8月19日放送、
仮面ライダービルド第48

ラブ&ピースの世界へ
見逃してしまった・・・。

録画をミスってしまい、
見る事が出来ない・・・・。

そんなお悩みの方に、
仮面ライダービルドの第48話の
見逃し配信動画を無料で視聴する方法を紹介!

また、次週放送の第49話のあらすじと
予告動画もチェックです!

48話のあらすじと感想を含め、
第47話も確認です!

Sponsored Link

8月19日放送、第48話の見逃し配信の無料視聴

1話だけも見逃すと、
話しの展開がわからなくなる
仮面ライダービルド。

これが正直、悩みの種でもあります(笑)

48話の無料動画視聴なら、
「auビデオパス」でみれちゃいます!

>動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題
 

登録後、30日以内に解約すれば、
利用料金は掛かりませんし、
仮に継続したとしても、
月額利用料はたったの562円。

いつでもどこでも、
仮面ライダービルドを楽しめれば
高くはないですね。

さらに、
仮面ライダービルドだけじゃなく、
過去のスーパー戦隊や仮面ライダーを
全て視聴する事が可能!!

これで、月額利用料562円は安い!

>>1ヶ月間無料で仮面ライダービルドを楽しむ
 


 

auビデオパスを一ヶ月間おためし無料視聴してみる
※12日、19日、26日(日)は
高校野球のため放送日時が
変更になる場合があります。
お住まいの地域の
番組表を参照ください。

最終回「ビルドが創る明日」予告動画&あらすじ

エボルト(究極態)ともみ合いながら上空にある閃光の裂け目へと飛び込んだクローズマグマ。戦兎(犬飼貴丈)は、クローズマグマ=龍我(赤楚衛二)を連れ戻すため、ビルドラビットラビットに変身し裂け目へと飛び込む。

その異様な世界の中で龍我を見つけたビルドだったが、それはエボルト(究極態)が擬態した姿だった。エボルト(究極態)は龍我を吸収、さらにビルドの力を吸収し破壊されたエボルトリガーの復活を狙っていた。

エボルトを倒しエネルギーを放出させなければ新世界は創れない。ビルドラビットラビットはエボルト(究極態)に立ち向かうが、敵うべくもなく変身解除に追い込まれる。追い詰められた戦兎…。エボルト(究極態)は、その戦兎めがけて最後の一撃を見舞おうとして…!?
⇒テレビ朝日公式でみる

48話「ラブ&ピースの世界へ」の感想

打ちひしがれる戦兎たちの前に
飄々と現れたエボルト。


エボルトは残り2本の
ロストボトルを奪うため変身。
戦兎たちも変身して向かい撃つ。
すでにボロボロの幻徳も、
一海と、仮面ライダーとして命を投げ出す
と約束した、と立ち上がる。



しかし、エボルの強さは凄まじく、
ビルド以外とはまるで大人と子供。
即吹っ飛ばされる。


しかし、龍我の脳裏に蘇るのは、
戦いの前に戦兎に託された
白いパンドラパネル。


負けるわけにはいかないんだよ!

とジーニアスから落ちた、
ハザードトリガーをセットし、
パワーをあげて再度立ち向かう。


すぐに返り討ちにされてしまうが、


その次にはローグ、その次にはビルド、


と次々とエボルに立ち向かい、
攻撃を続ける。

しかし、返り討ちにあったビルドから、
ロストボトルが転がり落ちてしまう。


すかさず拾うエボル。
そして黒いパネルに装着。


怪人態に変身したエボルは、


まずは月を吸収。


己の力としてしまった。


そして抵抗するビルドと
クローズを吹き飛ばし、
2人は変身を解除されてしまう。


さらにエボルは、
巨大なブラックホールを生み出し、
地球を吸収しにかかる。



地球を吸収しつつも、
その力をすぐに己の力としていく
エボル。


力の差に、愕然とする戦兎と龍我。

その状況を見て、
美空はベルナージュに願うが、


エボルは、その前に美空を消そうと、
攻撃を繰り出した。

すると、ローグが美空を庇い、

一海の思いや見守る人たちのために、


自分のできることをやるだけだ、と
背水の陣の覚悟でエボルに喰らいつく。


エボルトリガーを壊せば、
エボルの動きが止まる、と、
トリガーへの攻撃1点に絞り、
倒されても吹き飛ばされても、
面を割られても立ち向かう。




そんなローグにタワーの周りで、
祈り応援する人々の声が聞こえてきた。


その声を聞き、父・泰山の思いに
応えようと覚醒。


会心の一撃をトリガーに打ち込んだが、


エボルに吹き飛ばされ、
強制変身解除されてしまった。


おやじに少しは近づけたかな、と
何かを掴むように倒れ、消滅・・・



そんなローグの散り際を見て、
立ち上がる戦兎と龍我。


再変身するが、ダメージは大きい。


そのダメージを振り払って、
エボルへ立ち向かおうとした、
その時、エボルのトリガーが破損。


動きが止まったエボルにすかさず、
ビルドがライダーキックで黒いパネルを
分離させる。


そして、クローズが白いパネルを持って、


エボルから飛び出た黒いパネルに合わせる。


それを見て、
ビルドがフルボトルバスターで
パネルとエボルとを断ち切ると、


落ちた黒と白のパネルが反応し、
白いパネルだけに。



そこへ美空が、
持ってきたパンドラボックスを持って駆け寄り、


ビルドが白いパネルを拾って合体。


すると、ジーニアスフルボトルから光が
パンドラボックスへ伸び、


パンドラボックスから七色の光が
ブラックホールへ伸びていく。


ブラックホールから七色の光に
引っ張られるようにもう1つの地球が現れ、


その間に光の穴ができた。


すると、ジーニアスボトルからの光が消え、
ボトルがグレーに変化。


それに伴い、ビルドがタンタンフォームに。


最後の仕上げとして、
エボルを光の穴に投げ込もうと、
エボルに走り寄るビルドを、
クローズが急にブロック。

 



ドライバーからボトルも抜いてしまい、
ビルドは変身解除。


何をする!という戦兎に対して、

エボルの遺伝子を持つ自分が行くのか、
一番都合がいい、
とクローズはエボルを確保し、
「戦兎、ありがとな」
と言い残し、呆然と眺める戦兎の前から発進、



そのままエボル共々
光の穴に飛び込んでいった・・・



戦兎以外、みんないなくなっちゃった・・・

けど、そうなると最終話で復活するんじゃ、
って思っちゃいますよね(^^;)

48話見てて思ったのは、
ちょっとセリフがくどかった感が・・・

前にも言ってたし、っていう
それぞれの意向が、
言い回しも含めて、同じ内容で
繰り返されるのが多くて、
ちょっと説明っぽいシーンが多かったのが
残念でした・・・

もっと勢いだけでいっちゃっても
よかったのかな、って。

幻徳なんて、今回が一番しゃべったんじゃ、
っていうくらいいっぱい説明してたよ汗

しかも、爆薬仕掛けてるの、
バレバレだったし・・・


ジオウで色々大変なのかな?

けど、最後の龍我の、
「ありがとな」は、赤楚さんが自分で考えて
出したセリフみたいですよ。

https://platform.twitter.com/widgets.js

とってもシンプルだったけど、
あの2人の関係性だと、
あれが最大の言葉ですよね。

47話感想

戦兎との約束を破って、
グリスブリザードに変身したグリス。


三羽の擬態と死闘を繰り広げる。


一方、先に進んだ戦兎・龍我・幻徳の前に
現れたのは、
エンジンブロスとリモコンブロス。
ここは俺が引き受ける、と
幻徳は、戦兎・龍我に先に行かせる。


その頃、グリスの元に美空と紗羽さんが
パンドラボックスを持って到着。


グリスの変身を見て、動揺する2人。
固唾を呑んで見守る美空は、


紗羽さんに、先に行ってて、と頼み、
そのままグリスを見守る。

エボルトの擬態であるブロス兄弟は、
以前より強さが増しており、
幻徳は苦戦する。

そこへ内海がやってきた。


マッドローグ
3対1か、と幻徳が強がっていると、
内海から思いがけない言葉が。

「あなたは終わりだ。私がいなければ。」
そして、ブロス兄弟に攻撃する内海。


驚く幻徳に向かって内海は、
難波会長の仇を討つために、
エボルトについていた、と告白。

幻徳と共に戦う。


ヘルブロスに変身するブロス兄弟。
さらに強くなる。

それに対して
「このままでは我々の負けです」
と冷静に告げる内海。

そこへ紗羽さんが登場。


内海が頼んだらしい。

頼まれて紗羽さんが持ってきたのは、
サメ・バイクのボトル。


内海はこのボトルに弱点を
仕込んでいたらしい。

それぞれ1つずつのボトルを使い、
ヘルブロスに必殺技を繰り出し、



ヘルブロスを撃退。


と同時にエボルトが仕込んでいた、
ロストボトルが転がる。


そのロストボトルを受け取りに、
エボルトがやってきた。


その頃、次々とブラックホールに
吸い込まれていく都市を見ながら、



先を急ぐ戦兎・龍我。
すると、グリスの戦闘が映る。

グリスの変身を見て動揺する2人。
そして、激しく戦兎を責める龍我。

けど、致し方ないことも
分かっている龍我・・・


・・・先を急ぐ。

エボルに変身したエボルトに対して、
抵抗するローグとマッドローグだが、
太刀打ちできない。


すると、マッドローグが、
エボルから盗んだシステムを作動。

フェーズ1、フェーズ2、フェーズ3と
パワーアップ。


エボルを圧倒する。


 

そして、さらにフェーズ4にパワーアップし、


仇を討とうとした、まさにその時、
マッドローグに異変が。


逆にエボルの攻撃を食らってしまう。


「人間ごときが」
というエボル。

しかし、倒れる内海に対して、
「そうか、そういえばお前はサイボーグだったな」


内海は本当にサイボーグだった。
幻徳に打たれた後、サイボーグとなって、

復活していた。

しかし、フェーズ4は容量が大きすぎ、
オーバーフローしたようだ。

内海が倒れて、憤慨した幻徳は、
勢いでエボルに向かうが、
吹っ飛ばされ、
機敏に対応した紗羽さんにより、
変身解除。


そこへ、エボルがボトルをよこせと
突っ込んできた。

万事休す、と身を屈めた


幻徳と紗羽さんの前に立ちはだかったのは、
内海だった。


「お前を庇ったのではない。
ロストボトルを守っただけだ」
と言い、内海が倒れた。

そして幻徳は泣く泣くガスで消えた。


ここからは、グリスの
文字通り、死闘です。



文字では表しきれません。
なので、見てください。

切なくて、悲しくて、
励まして、労って、
色んな感情が出てくるでしょう。

これがまた、終戦記念日の週なのが、
さらに深みを増しますね。

ビルドを「重い」という人が
いるみたいですが、
気持ちが真剣であればあるほど、
重くなるのは当たり前。

戦争を「軽い」テーマになんて、
出来る訳ないんです。



そんな戦兎たちの空気を、
まるで気にしない、
石動の軽い「よう!」の声。


前川さんは偉大だなぁ・・・
さすが、歴代ライダーで見たことのない、
第1話から登場していたラスボス。

この距離感が「ビルド」を象徴していますね。


今回のラストのアイキャッチは、
喪章でした・・・

Sponsored Link
関連記事:  仮面ライダービルド創動7発売日!リモコン・エンジンブロスもラインナップ!