今では誰でも秋になると〚Halloween』が
楽しみの一つになっていますよね。

2018年のHalloweenも楽しみです。

幼稚園や保育園の子供たちが、
仮装して街を歩くのも
よく見かけるようになりました。

渋谷のスクランブル交差点では、
毎年仮装した人たちでごったがえし、
DJポリスの方々も、スクランブル交差点の
コスプレイヤー達を警備するのが、
近年の恒例行事になってきましたね。

2018年のHalloweenイベントの期間や
コスプレなど、ディズニーHalloweenについて
調べてみました。

Sponsored Link

ディズニーハロウィン2018の開催期間

2018年ディズニーハロウィンの開催期間

・2018年9月11日(火)~10月31日(水)


Sponsored Link

東京ディズニーランドと
東京ディズニーシーの2018年の
Halloweenイベント期間は、
9月11日火曜日から始まり、
10月31日水曜日まで開催されます。


そもそもHalloweenとは?

近年ハロウィンは、
一つのイベントとして、
子供や若者たちの『お祭りイベント』の様に
扱われていますが、
本当の意味を知っている方々は
少ないのではないでしょうか。

仮装してお菓子をもらう・・

そんな簡単なイメージで、
クリスマスやバレンタインなどの
イベントに参加しちゃった感がありますね。

日本人は、特に子供たちや若い人達は、
イベント事が大好きですよね。

でも、本当にHalloweenの意味を
知っているのでしょうか?
Sponsored Link

Halloweenって何?

Haolloweeとは、
簡単に言ってしまうと、
日本の『お盆』です。

亡くなった霊が
この世に戻ってくる日の事をいいます。

日本のお盆では、
その地域によって違いますが、
新暦では8月の中旬から、
旧暦では7月の中旬からですね。

夏に先祖の霊を祀る行事とされています。

西洋では、
10月31日がHalloweenとされていて、
悪霊を追い出す意味があると言われています。

日本と違って、
悪霊を追い出すという考えが強いですね。


もともとは、
ケルト人の1年の終わりが10月31日。

冬の始まりでもあり、
死者の霊が家族を訪ねてくると
信じられていたそうです。

時期を同じくして
出てくる有害な精霊や魔女から
身を守るために仮面を被り、
魔除けの焚き火を焚いていました。

精霊や魔女に
この世から連れていかれないように、
同じようにお化けに仮装して
お化けだから仲間だから連れて行かないでね~
っていうことですね。

これに因み、31日の夜、
かぼちゃやかぶが用いられ、
スコットランドでは
カブの一種をくりぬいた中に蝋燭を立て
ジャック・オー・ランタンを作ります。

魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート(Trick or treat. )「お菓子をくれないといたずらするよ」といいながら周ります。

ジャック・オー・ランタンには、
他にも色々な逸話があり、
Halloweenにちなんだ昔話もあるようです。

家庭では、
カボチャのお菓子やもらったお菓子を持ち寄り、
ハロウィン・パーティを開いたりします。

お菓子がもらえなかった場合は
悪戯をしても良いとされていますが、
これはあくまでも
お菓子をもらうための口実です。

ディズニーハロウィンで仮装ができる日は?

2016年は、
全身仮装、コスプレを出来る期間が
限られていていました。

9月9日(金)~9月15日(木)と
10月25日(火)~10月31日(月)で
最初の1週間最後の1週間だけでした。

しかし2017年は、
全期間仮装、コスプレ全期間OKでした。

2018年は、
東京ディズニーリゾート開園35周年という
記念すべき節目の年となっているので、
全期間仮装、コスプレOKなのではないかと
言われています。

Sponsored Link

人気のコスプレと最新作を紹介


人気のピーター・パンは、
ウェンディー、ジョン、マイケルをはじめ、
フック船長やティンカーベル、スミーなど、
たくさんのキャラクターがいるので、
友達同志でキャラクターを分けて
コスプレするのも楽しいですね。


ディズニシーでは、やぱりダッフィーとシェリーメイちゃんが人気です。


ジェラトーニとステラ・ルーも可愛いですね。

なかなか男性の仮装やコスプレも
キャラクターが難しいかもしれませんが、
『アナと雪の女王』のクリストフはいいですね~

アナとエルサは人気があるので、
クリストフやオラフ、ハンス王子がいたら、
完璧な『アナ雪』になりますね。

コスプレする際の注意点

コスプレする際は、
なるべく他の人たちとキャラクターが
被らないことが良いのではないかと思います。

以外に多いのは、やぱりプリンセス。

ドレスを着たコスプレは
とっても多いですね。

また、
『パーレーツ・オブ・カリビアン』が
ヒットした時は、ジャック・スパロウの
コスプレを多数散見!

子供から大人まで
ジャック・スパロウのコスプレという
事がありました(笑)

それはそれで楽しいのですが、
なるべくならキャラクターが被らない方が、
写真を撮る時も楽しいですね。

また、コスプレをする際には、
注意点がいくつかあります。

ディズニーランドやディズニーシーには
子供がたくさんいます。

肩やお腹、太ももを丸出しにしたような
コスプレはタブーなんです。

アラジンのジャスミンやティンカーベルなど、
お腹や肩を出したり太ももを出すコスプレは
避けましょう。

もし、そのようなコスプレをする場合は、
肌に近い色の生地を使って、
隠すような衣装にしましょう。

全身タイツやラプンツェルの髪のような
引きずるように長い物も避けた方がいいですね。

また、顔が分からなくなるほどの
色を使ったメイクも避けましょう。

せっかくコスプレをしてきたのに、
キャストに止められてしまっては、
トーンダウンしてしまいますよね。

そして簡単な仮装なら、
カチューシャや被り物の帽子などもあります。

ルールを守って
2018年のHalloween仮装も楽しみましょう。

ディズニーランド、シーで着替える場所はある?

ディズニーランドとディズニーシーでは、
仮装する方のための更衣室が
Halloweenの時期だけ準備されます。

2017年は、
ディズニーランドでは入園ゲートの手前右側、
パークプロムナードの横と、
ゲートの左側、ディズニーランドホテルの横に
更衣室が設置されました。

ディズニーシーでは
ゲストパーキングの近くに1か所設置。

2018年のHalloweenイベントの
更衣室の発表はまだされていませんが、
おそらく同じ場所ではないかと考えられます。

しかし、長蛇の列になる可能性が高いので、
出来るだけ早く行かれた方がいいと思います。

Sponsored Link

ランド・シーのパレードを確認!

これは2017年のHalloweenのパレードです。



Halloweenの時期は、
パレードもメインキャラがヴィランズになります。

ディズニーの映画などに出てくる、
悪役たちですね。

『眠れる森の美女』で、
オーロラ姫に呪いをかける、
魔女のマレフィセント。

『アラジン』で催眠術をかける
大臣のジャファー。

『リトル・マーメイド』で海の支配者になろうと
悪だくみをする海の魔女アースラ。

『白雪姫』で毒リンゴを食べさせてしまう
魔女の女王。

『101匹わんちゃん』で
ダルメシアンのコートを作るために、
99匹の子犬たちを盗む悪女のクルエラ。

『ピーター・パン』の
海賊船の船長のフック船長などです。

悪役がメインになるのは
Halloweenの時期だけなので、
是非楽しんでくださいね。

ディズニーハロウィンの混雑状況は?

2017年のHalloweenイベント時期の
混雑状況はどんな感じだったのでしょうか?

9月から始まるHalloweenは、
最初の9月初旬はまだ残暑が残っており、
暑さが続くこともあって、
平日はそれほどの混雑は無いようです。

ただ、2018年は連休のある
9月15日土曜日~17日月曜祝日、
22日土曜日~24日月曜祝日は
一番混雑するのは間違いないですね。

混雑を避けるには、10月の平日、
火水木曜日がいいのではないかと思います。

ディズニーリゾートおすすめの宿泊施設

Halloweenの時期におすすめの
宿泊施設を調べてみました。

東京ベイ舞浜ホテル

おすすめ第1位は東京ベイ舞浜ホテル。
パークが閉演してからも、
ディズニーリゾートラインで
ホテルまで行くことが出来ます。

勿論無料送迎バスもあるので安心です。

2名様1室のご利用で、24,400円からとなっています。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイホテル

2位はシェラトン・グランデ・トーキョーベイホテル。
1位の東京ベイ舞浜ホテルともほど近く、
2名1室のご利用で20,047円から。

勿論シャトルバスもあります。

オリエンタルホテル東京ベイ

第3位はオリエンタルホテル東京ベイ
2名様1室のご利用で、17,500円からになります。

東京ディズニーリゾートまでは
送迎バスの利用で、約15分で到着します。

また、トリバゴでは、
不定期でセールを実施しています。

通常よりも安く泊まれるホテルもありますので、
チェックしてみましょう!



魔女に仮装したキャストを探せ!

東京ディズニーランドでは1997年から、
東京ディズニーシーでは2008年から
Halloweenイベントが開催されるようになりました。

パークの中の装飾も、
ジャック・オー・ランタンが沢山並び、
日中は楽しいイメージです。

そして、夜になると、
ジャック・オー・ランタンに明かりが灯り、
ちょっと怪しい雰囲気になります。

日中は、魔女に仮装したキャストがいて、
『トリック・オア・トリート?』と声を掛けると、
キャンディーが貰えます。

なかなか出会えないので、
見かけたら声を掛けてみてくださいね。


Halloweenにおすすめのアトラクションは?

なんと言ってもこの時期に外せないのは、
『ホーンテッドマンション』です。

Halloweenになると、通常のお化け屋敷から、ティム・バートン監督の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』バージョン、『ホーンテッドマンション・ホリデーナイトメア』に変わります。



ティム・バートン監督といえば、
どの作品もグルグルにひねられた
枝の大きな樹が出てきたり、

その独特なおどろおどろしさが特徴的で、近年では『アリス・イン・ワンダーランド』や『チャーリーとチョコレート工場』などが有名ですね。

奥様のヘレナ・ボナム=カーターも
彼の作品に出演しています。

『アリス・イン・ワンダーランド』では赤の女王、『チャーリーとチョコレート工場』では、チャーリーの母親を演じています。

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』は、そんなティム・バートン監督の手掛けた傑作、クレイアニメ、しかもミュージカルアニメーションです。



ハロウィーン・タウンに住むジャック・スケリントンが、ひょんなことから森にあった、一つのドアを見つけ、クリスマス・タウンに行ってしまいます。

自分の住んでいる暗いハロウィーンとはまるで違う、明るくて楽しいクリスマスタウン。

初めて見る雪や電飾に心を奪われたジャックは、ハロウィーン・タウンをクリスマス・タウンの様に作りたいと試行錯誤していく・・・という話です。

そんなハロウィーン・タウンの住民達が、ホーンテッドマンションの中、あちこちに登場します。

ジャックは勿論、ペットのゼロはジャック・オー・ランタンの鼻をオレンジ色に光らせ、プカプカと宙を舞っています。



最後は住民の子供たちの一人が、自分のライドに乗っています。

この『ホーンテッドマンション・ホリデーナイトメア』はHalloweenの時期が過ぎてもしばらく見ることが出来ますが、この時期は特に混みます。

夜が近くなると、外に並ぶのもHalloweenの飾りつけで見ていて楽しいですが、2時間以上待つこともあるので、早めにファストパスをgetしておくのをお勧めします。

まとめ

9月になると始まるHalloween。

ゲストの仮装も楽しみです。

2018年のHalloweenも、
沢山のコスプレしたキャラクターの方と、
いっぱい写真を撮りたいですね。

是非、仮装をして
Halloweenを楽しみましょうね。

Sponsored Link