沖縄南城市のロケカフェ
『食堂かりか』をご紹介します。

ロケーションってもんじゃ無いですよ!
「今、何処にいるんだっけ?」と錯覚する店。
何たってテーブル席は砂の上

店内じゃないですよ。
まさにオンザビーチにあるカレー屋さん!

絶景の中でカレーを食べる「食堂かりか」
駐車場やメニューも確認しておきましょう!

ロケカフェ『食堂かりか』

場所は南城市百名 新原ビーチの端

この辺りは、
沖縄ロケカフェの代名詞となっている
「浜ノ茶屋」「山の茶屋」を初め
多くの店がある場所です。

先ずは、
那覇空港から車で約40分の
新原(み―ばる)ビーチを目指しましょう。

新原ビーチは天然のビーチで
沖縄の素朴な風景が広がります。

「食堂かりか」
住所/沖縄県南城市玉城字百名1360
電話/ 098-988-8178
営業時間/10:00-21:00
定休日/水曜日と台風(そりゃそうだテント飛ぶよ)
雨の日(テントだしね)


食堂かりかの駐車場

ここで注意。

新原ビーチに入った所おじさん
「こっちこっち」と手招きをして車を誘導します。

有料駐車場に入れようとしますが、
「食堂かりか」はまだ先です。

おじさんの誘惑(導)に乗ってはいけません。

おじさんを振り切り、
そのまま真っすぐ細い道を入ります。

道なりに行くとやっと
「食堂かりか駐車場」の看板が出てきます。

駐車場は「食堂かりか」で食事をすれば
90分無料です。

駐車枠の無い、誰も居ない
のっ原なのでお行儀よく並べて駐車しましょう。

ビーチ入り口の横の駐車場(有料)では無く、
道路右側の木のある駐車場です。

海水浴利用の際は、
有料駐車場移動しましょう。

【食堂かりか 駐車場】


インスタ映え間違いない!

そこから海に向かって歩き
岩の間から覗く先にお目当ての
「食堂かりか」が見えます。

驚くのはビーチに並んでいるテーブル。

ビーチとテーブルの白、青い海と空
一瞬立ち止まってしまうほど
マッチしています。

はい、ここでインスタ写真をパチリ!


 

席への案内も、
注文を聞きに来てくれることもありません。

好きな席に座って
ビーチ横にある店の窓口に行きオーダーします。

この時既に裸足。だってビーチだよ?

あ、言い忘れました。
ヒールの靴は避けた方がよろしいかと・・・

ほら、ビーチだし。

ネパールカレーは絶品

店の名前に「食堂」と付きますが、
シェフはネパールのご出身。

かりかでは本格的な
ネパールカレーが食べられます。

こちらはかりかスペシャル。
2種類のカレー(日替わり)が楽しめます。


この日は、チキンカレーと豆カレー。

ゴロっと入ったチキンは柔らかく
旨味たっぷりです。

豆カレーもスパイシーの中に旨味が凝縮され
豆がルーとマッチしています。

どちらもルーの味が深く、
それでいてスーと食べられます。

本格的なネパール料理は食べたこと無いけど、
何種類ものスパイスが入っていて
身体にも良さそう。

辛さも丁度いい、
差ほど辛く無くご飯との相性バッチリ。

カレーの種類によっては
お子さんでも食べられると思います。

食堂かりかのメニュー

カレー種類は、

・豆
・チキン
・キーマ
・野菜
・ポーク
・ほうれん草
・エビ
・マトンなど

ナンやチャパティは無く、
カレーのセットはライスのみです。

アラカルトは、
・パン・フライドポテト・プーリー(揚げパン)
・サモサ・フライドチキン
・マサラピーナッツ・モモ(ネパールの蒸し餃子)
・サラダなど

ドリンクは、
・チャイ・ラッシー・ソフトドリンク
・ビール・泡盛・ワイン
・ラム・カクテルなど色々あります。

沖縄で本格的なネパール料理を
美味しく食べられ、
尚且つロケーションも良いとなれば
ここ「食堂かりか」しか無いと思います。


画像参照:https://tabelog.com

食堂かりかの楽しみ方

ロケーション良くまさに「ここは外国か?」
思えるほど綺麗な海、砂、空が迎えてくれます

ゆっくりとランチを食べるもよし、
仲間とはしゃいで食べるもよし。
波音が騒がしい音を全部消してくれます。

店のBGMはJAZZ。
「えーネパールカレーなのに?」な選曲ですが、
これが全てにマッチしちゃうのです。


夕日はもちろんのこと、
21時までやっているので
新月やスーパームーンの時に
お月見カレーもいいと思います。

何で食堂かりか?

観光客だけではなく、
新原に住む地元のおじいやおばあたちにも
気軽に来てもらいたい。

あまりおしゃれな雰囲気ではなく
素朴にしつらえ、
店名もアルファベットではなく
ひらがな表記で『かりか』。

そして、
レストランやカフェではなく
『食堂』にしましたとのこと。

地元に溶け込んでるのが良く分かります。

2年ほど前に、
2号店Lekhali Kalika (レカリカリカ)
がオープンしています。

こちらは沖縄の100年以上前の
古民家を店舗にしています。

「食堂かりか」周辺の情報も
こちらの記事でチェックしてください!

糸満の沖縄そばならよしもと食堂!おいしいランチは照屋にあり!
沖縄で食べたい郷土料理と言えば「沖縄そば」なんて人も結構多いですよね。沖縄そば店は沖縄県内の各所にありますが、おいしい沖縄そば店を探すのは一苦労。ひめゆりの...

斎場御嶽から見える久高島への行き方は? フェリーの時間も確認!
沖縄の聖地として知られる斎場御嶽。パワースポットとして有名になったこの場所からは、神の島「久高島」も見ることが出来ます。この斎場御嶽から見える久高島に すぐに...

浜川御嶽は隠れたパワースポット!場所&住所と駐車場を確認!
浜川御嶽は南城市にある百名ビーチの北側奥にある拝所。地元の人たちも多く訪れる隠れたパワースポットです。年間を通して御願(ウガン)に訪れる人が絶えない場所です...

あれは何だ?

食堂かりかに夢中だったので
気が付かなかったけど、
海の右側にボートが泊まってる。

寄ってみると、
この辺りの海で楽しめる「グラスボート」
ではないですか!

グラスボートとは、
船底がガラス張りになっていて
スキューバーで潜らなくても
海底を見ることが出来る船のこと。

ここの海が手付かずで、
魚が沢山いるって証拠ですね。


※グラスボートを楽しむ時は、駐車場の移動をお忘れなく。

まとめ

「食堂かりか」は新原ビーチ奥の集落にあります。

もちろんそこには人々の生活も垣間見れます。

沖縄でザ・リゾート施設もいいけど、
食堂かりかのような周りと溶け込んでいる店が
ほっとするのではないでしょうか?

車でしか行けないし、
8月のトップシーズン以外は
静かなビーチで人もまばら。

裸足になって美味しいカレーを
食べて見てください。

私は、
小さい頃に田舎のおばあちゃんちで食べた
カレーを思い出しました。

あ、おばあちゃんは日本人で
カレーは多分ハウスしゃ。

色々なことを思い出すカレー屋さんでした。

Sponsored Link

Sponsored Link