「ケンカツ」第5話が放送され闇を抱えたうつ病の青年を演じた佐野岳さんの演技力がネットでの絶賛されて話題になっていますよね。

数々の映画やドラマ・CMに出演されている佐野岳さんですがイケメンなのに役によって表情や雰囲気も変えてきて凄いです。

「ケンカツ」での島岡光も相当難しい役どころですが佐野岳さんの迫真の演技で思わず感情移入してしまいました。

「ケンカツ」では、相当シリアスな役の佐野岳さんですがジュノンボーイや仮面ライダーとしても有名ですよね!

また、佐野岳さんが演じる島岡光がどうしてあそこまで父親を怯えるのか理由が気になって仕方ありません。

今回は、

・第6話のネタバレ※島岡光が怯える父の正体は!?

・島岡光の父親を演じるのは!?

・島岡光役の佐野岳のプロフィールと経歴

・ジュノンボーイでグランプリを獲得

・「仮面ライダー鎧武」の主役に抜擢

・佐野岳の「ケンカツ」での役どころは?

以上の気になる部分を調査してみました!

Sponsored Link

 

第6話のネタバレ※島岡光が怯える父の正体は!?

ここからは、原作でのネタバレになるので来週まで楽しみにしておきたい方は見ないようにしてくださいね。

電車に飛び込んだ島岡光は幸いなことに一命は取り留めました。

しかし、病院で怪我をして身動きが取れない島岡のオムツを替えようと看護師が身体に触れた瞬間、島岡光はとても嫌がり抵抗し暴れだしました。

主治医が調べた結果、どうやら島岡光は父親から性的虐待を受けていた事が判明します。

島岡光への性的虐待は8歳の時から中学卒業まで続いたそうで心理検査の結果、心的外傷後ストレス障害だと判明しました。

父親が極度に息子の島岡光を必死に探し執着していた理由が分かりましたね。

最初は、虐待かなとは感じていたのですが性的虐待を行っていたという展開には驚きました。

事実を知った主人公のえみると上司の京極は、島岡光を保護する事を決めますが、父親が息子に意地でも会いたくて名前を偽り会いに行こうとします。

来週の6話では、島岡光の秘密が分かり守ろうとする主人公のえみる達と息子に無理やり会おうとする父親との戦いになります。

島岡光の父親を演じるのは!?

父親を演じているのは小市慢太郎さんです。

小市慢太郎プロフィール

名前:小市慢太郎(こいち・まんたろう)

生年月日:1969年2月15日(49歳)

出身地:大阪府

身長:173.5cm

所属劇団:M.O.P

所属事務所:Sai

演技力が高い俳優さんで各局に絶賛されていて、数々のテレビドラマや映画、CMにご主演されています。

結構、話題になったのは三井住友カードのCMで父親役ですね。

小市慢太郎さんのトレードマークと言えば白髪頭です。

どんな役柄にもなりきれる事からカメレオン俳優と称賛されています。

今回の「ケンカツ」で父親役の島岡雷(しまおか・あずま)を演じています。

表では優しい父親で裏では息子に性的虐待をするサイコパスな役柄で、見事不気味な怖さを自然に演じているところが本当に凄いですよね。

Sponsored Link

 

島岡光役の佐野岳のプロフィールと経歴

佐野岳のプロフィール

名前:佐野岳(さの・がく)
生年月日:1992年4月3日(26歳)
出身:愛知県
身長:170cm
血液型:A型
兄弟:3人兄弟の真ん中※双子の弟さんがいらっしゃいます。
特技:サッカー・バク転
所属:エヴァーグリーン・エンタテイメント

経歴

・中学・高校時代はサッカー部に所属しておりバク転も得意で運動神経が抜群

・中学のサッカー部時代には愛知代表に選ばれます。

・高校を卒業してから大学へ進学し「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に応募します。

2011年「第24回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で応募数1万3228人の中から見事グランプリを獲得。

・2012年舞台「SAKURA」で俳優デビュー

・その後、ドラマでは「GTO」や「鴨、京都へ行く」 映画では2013年「また、必ず会おうと誰もが言った」で映画初出演・初主演を果たしています。

そして、2013年「仮面ライダー鎧武/ガイム」のオーディションで主役に抜擢されます。

・2016年「仰げば尊し」

・2017年「陸王」

・2018年映画「ふたつの昨日と僕の未来」で主演

戦隊ものからシリアスな役まで何でもこなせる俳優さんですよね。

ジュノンボーイでグランプリを獲得

佐野岳さんがジュノンボーイコンテストに出場をしたのは19歳の時です。

ジュノンボーイコンテストに応募したきっかけは芸能界に入りたいという佐野岳さんにご両親がコンテストの応募を勧められたそうです。

コンテストでは持ち前の運動神経を生かしてアクロバットダンスを披露して応募数1万3228人の中で見事グランプリを獲得されました。

グランプリを獲得した時の目標がオールマイティーに何でもこなしたいと語っていてそれを見事実現されていますね。

「仮面ライダー鎧武」の主役に抜擢

ジュノンボーイコンテストでグランプリを獲得した後、順調に俳優として活躍の幅を広げていきました。

そんな中、2013年「仮面ライダー鎧武/ガイム」のオーディションで見事主役に抜擢されます!!

仮面ライダーといえば人気俳優の登竜門にもなっていて主役を演じた俳優さんはその後、活躍されている方ばかりですよね。

歴代の仮面ライダーを演じたのは、オダギリジョーさん、佐藤健さん、瀬戸康史さん、菅田将暉さん、福士蒼汰さん、竹内涼真さんなど今をときめく人気俳優ばかりですよね。

仮面ライダーを演じている時も、身体能力がずば抜けていた佐野岳さんは、スタントマンを使わず自らアクションをほとんどこなし、佐野岳さんの運動神経は、歴代の仮面ライダーの中で1番だとも言われています。

バク転以外にもバク宙も得意だそうで「仮面ライダー鎧武ガイム」の発表会でも披露されていますよね。

佐野岳の「ケンカツ」での役どころは?

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」で佐野岳さんが演じているのは、謎の多い青年でうつ病の島岡光役です。

島岡光は、生活課に生活保護を申請してくる青年なのですが常に何かに怯えていて職員に質問をされても「うつなんで・・」しか答えません。

父親は病院の院長をしており、生活課の職員がこの父親なら島岡光の面倒をみてくれるはずと父親に連絡してしまいます。

すると父親はすぐに生活課にやってきて息子にすぐに会わせて欲しい私が面倒をみると言います。

生活課の職員が島岡光に連絡すると、やめてください!!と叫び怯えながら仮住まいの住居を飛び出し、最後は電車に飛び込んでしまいます。

相当、父親が怖かったみたいで観ている方もハラハラしましたね。

かなり難しい役どころでしたが佐野岳さんは見事演じ切っています。

▼ケンカツの見逃し動画を無料視聴する方法はこちら▼

ドラマ【ケンカツ】を無料視聴!動画はフリドラや9tsuでみれない?

 

まとめ

島岡光役の佐野岳さんの運動神経は相当凄いですね。

佐野岳さんは、ジュノンボーイって事もありルックスもよくて演技もこなせてオールマイティな俳優さんです。

第5話での佐野岳さんが演じる島岡光の本当の闇が分かり胸が苦しくなりましたね。

主人公のえみる達は、島岡光を救うことができるのでしょうか?

来週の第6話もなかなかシリアスな話になっているかと思いますが、最後まで観ようと思います。

Sponsored Link