「ドラマ チアダン広告」の画像検索結果

強豪の福井中央高校チアダンス部「JETS」に勝ち全米制覇というありえない夢に向けて練習を重ねてきた福井西高校の弱小チアダンス部「ROCKTES」20名の部員達が第7話でいよいよ運命の北信越チャレンジカップへ!果たして優勝はできたのでしょうか!?

今回は

・第7話の見逃し配信を観る方法は?

・第7話のあらすじ

・妙子を見捨てなかった主人公わかばが男前すぎる!

・委員長麻子の恋愛模様

・大会の結果は?※ネタバレ

・第8話のあらすじは?

・「チアダン」ノベライズ全3巻のご紹介

・主題歌を担当するのは?

など気になる部分をご紹介致します。

Sponsored Link

 

「チアダン」第7話の見逃し配信を観る方法は?

「チアダン」第7話はいよいよ北信越チャレンジカップのシーンで主人公わかば役の土屋太鳳さん含むキャスト達が必死に練習をしたキレキレのダンスが披露されています。

大会のダンスを観たかったのに・・と落ち込まれている方も大丈夫です!

この2つのサイトから「チアダン」第7話をご覧になれます⇊

アプリTVer
https://tver.jp/info/app.html

・スマートフォンから視聴でき移動中やご自宅にいる時も視聴ができます。

・約170番組の動画が無料で視聴できます!

Paravi

https://www.paravi.jp/

・登録月は無料です。

・次の月からは月額925円で見放題です。

Sponsored Link

第7話のあらすじ

結成当時は2名しかいなかったチアリーディング部も部員20名となり主人公わかば(土屋太鳳)も高校3年生になりました。

北信越チャレンジカップまであとひと月をきり、優勝の常連校である「JETS」が今年は出ないだけに絶対優勝をしたいわかば達は限られた時間の中で必死に練習をします。

顧問の太郎(オダギリジョー)が入院している為、代理顧問として桜沢教頭(木下ほうか)が顧問を引き受けます。

桜沢教頭は「優勝するためには学業以外はチアダンスに捧げ恋愛は禁止」と言い渡します。

恋愛禁止の状況の中、桜沢教頭の娘で委員長の麻子(佐久間由衣)は、一学年下の水島(遠藤健慎)からラブレターを渡されます。

一方、妙子(大友花恋)は、父が腰をいためてしまい店を手伝う事になり練習になかなか参加できなくなってしまいます。

練習に顔が出せない妙子は他の部員達に遅れをとってしまいます。

妙子がいたら優勝できないとぼやく他の部員たちの言葉を聞いてしまった妙子はある決断をします。

https://twitter.com/ykluvs3/status/1030507757219196928?s=20

妙子を見捨てなかった主人公わかばが男前すぎる!

父親の店の手伝いをしながら一人で練習をしていた妙子でしたが、周囲に遅れをとってしまい他の部員たちと同じように踊る事ができません。

そして、妙子が部室に入ろうとした時、他の部員達が「妙子がいたら優勝はできない」と話しているのをたまたま聞いてしまいます。

妙子は、落ち込みます。

自分がいたら優勝できないと責任を感じた妙子は「私、大会には出ない。本当にごめんなさい。皆なら絶対勝てる」と部員達に話し去ってしまいます。

わかばは止めようと妙子を追いかけますが、他の部員たちは「これで良かったんじゃない。妙子がいたら優勝はできん」と冷ややかに言います。

どうしたら良いか悩むわかばは入院中の顧問の太郎に相談します。

「何かを手に入れるには何かを必ず捨てなあかんのかな」と太郎は話します。

部室へ急いで向かったわかばは部員達を集め

「妙子を外すのは違うと思う。妙子はずっと頑張ってきた。皆でどうにか出来んかな。皆も今日は平気でも明日は何かあるかもしれん。私は勝ちたい。

でも、その為に仲間がいなくなって大切な何かを手放して、それで何が残る?「ROCKTES」は、20名でROCKTES」や」とわかばは涙ながらに訴えました。

わかばの言葉に心打たれた部員達は妙子の為にある案を出します。

妙子の店を訪れたわかばは、「今日から部員全員が、妙子の代わりに当番制で妙子の店を手伝って妙子の練習時間を確保する。妙子と一緒に優勝する。私は絶対、妙子を諦めん」と言います。

それを聞いた妙子は笑顔で「ありがとう」と言い部室へ走って行きました。

妙子を見捨てずに救った、わかばが男前すぎてかっこよかったです。

Sponsored Link

 

委員長麻子の恋愛模様

恋愛禁止を言い渡された日、勉強熱心で堅物の委員長の麻子に一学年下の水島が連絡先を書いたラブレターを渡します。

堅物の委員長がラブレターを貰っているのを見て他の部員たちは面白がり麻子は怒ります。

連絡先を渡されても返事はしないつもりの麻子でしたが、チア部を応援したいと美術部に所属する水島が応援旗のデザインの案を考えたイラストを有紀が持ってきます。

有紀は、「チア部の部員は、水島の連絡先を知らないから連絡先を渡された麻子が代わりにお礼を伝えといて」と言います。

渋々、水島にラインでお礼を書く麻子でしたが、ラインで話すうちに水島と麻子は仲良くなっていきます。

ある日、家に帰って勉強しながら水島とラインをしていた麻子は父親である桜沢教頭に内容を観られてしまい「部活のみんなが頑張っている時に!」と叱られます。

https://twitter.com/ykluvs3/status/1032993225533845504?s=20

追い詰められた麻子は数日後、水島を呼び出し「勉強と部活の両立は大変でみんな必死に頑張っている。だから私も頑張らないといけない、もう連絡はできません」と伝えます。

数日後、それでも水島の事を忘れる事が出来なかった麻子は水島に「大会見に来てください」とラインを送ります。

そして大会当日、麻子が観客席を探しているとと応援旗をもった水島が現れます。

水島を見つけ急いで水島の元へ駆けつける麻子に水島は「大会が終わって受験が終わるまで待ってます。」と伝え、麻子は「ありがとう。」と笑顔で返しました。

https://twitter.com/ykluvs3/status/1032995037536088066?s=20

その後、二人は付き合うのか・・・この先が気になりますね。

大会の結果は?※ネタバレ

ここまで、それぞれ事情を抱えながらも必死に練習を重ねてきた「ROCKTES」は、円陣を組み気合を入れ舞台に飛び出します。

圧巻の演技をする「ROCKTES」は、最後まで無事踊りきりました。

https://twitter.com/bluemidorin/status/1032988800291549187?s=20

「ROCKTES」が演技を終えると会場にいた観客は大拍手を送ります。

結果は見事優勝です。

強豪校である「JETS」のメンバーも大会を見に来ており「全米は譲らんよ」と観客席で言っており、「ROCKTES」をライバルとして認めます。

第8話のあらすじは?

夏になり「ROCKTES」のメンバーは関西予選大会の練習に励みます。

主人公のわかば(土屋太鳳)は、高校3年生になり進路について考えなければいけない時期になります。

わかば以外の3年生の部員たちは、それぞれ進路を考えており何も考えてなかったわかばは悩みます。

そんなある日、練習を終えた汐里(石橋杏奈)は両親の離婚後、会っていなかった父親(津田寛治)から連絡が来て東京に呼び出されます。

「秋にアメリカに転勤するから一緒にアメリカに行ってチアダンスをしないか?」と突然、父親に聞かれます。

「私の事は放っておいて」と汐里は反発します。

父親と別れた帰り道、汐里は男性に付きまとわれている女子高生をみかけ気になり後を追います・・

しばらくしてから東京から福井に帰ってきた汐里の様子は明らかにおかしく、わかば達も心配します。

そんな中、2年生が汐里に関するある記事を見つけます。

記事の事を聞いたわかばは、汐里に問いかけますが汐里は黙ったままです。

そして「チア部を辞めてお父さんとアメリカに行く」と突然言い出します。

汐里の身に一体何が起きたのでしょうか・・・

https://twitter.com/Tao_203/status/1033043965476368384?s=20

「チアダン」コミック・ノベライズ全3巻のご紹介

土屋太鳳さん主演の「チアダン」のノベライズ全3巻が発売中です。

原作「チアダン」で優勝した「JETS」の9年後と「ROCKTES」に所属するわかばの物語となっています。

ドラマ「チアダン」がお好きな方は是非、チェックしてみてくださいね。

コミックは映画チア☆ダンの原作となっています。

気軽に立ち読みができるので、電子コミックはお手軽でいいですね!

FODプレミアムで立ち読みしてみる

 

主題歌を担当するのは?

ドラマ「チアダン」の主題歌を担当するのは人気バンドのサンボマスターです。

https://twitter.com/cheerdan_tbs/status/1032787869461438464?s=20

曲のタイトルは「輝きだして走っていく」です。

最初は諦めていた主人公のわかばを含む「ROCKTES」のメンバーが大きな夢を叶えるために頑張るのを応援するソングとなっています。

まとめ

父親が体を壊したがために練習が出来ず置いてきぼりになってしまった妙子を見捨てずに救ったわかばは本当に男前でしたよね。

北信越チャレンジカップで踊る、わかば役の土屋太鳳さん含むキャストのキレキレの踊りには感動をしました。

第8話での汐里の秘密も気になりますね。

全米制覇はなるのか、最終話まで見逃せません。

Sponsored Link