」
ということだったようだ。
つまり、「愛と破壊」でした。

紗羽が志水を調べ、
コンタクトの約束を取ってきた。
志水は、葛城忍の助手だったらしい。

志水は志水で、葛城巧の関係者から
コンタクトがあったことを、
誰かに報告していた。


待ち合わせ場所で待つ戦兎。


そこへ葛城巧の意識が
今更父親の居場所を調べてどうするのか
問いかける。


葛城巧は父・葛城忍に対して、
疑問を持っているようだ。

しかし、戦兎は、
「人間の感情」が切り札となると、
葛城忍が考えていたんではないか、
と言う。

志水がやってきた。
そして、すぐにロストスマッシュに
変身。


戦兎に向かってきた。


戦兎もジーニアスに変身して、
対抗する。



志水は、ビルドを倒さないと
殺される、と我武者羅に向かってくる。


そんな志水に、
「必ず助ける」と約束し、
ネビュラガスを中和、


変身が解除される。

志水に父の居場所を
聞こうとしたその時、
エボルトの触手が伸びてきて、
志水は毒殺されてしまった。


志水の話によると、
黒いパンドラパネルを作るために、
ロストボトルを作っている、
らしい。

助かった志水を大した意味なく殺され、
エボルに立ち向かうビルド。


またしても音速対決。

エボルに圧され、
エボルにロストボトルを
挿入される。


しかし、ビルドは
その成分を中和する。


形勢が逆転し、
ビルドの必殺技を食らうエボル。


完全に防いだつもりだったのに、
倒されたエボルは、怒りに震える。

が。エボルト的には、
自分はよく分からない感情に
突き動かされる。



怒ったエボルは、
怒りに任せてビルドに攻撃する。
圧されるビルド。

感情がなかったエボルは、
感情の高まりでハザードレベルが
上がることはなかったが、
感情を手に入れたため、
ハザードレベルが上がったようだ。

怒りが収まらないエボルは、
ビルドに対して、
ビルドの希望を全て奪い、
究極の絶望を味わわせてやると
言い捨て、ボトルを拾い消えた。

ファウストのアジトに戻ったエボルトは、
研究者に向かって、
計画を早めると言う。

そして、その研究者がマスクを外すと、
その顔は葛城忍だった・・・

今日の幻徳

どこの衣装だろう・・・
かわいいですよね(^^)


しかし、美空により、
出禁に・・・


その下には、あらすじ紹介でも
いじられていた、文字T。
「二枚目きどりの三枚目」


今回もとても楽しそうな、
幻徳と一海、龍我でした(^^)


Sponsored Link

40話感想

もう40話になりましたね。
ジーニアスフルボトルも発売され、
早くもビルドロスが・・・笑

幻徳が迷走している40話(^^)
それまでが最強にシリアスだっただけに、
ギャップ萌え?

葛城巧から桐生戦兎の意識に戻った戦兎は、
仮面ライダージーニアスに変身し、
マッドローグに対抗する。

その強さは圧倒的で、速くて力も強い。




あっという間に
マッドローグの変身を解除させる。

必殺技の「ワンサイド」は、
赤い有機物?パンチ攻撃。


「逆サイド」は青い無機物?キック攻撃。



DNA変換的な描写があったので、


エグゼイドの「リプログラミングシステム」の
ような機能があるっぽい。

とりあえず、影響は与えたようだが、
マッドローグに大きな変化はなかった。

そこへ、エボルト登場。


殺気付くジーニアスをいなして、
一海に近づき一撃。


一海が落とした三羽のフルボトルを奪い、


内海と消えた。

ロストフルボトルを集めて、
人間を支配するらしい。

人間支配するなら、
アイドルになればいいのにね笑
(by.ドルメンX)

nascitaに戻った戦兎に、
女子二人が本当に戦兎に戻ったのか、
問い詰める。

本当に戻ったと分かると、
うれしそうな美空。


一方その向こうで、
三羽のボトルを盗られ、
沈む一海。


そこへ扉が突如開き・・・


ショータイム!!

今回の裏のメイン。
幻徳ファッションショー。



抜け目なくインタビューする、紗羽。


さすがモデル!!

どんなの服でも着こなす、着こなす笑
Tシャツと合わせた「威風堂々」の曲をバックに
優雅にウォーキング。

嬉しそうですね、幻徳。


引くみんなに、


「ダサい!!!」と一蹴の美空にもめげず、
普通に話しかける幻徳。


動揺する戦兎。


「その格好のままで普通に
話せる自信ないから・・・
一旦、休憩!!!」


テンポと間が最高でしたね!
さらにCMすらも
演出に入れちゃってました(^^)

休憩明けて、1人で考え込む戦兎。
そこに、巧の意識が戦兎に話しかける。


考え込む戦兎。

この演出により、2人が合体したことが
分かりますね。

戦兎と巧、どちらも生きてる、
ということが分かります。

その時、近くを一海を抱え、歩く龍我が。

三羽のボトルを奪い返しに
北都に行くと言う、一海。
龍我はそれを止める。

すると戦兎が、俺も行く、と。
実家に帰って、ロストボトルのヒントを探す、
という。


勝手にしろ、とその場を去る龍我が、
ドラゴンスクラッシュゼリーを、
一海に渡す。


北都では、エボルトが
ロストスマッシュを作っている。

今更何で?という内海の問いに、
より好戦的になるロストボトルの成分で作る、
ロストスマッシュで人間を襲わせて、
人間同士の争いで地球を滅亡させると言う。



仮面ライダーは、より強いロストスマッシュになる
可能性が高いので、捕獲しろ、と内海に命じる。

って、嘘っぽいなぁ。
これが、エボルトに第1話から翻弄されてきた
理由でもあるんだけど、
前川さんの演技力ですね。

たとえ本当のことでも嘘っぽく聞こえる笑
軽く言うとチャラいwww。

北都と歩く、一海と戦兎。
葛城の実家に到着するが、人気はない。


一海に単独行動するな、と釘を刺して、
調べ物に入る、戦兎。

一海は、自分の戦う目的を失い、
悩んでいた。

実家を調べると、
父・葛城忍のものが入った、
ダンボールを発見。

箱を開けて中身を調べる。


そこへまた葛城の意識が、
調べても意味はない、という。

なんで父さんは
こんなボトルを作ったのか?と。


しかし、調べてみないことには
何も分からないと、
父の手帳を広げる戦兎。

すると、その中から1枚の写真が。


戦兎と分かれた一海は、
北都のファウスト基地へ
向かっていた。

単独乗り込む一海。



三羽のボトルを見つけ、
それを奪おうとしたその瞬間、


ガーディアンに捕獲される。


そのころnascitaでは、
未だ幻徳のファッションショーは続き、
幻徳の独特のセンスが爆発している。


透明コート、嵐以外で着こなす人は
いないと思ってたよ・・・笑


龍我は、戦兎から送られてきた写真を
確認し、密航船の奥さんだと伝える。


しかし、ガーディアンが
写りこんでいることから、
時間軸がおかしい、と戦兎が言う。

ガーディアンが出来たのは、
5年間らしい。

さらにネビュラガスを注入された一海は、


ハザードスマッシュと
同じ状態になってしまった。

前に多治見首相に言われた時は
断ったのに。

隙を見て逃げる一海。


その一海の前に多治見首相が立ちはだかる。


多治見首相はオウルフルボトルを注入。


後ろのスマッシュも吸収し、


ロストスマッシュに変身した。


スマッシュの変身は、ドーパントっぽい。


この多治見首相は特に。

一海はグリスに変身して戦うが、
多治見首相であることと、
強制変身解除で消滅してしまう
可能性があるので、
セーブしてしか戦えない。

劣勢になっているところへ、
ラビラビのビルドが。

グリスを叱るビルドに、
スマッシュが多治見首相であることを伝える。


そこへマッドローグも参戦。
グリスはマッドローグに弾き飛ばされる。

瀕死の状態のグリス。


一時は覚悟を決める。

しかし、ビルドの言葉を聞き、


悩みを払拭、個人のためでなく、
大儀のために戦うと覚悟を決めた。

龍我のドラゴンゼリーを取り出し装填。


衝撃が走り、両手にツインブレイカーが。


ジーニアス・グリスと
マッドローグ・オウルロストスマッシュの
戦い。

ジーニアスならネビュラガスを
無効化できるかもしれないと考えた戦兎は、
必殺技「オールサイド」を発動、




ネビュラガスを中和、


多治見首相を救う。


多治見首相から飛び出たロストボトルは、
真っ黒になって多治見首相の脇に落ちた。


中和可能なことが実証された戦兎は、
一海にも技をかけることを提案するが、
一海は断る。


目が覚めた多治見首相は、
元の状態に戻っていて、
一海に犯した過ちを謝った。


そこへエボルトが。


そのころ、龍我と紗羽は、
港で密航船の奥さん、に話を聞いていた。


すると、ついこの間も、葛城の父を
船に乗せたという。

つづく・・・

グリスのフラグっぽいのが
気になりますね・・・

そして、どんどん核心に迫る!!

Sponsored Link