緊急取調室第6話の倉科カナさんの白熱の演技をツイッターの反応と共に確認します!

キントリ第6話のネタバレ・感想・あらすじ、第7話のあらすじとネタバレもチェックです!

そして、緊急取調室シーズン3の第6話を見逃してしまった、あなたへ、見逃し配信の無料視聴も案内しています。

是非、最後までお付き合いください!

まだわずか4歳の凛(落井実結子)を自宅から誘拐したのは、秘密を抱えた熱血保育士、七海(倉科カナ)でした。

哀しき着ぐるみを纏った犯人の驚愕の誘拐理由は、幼き凜があまりかまってくれない父、康弘と普通に遊びたくて、保育園で他の子ども達がやっていたそろばんを使った悪ふざけをして、康弘を死なせてしまった事実を隠蔽するためでした。

自分のせいで父親が死んでしまったという事態で、凜を苦しませたくなかった七海の、愛情が起こした哀しき事故です。

Sponsored Link

 

緊急取調室3 第6話のあらすじ

ある夜、4歳の保育園児・西崎凛(落井実結子)が自宅から何者かによって連れ去られる事件が発生!

母親・西崎明日香(土居志央梨)が僅か30分の外出から帰ると、娘の姿が消えただけでなく、階段から転落したと思われる夫・康弘(向田翼)が遺体となって発見されたのです。

しかも、捜査協力を命じられた真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」は、近隣住民から提供されたスマホ映像を見て驚愕します。

そこには、子どもに好かれそうなピンクの愛らしいウサギの着ぐるみをまとった不審者が、凛を抱きかかえて歩く姿が映っていました。

 さらに捜査の結果、明日香が本当は2時間も外出していたことがわかります。

彼女は家庭での何らかの現実から逃げたいのでは?と思われます。

その後、交番前に一人でいる凛を警察官が発見し、無傷で無事、身柄を保護。

しかし、まだ幼い凛からは決定打となるような証言が得られない中、キントリの疑惑の目は、嘘の証言をした被害者の明日香に向けられてしまいます。

ところがそこへ、もう一人、疑わしい人物が発覚!事件現場から、凛の担任保育士・柴田七海(倉科カナ)の指紋が検出されたのです。

キントリ・チームは2人を重要参考人として呼び出し、事情聴取することに…。

すると七海は、明日香が不倫相手に会うため凛を保育園に預けていると話し、明日香は母親失格だと非難します。

そんな中、キントリ・チームはさまざまな情報をもとに、七海に対する嫌疑を深めていくことに…。

やがて、ついに七海が新たに自供しますが、有希子は七海が別の言えない隠し事をしていることを感じ取ったのでした。

凛が安心して寝ています。

うさぎの着ぐるみに身を包んだ犯人は、凛を優しく抱きかかえて連れ去りました。

でも、凛がまったく警戒していないんです。

着ぐるみだからなのでしょうか・・・そして、凛の父親が何故か、殺されています。

この状況からして犯人が、凛を父親から助けたのでしょうか。

凛は無事、交番前に犯人によって放置され、入院と保護。

病院にいる凛の無事にほっとして抱きしめた母親ですが、凛の曇った表情と何かを知っているような顔が何かを物語っています。

キントリは、凛の母親が不倫をしていたこと、その不倫相手と出会うために凛を保育園に預けたという身勝手な行動を七海は指摘しました。

明日香と会っていた男性にも事情を聞く「もつなべ」。

七海が彼に明日香と会うことをやめるように忠告したことを話します。

男性は明日香に七海からされたことで、明日香と別れようとして電話したようです。

真壁たちは、臨時保育士になりすまして、凛にも聞き取りをします。

凜はとても人見知りで、警戒心が深いですが、真壁が凛が誘拐された時の「うさっち」のぬいぐるみを持って話しかけます。

その様子に、凛は親が大好きであること、でも、父親とその日はとくに接触していないことを話しました。

後日、七海に事情聴取をした真壁たち。

七海は子どものことを日頃から大切に思っていること、でも、うさっちの着ぐるみを買ったことが判明!

さらに、明日香が男性と会っていたことを知り、明日香が留守な事を利用して、凛の父、康弘に凛のことを両親が揃ってちゃんと見てほしいと伝え、康弘に帰ってくれと言われて階段でもみあいになり、凛の父を落として死なせてしまったと話します。

しかし、真壁は七海が真実を言っていないとさらに責めます。

凛は明日から保育園に行き、七海にうさっちを描いた絵を見せると無邪気に言う凛、対照的に、明日香は夫が亡くなったことで、引っ越したのです。

七海が勤務し、凛が通う保育園で、乳児が亡くなり、七海が原因なのではないかと疑われたことがあったそうです。

さらに、真壁たちが推理していくと、凛が原因だと思うことが。

保育園で、男の子達がそろばんを車のおもちゃ代わりに使っているのを見て、父親に遊んでほしくて、それを真似た凜。

父親にかまってほしくて起こした行動が、転倒して打ち所が悪くて亡くなります。

家を訪ねた七海は、死んでる父親を見て、凛を庇うために、康弘が凛自身のせいで亡くなったことで凜が傷つけないようにしていたのです。

それで、うさっちの着ぐるみを纏い、凛を誘拐し、父親が何者かに殺されている間に、凜は誘拐されたことにしようとしていました。

かつて七海の保育園で起きた事件は、あやなというまだ乳児の女の子が、お昼寝中に死去。

その子どもが死んだ原因は明かされませんでしたが、恐らく、乳幼児突然死症候群によるものだと思われます。

七海は、凜が自分のせいで父親が亡くなったという事実を背負わせたくないと必死に真壁に懇願しますが、凜には事実を伝えなければと念を押す真壁。

真壁が凜に事実を伝えに行くと宣言したところでエピソードは終了しました。

緊急取調室3 第6話倉科カナの演技に注目!感想・あらすじ・考察も!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

怖いですね。
でも、うさぎの着ぐるみの犯人に、凛は怯えていません。
この様子からして顔見知りなのでしょうか。

https://platform.twitter.com/widgets.js
凛は見つかり、交番の前に置き去りに。
無傷で助かりました。

旦那が虐待してて、保育士さんとお母さんが共謀したとみた!

燃える着ぐるみ

保護されて母親に抱き締められた時のりんちゃんの表情が気になる。嬉しそうに見えない。

確かに!母親に抱き締められた時の凛の顔が母親を信頼していないこと、雲った顔、そして、倉科カナ演じる保育士、七海が着ぐるみを燃やしている不審な様子を見ると、七海が凛の家庭の事情を知って助けようとしているのでは?と思ってしまいます。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

凛のことをとても熱心に考えている七海。
倉科カナきたー!というコメントから、倉科さんの演技が視聴者から好感度を得ていることは確かです。
倉科さんの淡々として、頭脳明晰、さらに、子どものことを思うがゆえに暴走している保育士って感じがしますね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

倉科カナ演じる保育士は過去に何かあったんだね。

倉科カナって可愛いけどキツそうだよね
意地悪そうな美人、て感じがする

凛ちゃんを庇ってる?

そうですね。

明らかに凜について必要以上に庇っています。

そろばんか!!それで滑ってなるほど

凛ちゃん大人になってなんでパパがいないのか知ったらショックだろうね

知らずに父親の死の原因になった娘

倉科さんの淡々としていて、子どものこととなると感情的になるところは、本当に彼女が保育士として働いていてもおかしくない女性でしたね。

子どもを思うがゆえに行き過ぎた愛情と、凛ちゃんが悪気なく起こしていた悲しい事故・・・。

父親を自分のせいで死なせた事実から凜が苦しまないために自分がやったことにしてほしいと必死に訴えたところは涙が止まりませんでした。

倉科カナって昔から演技上手くない?

倉科カナの演技好きもっとみたいって感じる

倉科さんの演技は大好評でしたね!今後も何らかの別の役柄で真壁たちに関わっていたら良いなと思いました。

Sponsored Link

緊急取調室3 第7話のあらすじ・ネタバレ

宝石販売会社の敏腕社長・伴佐知恵(大久保佳代子)が、別れた夫・坂本彰夫(尾崎右宗)を殺したと自首してきた。しかも、佐知恵は証拠として、遺体のインスタント写真まで持参。さらに、取り調べを担当することになった真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に対し、神妙な面持ちで「悪いことをした以上、罪を償わなければ幸せになれないと思いました」と打ち明ける。というのも、佐知恵は23歳も年下のイケメン販売員・若杉純(稲葉友)と再婚する予定なのだという。しかも、若杉は殺人を犯したと知ってもなお、彼女のことを待つと誓ったというではないか!
罪を償う覚悟を決めた佐知恵は、取り調べでも素直に供述。事件の経緯についても、ことあるごとにお金を脅し取りに来る坂本と縁を切ろうとしたところ、もみ合いになって殺してしまったと説明する。もちろん、物証もそろっており、佐知恵の容疑は固まったも同然。“ある理由”から焦っていた有希子は、早々に所轄の警察署へ引き渡そうとする。
ところが、キントリきっての頭脳派・小石川春夫(小日向文世)は、事件を洗い直すべきだと異を唱える。年の差再婚も然ることながら、若杉が殺人にまで目をつぶる心理がどうも納得できないというのだ。だが、若杉は佐知恵を愛していると断言。そんな中、キントリ・メンバーと飲みに出かけた取調官・玉垣松夫(塚地武雅)は、こぼれた焼酎を見て、証拠写真に残された“ある矛盾”に気づく
Sponsored Link

緊急取調室3 第6話の見逃し動画はauビデオパスで!

▼緊急取調室シーズン3の無料視聴をご検討の方はこちら▼

まとめ

緊急取調室シーズン3 第6話の感想とネタバレまとめでした。

ツイッターのコメントも鋭いツッコミから共感まで多種多様でしたね!

お笑い芸人、大久保さんが悪女を演じる次回の放送も楽しみですね。

 

これまでの緊急取調室シーズン3の感想とあらすじはこちらで確認できます!

これまでの放送内容が気になる方は、チェックしてみてください!

Sponsored Link