石垣島の市街地にある730交差点は、
島の人々に「ナナ・サン・マル」と呼ばれ
親しまれています。

なぜ交差点がこんなにも愛されているのか?
調べていくと、今まで知らなかった
面白い事実がどんどん出てきました。

今回はそんな、
「730交差点」にスポットをあて、
徹底解剖です!

Sponsored Link

沖縄返還と「730」

戦前、沖縄を含む日本のどこの地域
車は左側通行”でした。

しかし、
終戦後にアメリカに占領された沖縄では、
昭和20年より“車は右側通行”へと
変更されます。

沖縄が本土へ復帰をした後
交通法は変わらず
ようやく法改正がされて
“車は左側通行”に戻ったのが、
沖縄返還から6年後の
昭和53年“7月30日”でした。

今もアメリカ文化が
そこかしこに残る沖縄ですが、
この出来事は県民にとって「沖縄返還」を
強く実感させる歴史的な1日となりました。

画像はまだ右側通行だった
沖縄本島コザ交差点を写し一枚。

わずか8時間の大改革

交通法を変更するため、
工事期間中は一切の車の通行を禁止にします。

その期間は、
前日29日の午後10時から
30日の午前6時まで。

なんとわずか8時間だけ。

標識や道路標示すべての変更を、
わずか8時間で完成させるという、
今では考えられない大改革がなされます。

交通法が変わることで事故が起きないよう、
準備を徹底することが求められました。

雨のなか、
無事に8時間で大工事を完了させたのは、
当時の方の様々な工夫と努力、
何よりも沖縄県民の協力があったからですね。

左側通行一番乗り!

当時、大人から子どもまでの市民に
交通ルールが変更になることを伝えるため、
「ナナサンマルの歌」が出来たほど、
この工事は県を挙げての大改革でした。

そして当日の7月30日
右側通行から左側通行へ・・・。

さらには、
わずか8時間で完成させるという
世紀の大工事は、沖縄県民の注目を
浴びることになりました。

工事が完成する午前6時には、
初めての“左側通行”を体験すべく
730交差点の一番乗りを目指す人や
マイカーに乗り付ける人、
沿道にもたくさんの見学人が集まりました。

ちなみに、
これが行われたのは昭和53年の話し。

今から約40年前になります。

石垣島のおっちゃん世代の方に聞いてみると
実際に見ていたという人もいるくらい、
割と最近の話というのがビックリです(笑)

Sponsored Link

記念碑と「シィーシィー(獅子)パーク」

歴史に残る大工事を終えた同年9月、
全国の国道の最西端である石垣島の交差点に、
記念の大きな石碑が立てられました。

そして30年後の平成20年7月30日には、
一対のシーサーを設置し、
周辺を憩いの場を目的とした
小公園として新たに整備されました。

実際は道路に面した交差点の隅の一角なので、
憩いの場としては使いにくいようですが、
観光客の方には写真スポットとして
広まってきているようです。


出典元:www.city.ishigaki.okinawa.jp

730は石垣島の路上寝スポット!?

石垣島のローカルラジオでは、
前日の路上寝の件数を伝える時間があるほど、
石垣島をはじめ、
沖縄では当たり前の光景になってしまった
「路上寝」

石垣島の路上寝の
定番スポットとなっていたのが、
730交差点でした。

島の飲み屋街「美崎町」からの帰り道にあり、
石碑の前にはちょっとしたスペースが・・・。

酔っ払いには絶好の
就寝スペースだったのかもしれません。

泥酔している割には、
安全な場所を確保するところ・・・
なかなかズル賢いですよね(笑)

今では、
730記念碑で寝る人はいませんが、
その昔、730記念碑の前には
路上寝のおじぃ~が沢山いて
少し怖いところといったイメージを
持っていた方も多かったようです!

今では、路上寝をしていると、
直ぐに警察の方が飛んで来ます!

南の島の石垣島では開放的になりがちです。

先ずはお酒を飲み過ぎない!
お酒を飲んでも路上寝はしない!

この事をしっかりと肝に銘じて、
石垣島やその他の離島を楽しんで下さい!

路上寝さんには要注意!

宮古島には、
全員が酔いつぶれるまで飲み明かす
「おとーり」という文化もあるぐらい、
沖縄の方たちは泥酔するまで
飲み続ける人が本当に多いです。

また、石垣島の温暖な気候
「冬でも凍死しないだろう」という、
おかしな安心感を生んでしまい、
路上寝の人数を増やしてしまっています。

上に書いたように、
車の通らない安全な場所で
寝ている人も居ますが、
(それでも迷惑には変わりないですが!)
中には車道に寝転がる人もたくさんいます。

沖縄ではそういった路上寝の人が
絡む事故の件数が非常に多いので、
石垣島に行った際、夜間に車を運転する際は、
十分に気を付けましょう(笑)

730(ナナ・サン・マル)の現在

現在の730交差点付近
一気に賑やかになっています。

石垣島初のファミリーマートも、
この730記念碑からすぐの場所にあり、
オープン時には行列ができたほど(!)
島の人々の注目を浴びていました。

そして、
近年には新たに複合施設
「730COURT(ナナサンマルコート)
が建設されました。

お土産屋さんからカフェ、
ヘアサロンといった、
都会さながらの施設になっています。

「うちなータイム」のせいか、
完成は予定よりも大幅に遅れたそうですが、
それも沖縄らしさの一つですよね。(笑)

また、離島ターミナルからも近い場所にあり、
離島帰りの観光客の方も利用しやすい、
とても良い立地にあります。

石垣島は現在、
730周辺を筆頭に、
島の人々の暮らしを活性化させる
“発展の途上”と言えるでしょう。


出典元:http://www.okinawatimes.co.jp

730(ナナ・サン・マル)のこれから

いかがでしたでしょうか?

今ではなかなか見ることはないですが、
路上寝の人たちが溢れていた730交差点も、
なんだか沖縄独特のユルさがあって
少し見てみたかった気もしますよね。(笑)

今では様々な商業施設が誕生し
賑やかになった730ですが、
八重山地方独特の素朴さが無くなっていき、
少し物悲しい気もします。

しかし、
島が活性化することで、
また違った石垣島の魅力が生まれることも
期待できます。

わずか40年ほどで
大きな発展を遂げた730ですから、
島のこれからの発展にも目が離せません!

Sponsored Link

Sponsored Link