小泉幸太郎さん演じる、KY刑事・小早川冬彦と松下由樹さん扮するベテラン刑事・寺田寅三(とらみ)の迷コンビが復活します!

警視庁ゼロ係ではシリーズを通して、冬彦が科警研時代に書きまとめた未解決事件のレポートがある。 そこに書かれている、5年前から神奈川県警管内で発生している若い女性の失踪事件が、未解決誘拐事件、殺人事件へとつながっていく。

さて、前シリーズから興味深い冬彦の事件レポート!

THIRD SEASON で無事に解決出来るのでしょうか?!

ゼロ係ファンもここは見逃せないところですね。

THIRD SEASON が始まるということで、警視庁ゼロ係のキャストやあらすじを見てみましょう!

Sponsored Link

警視庁ゼロ係の概要とあらすじ

警視庁、生活安全課なんでも相談室、通称 ″ゼロ係″ がスタートします。

″空気は読めないが事件は読める″ エリートでキャリアのKY刑事・寺田寅三の「迷コンビ」が事件を何とも言えない駆け引きの中、解決へと導いていく。

Sponsored Link

あらすじ

10年前の総理大臣暗殺未遂事件の真相と、その元総理大臣が犯した50年前の殺人事件を暴いたゼロ係。

世間的にも内部的にも彼らの名前と功績は抹消されて、相変わらず2020年の東京オリンピックに向けての警備強化班として、競技予定地の清掃、放置自転車の撤去、近隣住民の苦情処理などをこなす毎日をおくっていた。

とは言っても、業務をまともに務めているのは冬彦(小泉幸太郎)のみで、寅三(松下由樹)は冬彦のおもり??桜庭(木下隆行)はカレーの研究、文平(戸塚純貴)はネットゲーム、靖子(安達祐実)はそんな彼らを冷ややかに見ていた。

ある日、冬彦と寅三がビニールに巻かれた女性の絞殺体を発見!同一の手口の被害者は3人目で全員右手の小指を切断されていた。

ゼロ係にもたらされた情報で、3人とも精神科医・実相寺(嶋田久作)の関係者とわかり実相寺は逮捕されるが、また同じ手口の犠牲者が?!

原作は「生活安全課0係」

この警視庁ゼロ係は小説家の富樫倫太郎さんの ″生活安全課0係″ シリーズが原作です。
原作が富樫倫太郎さんなので、最近の刑事ドラマと違ってクスッと笑える所もありつつ、事件の裏にあるものを解き明かしていく面白さがあります。

警視庁ゼロ係!主なキャスト

杉並中央署、生活安全課なんでも相談室の署員はこちら!

小早川冬彦・警視(小泉幸太郎)

寺田寅三(とらみ)巡査長(松下由樹)


本条靖子・事務職(安達祐実)


桜庭勇作・巡査長(木下隆行)


太田文平・巡査長(戸塚純貴)


金田一修・捜査一課の管理官(平岡祐太)


谷本敬三・副署長(石丸謙二郎)


横山建夫・ゼロ係の新係長(片岡鶴太郎)

国仲春吉・焼き鳥「春吉」店主(加藤茶)

THIRD SEASON から、なんでも相談室の係長が横山建夫を演じる片岡鶴太郎さんになりました。

設定が、酒癖が悪いことで警視庁第一から第十方面までの ″102″ の警察署を渡り歩いてきた ″クセ者″ で、通販好きで購入したものが時々ゼロ係に届くのだそうです。

大杉漣さんの後任として片岡鶴太郎さんが係長に抜擢されました!
役柄を見ると、また個性的な係長!!ですが、ゼロ係のカラーがまた一つ増える感じがします。

それでなくても、ゼロ係の面々は個性派揃いなので横山係長くらいの ″クセ者″ でないと、面白くないと思います。

Sponsored Link

第1話に大杉漣さんが出演?!

なんとなんと!警視庁ゼロ係サードシーズンに、先代の係長、亀山演じる「大杉漣さん」が出演されるらしいです!?

もちろん、過去映像でのご出演ですが、どんなシーンで登場するのか楽しみですね!

警視庁ゼロ係、みんなの期待と感想

「警視庁ゼロ係、THIRD SEASON」について ″ともに最後まで突っ走る″と大杉漣さんへの思いを明かす! これは小泉幸太郎さんの談です。

まだまだ、大杉漣さんへの思いが残りつつ新シリーズへの期待もありますね。

新たに、管理官・金田一修役の平岡祐太さんが加わって、 ″楽しみ!!″ という声もあるとか?

寺田寅三のタメ口が毎度お馴染みになりましたが、世のおじ様・おば様方が小気味よいと好評価! THIRD SEASON も寅三さんの ″タメ口″ が楽しみですね。

警視庁ゼロ係の基本情報

警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~THIRD SEASON

【キー局】

・テレビ東京 7月20日(金)放送開始

【放送日時】

・毎週金曜 20時~

主題歌

エンディング主題歌はロックバンドの ″神様、僕は気付いてしまった″ の新曲「UNHAPPY CLUB」です。

覆面を被って素顔は見せない4人組のロックバンドです。 MAN WITH A MISSION みたいな?

「神僕」ならでは?の印象的なメロディーと歌詞が良い感じの楽曲になっていて、THIRD SEASON も益々パワーアップ?!

警視庁ゼロ係、THIRD SEASON まとめ

警視庁杉並中央署、生活安全課なんでも相談室は各所でお払い箱になった人材の放置部署で ″ゼロはいくつかけてもゼロ″ ということで、役立たずは何人いても役には立たないことから署員達から ″ゼロ係″ と言われているのです。

そのゼロ係、年齢も性格も階級も全て異なる冬彦と寅三の「迷コンビ」と、ゼロ係の ″役立たず″ ?? な仲間たちが強烈な個性を生かしながら様々な事件に再び挑んでいくのです。

THIRD SEASON となる第1話は冬彦と寅三がビニールに巻かれた絞殺死体を見つける所から事件は始まります。 今シーズンより、横山建夫・新係長を演じる片岡鶴太郎さんや、金田一修・管理官を演じる平岡祐太さんが加わり、盛り上げもひとしおですね。

おなじみとなりました「タメ口たたいても宜しいでしょうか?」の寺田寅三を演じる松下由樹さんですが、前作のロケ中に視聴者の方から ″寅三先輩!!″ と声をかけていただいて、役名で呼ばれるくらい浸透してきたのかなという感触があったとか!

1年ぶりの真夏の撮影なので、暑さも吹っ飛ぶくらい気合を入れて皆で面白いドラマになるように頑張ります。 と、松下由樹さんは語っていたとのこと。

THIRD SEASON では更に迷?コンビを発揮して、チームワークを高めていってほしいですね。

ゼロ係は問題児の集まりで危なっかしい?ですが、そこがまたゼロ係の魅力だと思います。

帰ってきた警視庁ゼロ係! 今シーズンも必見です。

Sponsored Link