緊急取調室3第3話感想・あらすじ・考察!疑惑の2人の女に有希子はどうする?

 

緊急取調室第3話の感想とあらすじ・ツイッターの反応、そして、第4話のあらすじもネタバレ!

第3話無料見逃し配信案内もお伝えします。

理沙とかすみ・・・黒い疑惑が渦巻く加害者と被害者を巡って、有希子が導き出した結論は爽快感ありましたね。

かすみはとても犯行を犯すような人物に見えず、平凡で大人しそうな見かけとは裏腹な顔を持ち合わせていました。

Sponsored Link


緊急取調室3 第3話のあらすじ

仮装通貨“5億稼ぐ女”と呼ばれるカリスマトレーダー、宝城理沙(筧美和子)が、自宅マンションで何者かによって命を奪われました。
死因は頭部をアタッシュケースで強打されたことによる脳挫傷とみられます。

事件現場の状況から、金銭トラブルが原因で起きたと思われる顔見知りによる犯行だとにらんだ捜査一課の刑事・監物大二郎(鈴木浩介)と渡辺鉄次(速水もこみち)。
2人は、さっそく同じマンションに住む第一発見者・平井かすみ(仙道敦子)を突然、逮捕します。

というのも、かすみは理沙に仮想通貨専用の口座を開設させ、裏では、自分が売買取引を実行。

そう…何を隠そう、“5億稼ぐ女”の正体は理沙ではなく、かすみでした。

しかも、かすみには犯行時刻にアリバイがない上に、理沙の部屋から指紋が多く検出されたのです。

ところが、いざ監物と渡辺が取り調べを始めると、かすみは自分は悪いことをしていないと否定。

完全に行き詰まってしまったため、取り調べは真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に任せられます。

しかし、かすみは他人の口座で仮想通貨取引をした詐欺行為については認めたものの、殺人については相変わらず否認している手強い様子。

そんななか、有希子らの脳裏に大きな疑問が浮かび上がります。

そもそも、かすみはなぜ理沙を自分の代わりにして利用したのでしょうか?

そこには何か“人には言えない理由”と“別の顔”があるのではないかと、有希子は疑惑を感じます。

さらに、理沙が男性高齢者たちを相手に、詐欺を働いていたことも明らかになりました。

しかも、この新事実をキントリ・チームが突きつけた瞬間から、かすみは“出口の見えない黙秘”を貫き通すのです。

ある女性が自宅マンションにいると、札束が多量に入ったアタッシュケースが頭上に落下して、絶命。

テレビや雑誌でも有名な、株式トレーダーでした。

しかし、5憶稼ぐ女は、平井かすみで、理沙ではないという事が発覚。

かすみが理沙を利用していたのです。

犯人が自分の付着した血を拭った可能性もあり・・・そして、かすみを調査しますが、彼女は事件に無関係だと貫きます。

かすみはメディア受けするように、宝城理沙を利用していたこと、理沙が多額の借金があったことを話します。

理沙がその依頼を引き受ける代わりに、100万円のほかに家賃を払うと約束。

監物が調査していくと、かすみによって、父親が結婚詐欺のように騙されて、殺されたことがあるといった、クリーニング店の被害者。

キントリメンバーは、清楚な仮面の下に、世間を騙して楽しんでいる節がかすみには見られるとのこと。

有希子の取り調べで、高齢者向けの宅配弁当を届ける仕事をしていた時に、現在では亡き夫に出逢ったという理沙。

有希子はかすみが彼女の夫も、彼女自身が殺したのではないかと疑います。

それに対し、かすみは、自分はそんなことするふうに見えます?とすっとぼけます。

バーテンダーをしていたこと、「賃金が不満で、デイトレで一発当てよう」と思いついたのではと分析する有希子。

有希子は今までの容疑者史上、最も苛立たせる女性、かすみと格闘中。

一方で、堅物は、調査を続けていくと、理沙は高齢者に甘い言葉巧みに声をかけて仮装通貨の話をし、自分にお金を預けるよう、誘導していることがわかりました。
有希子はかすみの身辺のことを調べるため、彼女の母のいる優良介護付き老人ホームに訪問。

有希子に、かすみのことを覚えていないというかすみの母。

でも、「お金は怖い」という意味深な発言が!

介護ヘルパー、門倉によると、借金を抱えて、かすみの夫が自殺したというのです。

かすみと理沙の詐欺事件被害者が、かすみの母の老人ホームに行ったことが判明。

画像解析していた玉(塚地武雅)が理沙の血がついた遺体の手に何かを発見。

「もつなべ」コンビは、かすみの母の老人ホームから、個人情報が盗まれたことを、門倉から聞きました。

アンケートを老人ホームでとったところ、シュレッターにかけようとしていたが、アンケート用紙が何者かに盗まれたようです。

有希子は、「いい考え」があると思いつき・・・。

取調中に、かすみの身の上のことを話し、共感を引こうとしました。

しかし、なんということか・・・かすみはそんな気持ちをとうに捨てたとひねた態度をとります。

有希子は、かすみにとって「大切な人」はお母さんだと読んで、母親を取調室に連れてきます。

しかし、かすみは、昔から自分に依存する母が嫌いだった・・・母のせいでいつも大変だったと心ないことを。

「お母さん作戦」は失敗に終わりました。

門倉が理沙と取引をし、老人ホームの入居者のアンケート用紙を理沙に渡していたのです。

かすみのことを理沙から聞いた門倉。

そして、アタッシュケースで、理沙を殺したのも門倉でした。

理沙に、彼女の犯行であるアタッシュケースに入った詐欺で得たお金を見つけたところを目撃されてしまい、咄嗟にアタッシュケースを理沙に向けて投げたのでした。

そして、理沙が得たお金を奪いました。

さらに理沙は、自身が貧困の環境を生きてきたことで心が歪み、お年寄りからお金を奪ったという。

門倉と理沙が揉め、門倉が一部を自宅に、かすみも自宅に押収していることがわかります。

かすみの身に付けていた指輪型のスマートリングとお金の在り処が連携していたのです。

デイトレをしている時、高揚感が表れるとも。

かすみは詐欺容疑で再逮捕され、事件は幕を下ろしました。

人間的に心が歪み、善悪の区別以前に、犯罪に手を染めて人を利用することを快感だと言う理沙。

手強いサイコパスとも言えるその人物像が垣間見れた彼女の愚かな末路でした。

緊急取調室3 第3話感想・あらすじ・考察!

感想とツイッターの反応から考察してみた

筧もう死んだ!!
今回の被害者の唐突の死・・・物語の始まりですね。

https://platform.twitter.com/widgets.js
監物が遺体を見て具合が悪くなる様子は、某同局大ヒットドラマの神戸くんみたいでしたね。

https://platform.twitter.com/widgets.js
かすみと理沙の闇が垣間見れました。

https://platform.twitter.com/widgets.js
かすみと理沙の悪の交渉にぞくぞくしました。
この2人のことがますます気になります。

https://platform.twitter.com/widgets.js
有希子は理沙を苛立たせる作戦をたてるのうまいですね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js
闇です・・・理沙というより、かすみが反社会的性格で、詐欺行為をしているのに、自分は何も悪い事していないとすっとぼけ。
かすみと理沙と仮装通貨・・・そして犠牲になった高齢者たち。
かなり心の闇が深いですね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

玉垣の気付きは、理沙の手についた血痕から、別の何かがわかったようです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

ヘルパーの門倉を疑う視聴者の皆さん。
うーん、確かに、疑いたくなる内通者な感じもします。

https://platform.twitter.com/widgets.js

金に飢え、貧困の環境を妬み、社会を恨んだ女の終焉でしたね。

来週松本まりか出るんだ!楽しみ〜!

松本まりかいいねー!

次回のエピソードでは、あの、「健康で文化的な最低限度の生活」にて、ネグレクトをする若き母の演技が話題の、松本まりかさん。

前述したドラマ、通称、”けんかつ”の役柄を思い出させる、絶叫ぶりに視聴者のワクワクが止まらないラストでした。

緊急取調室3 第4話のあらすじ・ネタバレ

女子高校生連続殺人事件の被疑者として、無職の男・樫村荘介(今井悠貴)が逮捕された。その直後、捜査班は樫村の車から、2日前の夜に失踪した女子高校生・福永真希(若林薫)の携帯電話を発見。しかも、防犯カメラで樫村の足取りを追ったところ、真希を尾行する様子が映っていた…!
過去の被害者は水や食料を与えられずに監禁され、数日後に衰弱死していたことから、真希も同じ目に遭っている可能性が高い。その場合、類推できる状況下での生存可能時間は、残りたったの30時間…! 一刻も早く監禁場所を突き止め、救出する必要がある。大至急、樫村の口を割らせるため、取り調べは真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に一任されることに。しかし、樫村は完全黙秘を貫き、時間だけがむなしく過ぎていく。そんな中、有希子がふと発した一言を受け、樫村が明らかに表情を変え…!?
一秒たりとも無駄にはできない人命がかかった取り調べに、焦りを募らせる有希子たち。だが、樫村はなかなか落ちる気配を見せない。その矢先、被害者全員に“ある共通点”が存在することが判明! 有希子はさらなる手がかりを求め、寝たきりの祖母・澄江(鷲尾真知子)と暮らす樫村の姉・茜(松本まりか)を訪ねるが…。
茜が樫村の沈黙を破る切り札になるかもしれない――そう感じた有希子は本来のルールを破り、樫村を肉親である茜に直接会わせようと思い立つ。しかも、後がないキントリ・チームはあろうことか、下手を打てば全員処分も避けられない“さらなる暴挙”にまで出る!


緊急取調室3 第3話の見逃し動画はauビデオパスで!

▼緊急取調室シーズン3の無料視聴をご検討の方はこちら▼

まとめ

かすみと理沙の奇妙な関係は、詐欺による雇用関係でした。

理沙はかすみに利用されていて、詐欺を行い、更に、かすみの母のヘルパー、門倉も理沙と取引をしていて、管理している高齢者たちのアンケートデータを理沙に200人、20万円という取引上、渡してしまったのでした。

理沙も被害者でありながら、男性の高齢者をかすみの「歯車」となって騙していました。

理沙を利用したかすみ、犯罪を行っていた理沙、この2人の不可思議な女性を巡る事件に、有希子が下したジャッジは、門倉の逮捕と、理沙の再逮捕でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください