「初めて恋をした日に読む話」は、持田あきさんによる、集英社の月刊漫画雑誌、「Cookie(クッキー)」連載中の同名漫画と単行本で発売されているコミックスが原作となっています。

順子の同級生で、かつて、順子に告白したことのあった、山下一真(中村倫也)と衝撃の出逢いを果たしましたね!

さらに、2話予告編でもあった、匡平(横山流星)と距離が一気に縮まっているような予感が!なんか、「中学聖日記」を思わせる展開で、「胸きゅん」するとざわついている視聴者の声もありましたね。

順子の周りには、大切な教え子の匡平と、従兄の雅志(永山綾斗)、そして、一真といった3人のイケメンが登場するので、心揺れる順子の恋と仕事にまっしぐらなところが私も、どうか順子の初めての恋が無事、物語が進むにつれて実ってほしいと願わざるにはいられません。

そこで、初めて恋をした日に読む話の3話ネタバレ、2話のあらすじと感想、2話以降の視聴者がSNSに投稿した見どころ、民放公式サイトTverでの2話見逃し配信情報を紹介していきます。

Sponsored Link

 

初めて恋をした日に読む話第2話あらすじ

順子(深田恭子)の話を聞いて、父親への反発心だけではなく自らの意志で東大受験をすると決めた匡平(横浜流星)

かつて、東大受験に失敗してから前へ進めなかった順子も、匡平の真っ直ぐで熱い思いに惹かれ授業にも熱が入る。

東大受験を経験しているからこそ分かる知識を、時折自虐も加えながら話す順子に匡平も信頼し、いつしか順子に対する匡平の気持ちも変わり始める。

そんなある日、塾長の梅岡(生瀬勝久)が順子を含む塾講師を集めて近隣の高校への出張講師のチラシを配布する。

給料減額の可能性もあると脅され慌てて行く事にした順子だったが、残っているのはみんなが嫌がっている匡平が通うおバカ学校の南高校だけ…。

減額だけは避けたい順子は気合を入れる。

早速、打ち合わせのため南高校へ行く順子。

偶然にも匡平を見つけ担当の先生を訪ねると、なんと担当の先生は順子と雅志(永山絢斗)の高校時代の同級生で、かつて順子に唯一告白をした山下一真(中村倫也)だった!

運命とも言える再会がさらに波乱を呼ぶ展開に…。

順子の大きな強さと優しさが、由利匡平の本来にあった、ひた向きで勉強熱心な顔を覗かせていきます。

順子は、相変わらず自分に冷たく当たる母の皮肉にも負けず、匡平だけでなく、彼のクラスメイト達にも、自身の「しくじり」経験を経て得た、人生観や、勉強したくないこともわかる、何が今したいのか分からないところも共感できる、でも、自分と自分の未来の大切な人のために知識を得る、自分を確立していくことを教えていきます。

かつて、高校時代に手紙で告白してきた、山下一真とも再会を果たし、学生時代の恋を思い出す順子ですが、一方で、母から東大受験の為、と自由を奪われ続けた学生時代を思い出し、匡平を含めた子ども達に、かつて母から言われた事と同じことを言ってしまいます。

しかし、匡平に力を貸し、山下が匡平などの生徒を見た目で批難するような態度を改めるように諭した順子。

後半では、匡平を庇っての事故とはいえ、匡平の父はカンカンに怒り、順子の経歴を調べ、息子を東大に合格させられるとは到底無理だと徹底否定。

そんな堅物な彼に、順子は、息子が受験に前向きに取り組む機会を奪わないでほしいとの意思を伝えるのでした。

居酒屋にて、順子と匡平、順子の親友、美和(安達祐実)、匡平のクラスメートを交えて飲み会兼夕飯を食べますが、酔った順子は服を汚してしまい、トイレへ。

そこで、心配した匡平に対し、彼を講師として絶対合格させる為に頑張る気持ちや、自身の恋愛観をぶつけ、匡平がドキッとしてしまうような意味深な発言をしてしまうのでした。

アドレスを交換した真一、そして、従兄の雅志との間で心揺れる順子にご期待ください!

→はじこい公式でみる

▼第1話のあらすじ・感想はこちらから▼

・初めて恋をした日に読む話/ドラマ2話ネタバレと1話のあらすじ・感想

初めて恋をした日に読む話第2話の感想とツイッターの反応

始まりましたね!深田恭子さん演じる、順子の可愛さは爆発的ですね!私もこんな英語の先生に出逢えたらなって思いました。

嫌な感じの親 お母さん、娘に対してなんでこんな当たり強いの?

うるっさいババアやなぁ!
黙れ!

私だったら、あんなお母さんに育てられたらめっちゃ性格歪みそうだわ

マジなんなんこのクソババア!!
子供はお前の奴隷じゃねーんだよ!
本当腹立つわ~

視聴者の皆さん、順子ママってまさしく、「ラスボス」的にむかつきますよねー!皆さんのコメントに賛同しかありませんよ。

順子に精神的な虐待を加えていますし、いわゆる「毒親」そのもの!言葉がいちいち皮肉や嫌みを感じさせる、由利(横山流星)の父親(鶴見慎吾)の次に、視聴者苛立ちキャラナンバーワンといっても良いでしょう。

子供を傷つける大人は一番、人間的に許せないって私も思います。

順子に成人してからもエゴイスティックな昔気質の価値観を押し付けていて、1話同様、順子と同じような境遇を抱える視聴者からも非難の声が!

 

でもこの母親も順子が由利を東大へ合格させることが出来たら、これまでとは違い、順子への態度を改めてくれるといいですよね。

由利を一生懸命、教える順子と由利を支える仲間達との信頼関係が生まれていくシーンは、心が救われます。

順子の親友で、バーのママをしている、松岡美和(安達祐実)の協力の元、順子と由利匡平、その仲間達は合コンを初めて経験しました。

生徒と合コン行く塾講師ってやばくね?

カオス状態…
高校生で合コン( 笑 )

安達祐実がやってる美和の性格好きだな、サバサバしてて。

安達祐実の前でハンバーグ師匠ネタ

ハンバーグはマズイだろ

合コンのシーンでは、安達祐実さんの元旦那さんの鉄板ネタが取り入れられており、視聴者の笑いを誘っていました。

美和の粋な計らいもある、和気藹々としたシーンでありましたが、順子の育った「東大一筋」の家庭環境と母の洗脳から、匡平達に対しても、「恋愛に受験は邪魔」だと学生時代に母親に言われたことと同じことを言ってしまい、切ないところもありましたね。

順子はなんと匡平の担任で、学生時代に告白されたことのあったかつての同級生、山下一真(中村倫也)と再会!

手紙で告白した一真。

そして、落ちこぼれであったこともあり、順子に勉強を教えてもらったこともありました。

甘酸っぱい青春の記憶が蘇るシーンは胸キュンでしたね。

勝手に部屋入ってきてかってに手紙見る親ってなんなの!
そんなに東大にこだわるなら自分が行けよ!
大学は何歳でも受験できますよ

私も順子がどれだけ母親によって、人生で楽しむことをないがしろにされてきたかが伝わり、胸が詰まりました。

順子は母とは違い、人への優しさや、正義感の強さ、人を見抜く鋭い目を持っていて、過去の傷付いた自分の経験から匡平に講師として、大人として大きな愛情を持った人になって良かったですよ。

一方で、由利匡平役の、横山流星さんの名言も素敵でしたね!彼もまた、順子のように、エリートであることに固執し、順子と匡平の目の前で、「ゴミ」、「不良」呼ばわりするマイナスな面がありますが、根は真面目で目標に向かって一生懸命なところや、仲間想いな内面性の優しさが人間性として惚れぼれしますね。

匡平は順子にまた勉強を教わりますが、テスト期間中に入ってはいけない講師室にて、ぎっくり腰のため、慌てて介抱してくれる匡平を連れ込んでしまった順子。

他の講師たちに誤魔化す素振りも良かったですね。

順子は匡平と山下との間にあったわだかまりを解きますが、まさかの階段から滑り落ちて、匡平を庇う順子。

匡平は怪我を負い、匡平の父からは匡平の担当を外れるようにクレームを言われてしまいました。

それでも、順子はめげません!匡平の学校にて、「しくじり先生」ばりの、愛のある心と人生を問う道徳観を伝えていきます。

可愛い容姿で、言うことが名言すぎて、心に刺さります・・・君と、君の未来の大事な人の為にってところが。

ラストでは、匡平やそのクラスメイトの男子たち、美和を交えて居酒屋で夕飯を食べますが、酔った順子は匡平への講師としての思いの他に、彼に恋心を匂わすような発言をして視聴者を胸キュンさせていましたね。

私もです! 酔ってないときにそのセリフ聞きたかった、、がヤバい。深キョンもかわいいし

ゆりゆりの心をとろかすはるみ。

しかし、従兄、雅志や、再会してからアドレスを交換した山下一真とのやり取りもあり、順子の初めての大人の恋のゆくえや如何に!って感じで今後も目が離せませんよ!

四角関係面白くなってきたわ

https://twitter.com/th_gungun_love/status/1087717500433747969

Sponsored Link

初めて恋をした日に読む話第3話ネタバレあらすじ

Sponsored Link

”はじ恋”2話以降の放送が待ち遠しくなる見どころ!”深キョン”かわいい!&イケメン3人に胸キュン続出!

「初めて恋をした日に読む話」、初回放送日を過ぎても、順子と大きく関わっていく3人の色男、横山流星・永山綾斗・中村倫也に胸キュンしたり、主役の順子を演じる、深田恭子さんの、純粋無垢さと、人生観に共感した視聴者多数!

そこでSNSにあった今後のエピソードが待ち遠しくなる見どころを紹介します。

なんといっても、生徒と担任教師が同じ好きな女性を巡って恋の火花を散らしていきそうな展開に期待大ですよね!

東大受験を巡って順子と山下のどちらが、教師として、大人として教える力があるのかも見どころではないかと思います。

聖の中学聖日記のような年下の未成年と大人の女性の恋愛・・・

という点では、中学聖日記のように「苦手」感を持っていた方もいましたが、女性視聴者をイラつかせない制作側の演出や、かなりのキャリアを重ねた深田さんをあえて、容姿が可愛くても、「おばさん」イジリする毒っ気あるところは、笑いとユーモアの意味で視聴者を楽しませたのではないでしょうか。

さらに、中村倫也さん演じる、山下一真は、順子に学生時代に告白をした人物で、順子が大学受験を手助けする匡平の担任!

どの世代も、学生時代に告白された異性という設定が、初恋の懐かしさが込み上げそうな役どころですね。

深田さん、いくつになっても大人可愛いですよね!

「下妻物語」でも見られたお人形さんのようなくりんとした大きな瞳と、卵型フェイス!

深田さんの存在感と空気のように包み込むふわっとしたオーラ、この容姿でモテない、恋をしたことがないという役柄に、萌えている方や、「この容姿でモテないはずがない」とコメントも。

オープニングシーンで、深田恭子さんと、横山流星さん・中村倫也さん・永山綾斗さんの立ち姿にキュンキュンしている視聴者もいました!

まるで、これからフレッシュで二次元の恋愛ゲームの世界のようなときめく世界観が演出されていて、ドラマの放送が楽しくなりますね。

順子を演じる深田恭子さんの天然で、やや世間知らずなお嬢様を思わせる独特の雰囲気は癒されましたね。

いっぽうで、順子を取り巻き、「初めて恋をした日に読む話」の話数が進むにつれて、女性視聴者すら、順子のように、匡平、雅志、一真に取り囲まれているような疑似恋愛感覚を味わえるような演出も満載でした。

大人になったからこそ、この意見に共感できる視聴者続出!青春の貯金という言葉選びが素敵でしたね。

順子や匡平が互いに抱えている、親の愛情希薄な対応、同じ目標に突き進み、過去の嫌なことからの決別と成長、順子の恋と、匡平や仲間達との友情、順子の職場での環境・・・場面ごとに考え深いとろも注目です。

初めて恋をした日に読む話の2話見逃しは、民放公式サイトTverで!

2話の配信を見逃した方はみん民放公式サイトTverの無料配信で追いましょう!

詳しくはこちら!→https://tver.jp/corner/f0030371

Sponsored Link

まとめ

「初めて恋をした日に読む話」は学業優先で恋をしたことも、恋愛以外のなにかに夢中になったことすらない順子に、3人の男性が関わっていくことで、彼女の人生初の恋だけに視点をあてるのではなく、家族関係や職場での上司の対応、30代の女性の人生観といった様々な角度から捉えて視聴者が共感できるドラマですね。

山下一真役の、中山倫也さんが順子の学生時代の恋を思い出させるような甘酸っぱい展開に発展していきました!さらに、由利と順子、雅志との四角関係に大きく繋がっていく予感がして、今後も順子のオトナの恋にこうご期待あれ!

Sponsored Link