12月22日(土)、

平成最期の劇場版仮面ライダーである、

平成ジェネレーションズ FOREVERが

公開されました。

すでに22日の初日に、

全国各地で舞台挨拶が

行われることが決定しておりますが、

この度、1月9日に応援上映会が追加!

今流行りの応援上映会。

この上映中は声を出して応援したり、

サイリウム、ペンライトの持ち込み、

アフレコもOK!

その応援上映会の舞台挨拶も

追加されました!

今回は、初日舞台挨拶は都合が合わず

行けない人や、地方に住んでいて

来ることができない方の為に、

1月9日に行われる「平ジェネFOREVER舞台挨拶」の

ライブ配信動画を無料で視聴する方法をご紹介します!

Sponsored Link

舞台挨拶のライブ配信動画を無料で見るなら「auビデオパス」

▼平成ジェネレーションズFOREVER舞台挨拶ライブ配信動画を無料視聴

1月9日に丸の内TOEIで上映される「仮面ライダー平成ジェネレーショズFOREVER」にて、主演者による応援舞台挨拶が開催!

なんと、この舞台挨拶の模様を「auビデオパス」にてライブ独占配信されます。

  • 応援舞台挨拶の応募にはずれてしまった方。
  • 地方からではど平日にいけない方。
  • そもそも正月休みあけの仕事で休みなんか取れるか!の方。

auビデオパスは初回登録の方に限り、30日間のお試し無料期間が設けられています。

つまり、auビデオパスに登録をすれば、1月9日のに行われる舞台挨拶のライブ配信動画が無料で見れてしまいます。

これは新年早々、お年玉のような企画。

仮面ライダージオウ出演陣はじめ、豪華な舞台挨拶となることは間違いありません。

この機会に、ライブ配信が無料で視聴できる「auビデオパス」に登録されていかがでしょうか。

平成ジェネレーションズFOREVERT舞台挨拶ライブ配信動画を無料視聴[PR]

~auビデオパス公式サイトへ移動します~

応援上映会会場

日時:2019年1月9日(水)

場所:東京都丸の内TOEI

18:00開場 / 18:30開演 予定

登壇者予定者

奥野壮 / 押田岳 / 大幡しえり / 渡邊圭祐

予定です。

Sponsored Link

平ジェネFOREVERネタバレ

(公開後記載します)

舞台挨拶応募方法

1.auビデオパス会員ならご招待応募可!

 「ビデオパス」会員100組200名を

 抽選でご招待、ということ。

 太っ腹ですね!

 当たるも八卦、当たらぬも八卦。

 応募しなけりゃ、当たるもんも当たらない、

 ってことで、ここは一発、応募してみるのも

 ありですよ~

 応募期間:2018年12月17日(月)10:00~

      2018年12月25日(火)23:59

 対象ユーザー:ビデオパス会員

 応募ページ: https://movie-cp.auone.jp/mv/vp-rider/?checktime=20181217100000

2.TTFC会員ならご招待応募可!

 TTFC会員50名を抽選でご招待。

 TTFCアプリ内「コンテンツ」⇒

 「会員特典/プレゼント」から応募。

 応募期間:2018年12月24日(月)23:59まで

 結果発表日:2018年12月26日(水)18:00予定

3.チケット購入

 一般販売:12月22日(土)

 10:00AM 発売開始

  「チケットぴあ」での販売なので、

  店舗(チケットぴあ・セブンイレブン)・

  電話・ネットから購入可能です。

 チケット料金

 ●一般:2000円

 ●大学生:1700円

 ●3才~高校生:1200円

 ●シニア:1300円

 ●障がい者手帳:1200円

  (付添い1名まで同額)

チケットぴあ公式サイト

もし応募したが抽選が外れてしまったら・・・

当日、ビデオパス限定で、

舞台挨拶を独占ライブ配信!!!

つまり、ビデオパス会員になれば、

地方に住んでいて行く事ができない、

と言う方もソウゴやゲイツ、

ツクヨミやウォズの舞台挨拶が見れる!

平成ジェネレーションズFOREVERT舞台挨拶ライブ配信動画を無料視聴[PR]

~auビデオパス公式サイトへ移動します~

まとめ

20作品記念のジオウで、

平成最期の平ジェネ、ということで、

各地でイベントが行われており、

各メディアと提携している

平ジェネFOREVER。

ライダーファンは盛り上がっていることは、

間違いないのですが、

実際のところ、ファンでない人は

どうなのかは分かりません。

しかし、この平ジェネの扱いは、

尋常じゃないのは一目瞭然。

吉とでるか、凶とでるかは

始まってみないと分かりませんが、

映画自体は面白い。

中々ない機会ではあると思うので、

童心に還って、親子で楽しむのも

楽しいと思いますよ(^^)

Sponsored Link