中学聖日記8話ネタバレ!7話のあらすじ・感想とツイッターの反応を調査


中学生日記の8話のネタバレと7話の感想・あらすじを紹介していきます。

また、第7話視聴した方の感想などもツイッターから確認して見ましょう!

この他に、民放テレビ公式サイトTver(ティーバ)にて、7話の追っかけ配信情報、中学生日記の7話に至るまでの歩みも取り上げますよ。

Sponsored Link

中学聖日記8話ネタバレ・あらすじ

野上(渡辺大)との交際を決めた聖(有村架純)の前に、突然現れた愛子(夏川結衣)。動揺を隠せない聖だったが、「晶(岡田健史)と会いましたか?」という愛子の問いに真摯に答えようとする。そんな様子を見ていた美和(村川絵梨)は聖の過去を探ろうと愛子に接近するが…。

その頃、小宮第一小学校では学習発表会が近づいていた。聖は野上とともに懸命に準備を進めていたが、ある朝教室の扉を開けると、子どもたちが誰も登校しておらず…さらには聖と晶の3年前の事件が保護者に知れ渡り、母親たちが乗り込んで来て…!?

一方晶は、るな(小野莉奈)に自分の本当の気持ちを伝えようとするが、るなは一向にそれを受け入れようとはしない。思い悩み、学校にもアルバイトにも全く行かない状況を見兼ねた上布(マキタスポーツ)は晶に説得をするが、口論の末、晶は思わぬ行動にでる!?

中学生日記公式サイト→http://www.tbs.co.jp/chugakuseinikki_tbs/story/から引用。

Sponsored Link

中学聖日記!7話までの聖の歩みをおさらい!

25歳の国語教師、末永聖(有村架純)。

片田舎の町、小星平にある、小星中学校に赴任してきた彼女は、3年生のクラスをいきなり任されることになりました。

そこで、今後、大きく関わることになる、黒岩晶(岡田健史)や岩崎るな(小野莉奈)にも出逢います。

おっとりしていて、儚げで可愛いルックスの聖は、学生時代から男子に人気者なところがありました。

それが原因で、女子からは嫉妬や反感を買うことが多く、友達は一人もいませんでした。

社会人となって赴任した小星中学校でも、上司、塩谷三千代(夏木マリ)から「男子生徒を刺激しないように」と小言を言われる始末。

おっちょこちょいで失敗が多く、自己評価の低い彼女は、自分の本音を言えずに抑圧してしまう性格で、心のどこかで孤独を感じていたのです。

しかし、聖には婚約者の川合勝太郎(町田啓太)がいます。

彼は商社に勤務しているエリートで、仕事熱心。

また、聖とは対照的に、自分の意見をしっかり言えるところがあって、聖は密かにコンプレックスを抱いていました。

聖が受け持つクラスで、一際背が高く、容姿端麗な男の子、黒岩晶(岡田健史)は、実は聖が赴任してきた時から彼女のことが異性として気になっていました。

次第に、聖に執着するようになり、聖も最初は教師と生徒という立場から、彼に「教師」として接しようとします。

ところが、黒岩は物静かな雰囲気がありながら、毒舌で、洞察力の鋭い持ち主。

進路面談でも、聖に対し、「先生は教師に向いていない」とグサッとくる言葉を突き付けたり、あくまでも「教師」として距離を置こうとする聖に複雑な思いを抱き、彼女の頬を突然、ビンタするなどして、聖に思いをぶつけてきました。

黒岩はクラスメイトの、るな(小野莉奈)に告白されますが、聖に片思いしている黒岩は、学校の合宿中に彼女をふってしまいました。

惹かれ合っていく黒岩と聖の関係が生徒達に勘づかれ、クラスメイトによってネット掲示板にその事が書き込まれていることを知った黒岩の母、愛子(夏川結衣)に問い詰められたり、夏休みの勉強合宿から距離が縮まってしまった二人は、一緒に聖の自宅に帰ろうとしているところを、愛子と婚約者の勝太郎に目撃されてしまいました。

そのことによって、聖は職場で上司、塩谷三千代(夏木マリ)、愛子、黒岩を交えてこれまでの経緯を説明し、自宅謹慎を言い渡されたのでした。

しかし、気持ちを抑えきれない黒岩が聖に会ってしまい、聖は小星中学を表向き、”依願退職”という形で去っていきます。

黒岩はその日を境に不登校となり、母の愛子ともぎくしゃくして、愛子の職場の部下で、彼と愛子にとって理解者でもある、上布(マキタスポーツ)の家に下宿することに。

愛子は、夫に突然出て行かれてから、かつて黒岩が小さい頃にその事を知人に相談していくうちに恋をしてしてしまい、結果、離婚した背景がありました。

だからこそ、聖と息子、晶の事が心配で、息子に同じ過ちをしてほしくないという強い思いが隠されていたのでした。

その事を息子の晶に伝える愛子ですが、益々、親子の溝が深くなってしまいました。

月日が経過します・・・。

聖は小星中学を退職して、元々、自分への理解があった先輩教師の千鶴(友近)の勤め先である小学校教諭となりました。

小学校教師となった聖は、晶と決別して新たな気持ちで教師として再スタートをはかるものの、黒岩は、るなとの距離に悩み、聖もまた、黒岩との騒動によって距離を置いていた元婚約者の勝太郎とやり取りをしていました。

しかし、るなと交際を始めていた黒岩は、聖への想いを断ち切れずにいます。

勝太郎も聖と交際している頃から、自分に言い寄って来るバイセクシャルの上司、原口(吉田羊)と、聖と黒岩のことを知ってから距離が縮まっていき、聖と別れることになりました。

聖は現在の職場である小学校にて、受け持ちの3年生の児童、橘綾乃(石田凛音)のことが気がかりになっていきます。

凛音は、聖がかつて家庭訪問で訪ねた時も、母親の美和(村川絵梨)が在宅していながら、母親が家庭訪問を拒否しているような冷静な対応で示したり、凛音の面倒を美和があまり見ていない環境であることがわかってきました。

凛音の母、美和は結婚後に実家を出たものの、嫁ぎ先で夫の親友と浮気。

離婚して実家に出戻り、田舎の為、彼女がした事はあっという間に広まって、美和は近所からも敬遠されていました。

更に、このあたりの大地主である美和の父で、凛音の祖父は、世間体を気にして、娘と孫を母屋に住まわさないなど、複雑な家庭環境が明るみに。

同僚の野上(渡辺大)の理解や優しさが心の支えになる聖ですが、職員室で野上に抱き締められて戸惑ったりといった新たな複雑すぎる葛藤と闘っています。

黒岩も聖との過去がありながらも、るなと向き合うことにしました。

更に、聖が小学校教師として活動していることが聖が中学を去ってから、聖の元生徒達の噂が流れていました。

その事を知った黒岩の母、愛子は、聖の勤め先を知って聖を責め立てます。

息子の昌とあんなことがありながら、まだ教師を続けるのかと・・・。

ただでさえ、トラブルを抱える聖ですが、受け持ちの生徒、綾乃の母、美和が2回目の改定訪問で、不倫相手の妻、優里と揉め事を起こしていました。

7話では、綾乃が貧血により、学校で倒れたことを機に、聖は綾乃の力になろうと動きますが、聖の過去を調べた美和が、渡辺に抱き締められていた聖の姿をひっそり目撃していた事から、聖を脅迫してきます・・・!

自分も不倫やネグレクトのような接し方で綾乃のピンチに気付かない美和が、聖の黒岩との過去という弱みを握っているのです。

中学聖日記7話のあらすじと感想・ツイッターの反応は?

聖(有村架純)は野上(渡辺大)に生徒にかつて恋をしていたことを告白します。

同僚の先生に「教え子を好きになった」なんて普通言わないよね
付き合ってる前なら尚更言わないし
付き合ってたとしても言うべき事じゃない
別れてバラされたらどうすんの

一方で、勝太郎(町田啓太)も、上司の原口(吉田羊)に「まだ聖ちゃんのことが忘れられないの?」と意味深な返事を。

そして、勝太郎への恋のアドバイスをする原口の言葉を、格言と感じる視聴者も。

https://twitter.com/____k67/status/1064884015642009600

そしてそのまま口づけを重ねる二人・・・。

一方、聖の教え子である児童、橘綾乃(石田凛音)は栄養失調で登校中に倒れてしまいました。

黒岩の母は同僚に相談に乗ってもらいながら、息子の晶を心配し、聖が未だに教師を続けていることをネットで知り、童謡を隠せない様子でした。

そんなことするこら息子に嫌われるんだよ

黒岩晶も母、愛子も粘着質は似ているのでしょうかね・・・共感です。

黒岩オカンもいちいち説得力ないんだよなぁ

そうですね!黒岩くんのお母さんざわざわしますよね。

綾乃の母は、とても表裏があり、聖の黒岩との過去を知っています。

そして、綾乃を実家に預けてはどうかという相談をした際、聖の過去を知っているという脅迫。

このドラマに出てくる女の人って男に溺れる人が多いね
黒岩の母ちゃんも、女生徒の母親も、聖も、羊もるなちゃんも皆男に狂っておかしくなった人ばかり
私もそう思います。
聖も教師である以前に、女としての気持ちを優先してしまっているし、原口も聖と勝太郎の関係が複雑なところを狙っていたり、るなも肉食系女子、綾乃の母、美和も恋多き女でしたね。
登場人物の女性が、もう少し大人として落ち着いてほしいって思いましたよ。

https://twitter.com/cosmos_drama3/status/1064873798237773830

そうですね。実家と余程の深い溝を抱え、友近さん演じる聖の先輩の言う通り、母親であることよりも、女であることを優先して動いてしまう人です。

そして、聖と黒岩との秘密を知り、児童の保護者という立場をうまく利用していましたね。

また、”るなち”こと、るな(小野莉奈)は、黒岩(岡田健史)と付き合うことに。

るなのことを理解している仲間達は、るなに黒岩と積極的に向き合うことを勧めます。

るなは黒岩とゆったり付き合うことに。

綾乃の母、美和(村川絵梨)聖の弱みを知っているだけに本当に露骨で、偶々、買い物帰りの綾乃を連れた彼女は、聖に「先生は私の味方ですよね」と皮肉をさり気無く聖に耳打ち。

黒岩は、元中学の同級生達から、聖のが今も教師をしている情報を電話で聞き、デート中にも関わらず、るなを置いてけぼりにして聖に会いに行こうとしていました。

ああ~これはルナちかわいそう…
何も言わずに走り出すのよデート中に。。。
せめて何か一言言ってから立ち去れ。

るなと真剣にデートしようとしても、聖のことが忘れられないんでしょうね。

https://twitter.com/yyummmaaaaaa_Y/status/1064876840148393985

そこで、聖に会いに行こうとする黒岩ですが、聖の元恋人、勝太郎は聖に会いに行く目的で、偶々、遭遇した黒岩に聖と関わらないほうがいいと忠告します。

https://twitter.com/TVdrama_capture/status/1064878261509881858

お前どの口が~羊といちゃこらしてるくせに

そうですよね!

聖と黒岩のことがあって以来、聖と距離を置き、原と付き合っている勝太郎。

勝太郎の黒岩への発言は暴走少年を止めるためだよね

大人としての優しさもあるかもしれませんがね・・・微妙なところです。

綾乃が家の前で一人ぼっちになっているのを見かけ、聖は綾乃を自宅にいれ、スパゲッティーを作って食べさせました。

図書館から帰宅後、家の中に入れなかった綾乃。

食べさせてないくせに大事とかウソ言って、子ども洗脳して。

美和って毒親ですよね・・・自分は男とのことで我が子に目を向けていないにも関わらず、綾乃を迎えに来た時は表面的な優しさで娘に接します。

美和は聖が書置きした手紙を見て、娘を聖宅へ迎えに行きます。

聖宅の外で、聖が勝太郎と会っていることを目撃。

勝太郎は黒岩が聖を訪ねてきたことをはぐらかして、聖を心配して様子を見に来たようです。

晶は結局、聖への想いを捨てきれずに実家へ戻り、貯金を持ち逃げして聖に会いに行こうとしますが、息子のことを思う愛子は、「ここは晶の家・・・いつでも帰ってきていい」と気持ちを抑え、精一杯の振る舞いを。

いやー晶母の気持ちもわかるんだよなぁ。。

そうですね!母としての優しさも感じられました。

一方学校では、綾乃が自分の元から実家に連れ出されたことで激怒し、聖が自分の両親に電話したと誤解する美和。

そして、聖の同僚達に、聖への当てつけのように、野上との事や、聖が綾乃にスパゲッティを食べさせていた時に聖宅を訪問した勝太郎とのことを暴露。

この母親サイテー

母親からしたら余計なことすんなボケって感じだよね。毒親だし

騒動の後、聖と同僚たちは普段通り仕事をするものの、聖と野上はなんとなく気まずい雰囲気に。

綾乃は美和の両親の実家に引き取られましたが、同僚教師から、綾乃が忽然と姿を消したことが発覚!

綾乃はやがて見つかり、黒岩が綾乃を見つけたのでした。

野上は綾乃と黒岩の過去を知っているので、綾乃を連れて学校へ戻ります。

黒岩は聖のことが諦めきれないようですが、子ども達のことや今の自分の状況を思い直し、黒岩を突き放しました。

後日、黒岩が帰宅する前に、聖に手紙を書き残します。

複雑な思いを抱えながらも、野上と会い、吊り橋の上で告白するも、愛子が乱入!

冷たい目で聖を見る愛子。

 

聖にとって一番関わりたくない愛子との再会に聖の下した決断とは?!っていう心拍数が上昇させられるラストでした。

 

7話の配信は、民放TV公式サイトTver(ティーバ)で!

中学聖日記の7話の放送をタイムリーで逃してしまった方は、民放テレビ公式サイトTver(ティーバ―)にて、無料で視聴できますよ!詳しくはこちら!

https://tver.jp/corner/f0026997

[irp posts=”29880″ name=”大恋愛7話のネタバレ!6話の感想・あらすじとツイッターの反応を調査”] [irp posts=”28847″ name=”大恋愛6話のネタバレとあらすじ!5話の感想とツイッターの反応を調査!”]

まとめ

晶とるな、聖と野上、勝太郎と原口といった複雑な恋愛関係の行方はもちろん、聖の過去の弱みを握っている美和との対立が波乱の展開に!そして、黒岩の母、愛子もまだ教員をしている聖を追い詰めていきます。

8話も急速に展開していく物語をお見逃しなく!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください